ラッキーバンクと運営会社のネット上の評判など調べた内容を箇条書き

ソーシャルレンディングに初挑戦中の小心者が、どの会社を使うか徹底調査中。

今回はラッキーバンクです。

どんな会社なのか、特長、メリット・デメリット、ネット上の評判など、箇条書きでまとめます!

調べた内容

ファンドの特徴や実績

  • 月平均の募集額は5.9億(業界6位で中堅グループ)
  • 応募率99%、ファンドの成立率は100%
  • 平均利回り8.8%(高いぞ!)
  • 全案件に不動産担保が付いている
  • 今まで744件を運用し、304件がすでに終了、貸し倒れ、延滞ゼロ
  • 1年半から2年くらいの案件が多い
  • 3ヶ月程度のものもたまにある
  • 5万円前後から可能だが、最低10万円前後のものもある
  • ほとんどが募集開始から数分で満了している(考えるヒマもねぇなw)
  • 不動産に特化(東京及び首都圏の不動産がほとんど)
  • 1人平均投資額が30~50万(チャレンジャーの巣窟か?w)
  • 月に15~20件くらい
  • 情報公開がすごい(物件の大体の場所とか、周辺の地価とか)
  • 第1順位の担保が多い
  • 早期償還は多くもないがちょくちょくある

ラッキーバンク・インベストメント株式会社

  • ラッキーバンクの正式社名
  • 2014年5月設立、同12月サービス開始、累計融資高144億円
  • 社長:田中翔平氏
  • 第二種金融商品取引業者
  • maneoグループではない

LBIリアルティ株式会社

  • ラッキーバンクの100%子会社
  • 2016年6月設立、社長は本体の田中氏
  • 不動産売買事業
  • 今までラッキーバンクで集めた資金を一般の不動産業者に融資してたが、それを自社でもやるってことか
  • でも、経験の蓄積でクラウドバンクやLCに負けるよね?

田中翔平氏

  • 本体とリアルティの社長
  • 1990年生まれ、実家が金融業と不動産業を営む
  • 船井財産コンサルタンツで資産コンサルティング業務
  • その後、投資用不動産事業会社でマーケティング担当
  • 2014年5月:ラッキーバンク設立、副社長
  • 2015年3月:社長就任(後任副社長:奥山晴雄氏、不動産投資のプロ)
  • 元社長の越後氏とは幼少期から家族ぐるみの付き合い
  • 趣味:調べること(僕と同じ!笑)
  • パソコンはレッツノート(僕と同じ!笑)
  • 貸し倒れは必ず起こるので、起きたときのリスクヘッジに注力する、とのこと(こういう現実的思考は好き)
  • 担保は所在するエリアを重視している
  • 不動産以外を扱う考えは現時点では無い
  • モットーは「原理原則に基づく」(顧客第一で誠実にビジネスを行う)
  • 2012年にソシャレンに興味を持つ、maneoなど先行他社を観察する中で不動産特化型がないことに気づく

越後篤氏

  • ラッキーバンク設立時の社長
  • 東北大学卒、北海道銀行入行、企業融資担当
  • 日本経済研究センター(公益社団法人のシンクタンク)に2年間出向
  • その後ノンバンクへ
  • 2014年5月:ラッキーバンク設立
  • 2015年3月:健康上の理由から退任

ネット上の評判

  • 自社の営業利益率を下げて高利回りを実現させている
  • 担保はオフィスビルやマンションが多い(流動性が高いから)
  • 6ヶ月以内の案件の人気が高い
  • 投資家の7割が30~40代
  • 不動産(特に都内)特化なので都内の不動産市況の動向に要注意
  • すぐに完売する(募集情報は事前公開)
  • 企業としてまだ若く信頼性に欠ける
  • 収益が毎月分配(再投資を考えるとメリットか?)
  • 過去すべての募集案件が満額達成(グリーンインフラと大違い)
  • 安全第一(すぐ完売するのに案件を増やそうとしない、慎重)

決算内容

2期連続の赤字。会社情報のページにIR情報がない。情報公開に消極的な印象を持ちます。ちょいと残念。(単位:百万)

期間営業収益経常利益経常利益率
2016年3月期▲76
2017年3月期98▲49

手数料

  • 入金手数料:投資家負担
  • 出金手数料:無料
  • 源泉徴収税:控除
  • 口座開設料:無料
  • 口座維持費:無料
  • 取引手数料:無料

出金手数料はラッキーが負担してくれる。謝謝!

まとめ

  • 高利回り、全案件担保付き(数分で完売の大人気)
  • 営業利益率を下げることで高利回り実現(いつまで続けられる?)
  • 貸し倒れ、延滞ゼロ
  • 首都圏の不動産に特化、1年以上の案件が多い
  • 案件の内容は事前に詳細に公開
  • 社長は若いが不動産の専門家、経営陣もプロ集団

結論

やります!

maneoなど競合他社に比べて利回りが高い点が、まず何よりも魅力です。信用度も高そうだし、不動産市場は安定成長中だし、出金手数料が無料ってのも地味にうれしい。

懸念点は運用期間が長いことです。実際、18ヶ月や23ヶ月の案件も数分で完売しているんだけど、僕はまだ初心者なので長期はもっと経験を積んでからにすべきだよね。

ということで、下記の条件付きでラッキーバンクやります!

  • 利回りが8%以上
  • 担保が第1順位
  • 運用期間は半年以内
  • 1案件に最大30万円(案件を絞る代わりに重点投入)

アフィリエイトを止めた

元金回収が厳しい状況の中、2018年7月20日にラッキーバンクはアフィリエイトを停止しました。

アフィリエイトを停止する理由について、「ファンド募集再開に向け準備を進めておりましたが、一旦体制を整え広告を再開したい」としています。

ファンド募集再開の準備が進まないので、アフィリエイトを停止する。

つまり、募集再開の目処が立たないので、新たな会員獲得を止める、ということでしょう。

順調に進んでいるのであればアフィリエイトを停止する必要なんてないわけで、ネガティブなお知らせとしか捉えようがありません。

後日追記

え~、ご存知の通りこのあとトンデモナイ状態になりまして、ラッキーバンクには投資しておりません。いやぁ、危なかった。(^^ゞ

さらにこのあとでグリーンインフラレンディングの事件が起こりまして、僕は安全第一主義にキッパリと方向転換しました。

ラキバンやグリフラで痛感しましたが、ソーシャルレンディングは元本が戻ってこなかったら負けです。

なので、利回りが少々落ちてもかまわないので、上場企業系や大手系など手堅い業者だけでやることにしました。

現在は、OwnersBookクラウドバンクLCレンディングSBIソーシャルレンディングをメインにしています。

少しでも手堅く安全な投資をしましょう!

コメント

  1. 匿名 より:

    ラッキーバンク、証取委から行政処分勧告を受けていますね。
    投資は控えたほうがよろしいかと…

    • タロウタロウ より:

      どうなんですかね?勧告の内容を読んでないので、僕はまだ判断できないです。
      内容読んでラッキーの対応見て、その上で判断しようかな。