東京都民は人気取りと権力闘争の小池劇場にいつまで付き合うのか?

築地市場の豊洲への移転問題がグダグダになっています。

豊洲のコンクリートの下の汚染はアウトで、築地のアスファルトの下はOK。

小池百合子都知事の説明も、空前絶後の意味不明状態です。

小池さんの就任直後は僕も多少は期待したのですが、すでにガッカリです。

彼女は何をしたのか、何をしたいのか。

核心の部分をまとめてみたいと思います。

701 じじろぐ:大

小池都知事がやったこと

小池都知事が就任以来やったことの内、目立ったものを挙げます。

実績や成果で「目立った」はなく、マスコミで「目立った」ものです。

オリンピック会場見直し

結局、予定通りの会場で行われることになりました。

400億円ほど費用を削減できたことは評価されるべきです。

しかし、大会全体のコストは2兆円ですからねぇ。

大山鳴動して鼠一匹と言いたくなります。

築地市場移転問題

これを問題化させた時、小池さんはどのように着地させるつもりだったのか?

大騒ぎして市場関係者を混乱させ、負担も負わせ。

築地も汚染が明らかになった以上、最終的には豊洲に移転するしかない。

騒ぎを引き起こしただけです。

千代田区長選

自民党東京都連幹事長の内田茂都議との代理戦争でした。

内田さんを引退に追い込んだのですから、小池さんの勝利です。

でも、政敵を追いやっただけで、都政での成果を出したわけではありません。

小池都知事の狙いは?

冷静に見てみると大したことはやってない。

むしろ、都知事としての仕事をやっているとは言えない。

では、小池さんは何をやろうとしてきたのか?

3つの事件の共通性

ここで、上に挙げた3つの件を図に示します。

3つの件、いずれにおいても小池さんは誰かを攻撃しています。

3つの件には必ず相手がいる。

つまり、様々な案件を使って、小池さんは常に誰かを攻撃しています。

小池百合子が戦う相手は?

そして注目すべきは、この3人に明確な共通点があることです。

  • 世間でのイメージが良くない
  • 権力者
  • 男性
  • 年寄り

つまり「イヤなジジイ」です。笑

イヤなジジイを相手に戦う小池百合子。

悪党のジジイを成敗する正義の味方の小池百合子。

小池百合子はジジイに立ち向かうジャンヌ・ダルク。

結局のところ、こういう構図を作りたかっただけだと思うのです。

小池劇場はもうたくさん

巨悪なジジイ相手に戦うことで、イメージを上げて人気を取る。

そして、権力者たちをつぶしていく。

小池さんがやって来たことって、人気取りと権力闘争の小池劇場でしかない。

それって、都民ファーストではなく小池ファーストだと思うのです。

僕は東京都民じゃないので、所詮は他人事なのですが。

都民のみなさん、そろそろ彼女に批判の声を挙げるべきではないでしょうか?

701 じじろぐ:大
701 じじろぐ:大

シェアする

フォローする