良いネット証券会社はどこか?手数料など3つの基準で比較してみた!

僕は投資はソーシャルレンディング中心でやります。

ただ、ひふみ投信について調べた時に、株もおもしろそうだなと感じまして。

今のところ株に手を出す予定はないのですが、仮にやるとしたら証券会社はどこが良いのか?

僕の目線で調べてみました!

ネット証券の大手

大手の判断基準

僕は引きこもり系投資初心者(笑)ですので、証券会社は実店舗ではなくネット系であることが絶対条件です。

利便性その他のメリットがあるから大手のはずという判断で、候補は大手に絞ります。

そして売上や利益ではなく口座数を大手の基準とします。たくさんの人が使っている=利便性が高いという判断です。

ネット証券大手の口座数

SBI証券の決算資料などによると、ネット証券各社の口座数は2017年12月末現在で以下の通りです。

会社名口座数
SBI証券4,110千
楽天証券2,372千
マネックス証券1,742千
松井証券1,122千
カブドットコム証券1,078千
GMOクリック証券331千

GMOでガクッと落ちますので、大手5社という認識で良さそうですね。

大手5社のシェア

大手5社の合計口座数を100とした時のシェアは次の通りです。

会社名シェア
SBI証券39.4%
楽天証券22.8%
マネックス証券16.7%
松井証券10.8%
カブドットコム証券10.3%

グラフにしてみますと…

おぉ~、SBIと楽天は絶対にやったほうが良さそうだなぁ。

選ぶ基準

おすすめランキングが使えねぇ~

で、大手5社を調べてみようと「証券会社 おすすめ」でググってサイトをいくつか見てみたのですが…

デイトレーダーは手数料が無料とか、IPOに応募できるとか、スマホアプリが使いやすいとか、僕にとってどうでも良いことで比較してるんですよ。

それでランキング付けてオススメ!って言われても、僕にとってのオススメと一致するとは限らない。

なので、まずは僕にとって証券会社をどんな基準で選べば良いのか、その基準を先に決めることにしました。

僕の基準

次の3つで僕は証券会社を選びます。

  • 手数料…安いほうが良い!
  • 取扱商品…国内株と海外株でOK
  • 情報ツール…便利なものを

無視する基準

以下は僕には関係ない、やるつもりがないので無視します。

  • 債権、先物、FX、海外ETF…やらない
  • 投資信託…ひふみ投信の直販しかしない
  • ポイント…楽天ポイントとかは使ってない
  • スマホ対応…引きこもり系なのでパソコンの前にずっといる
  • IPO取扱い…公開前だったら買うけど
  • NISA口座…ひふみ投信でやるので
  • セミナー開催…だから引きこもり系だってw

ネット証券大手5社比較

さぁ、それでは3つの基準について見ていきます!

手数料

以下、すべて税込みです。なお、先物とか1億円とか僕に関係ない条件は無視しています。

国内株現物

約定単位

取り引き1回毎に手数料がかかる料金プランです。太字は最安値です。

SBIと楽天が頭一つ抜けてますね。松井は定額制だけです。

約定代金SBI楽天マネック松井カブド
~5万54円54円108円なし97円
~10万97円97円108円97円
~20万113円113円194円194円
~30万270円270円270円270円
~40万270円270円378円270円
~50万270円270円486円270円
~100万525円525円1,000円
※1
1,069円
~150万628円628円0.1%
※2
2,041円
~200万994円994円2,041円
~400万994円994円3,985円
~3,000万994円994円3,985円
3,000万超1,050円1,050円3,985円
  • ※1:成行注文の場合(指値の場合は1,500円)
  • ※2:成行注文の場合(指値の場合は0.15%)
定額制

取引回数に関係なく1日の約定代金の合計金額で手数料が決まる料金プランです。

こちらもSBIと楽天です。カブドットコムは定額制はありません。

約定代金SBI楽天マネック松井カブド
~5万0円0円2,700円0円なし
~10万0円0円2,700円0円
~20万206円206円2,700円324円
※4
~30万308円308円2,700円324円
※4
~50万463円463円2,700円540円
~100万822円926円2,700円1,080円
~200万1,254円2,160円2,700円2,160円
~300万1,686円3,240円2,700円3,240円
300万超※1※2※3※5
  • ※1:以降100万円ごとに432円加算
  • ※2:以降100万円ごとに1,080円加算
  • ※3:以降300万円ごとに2,500円
  • ※4:口座開設から6ヶ月は0円
  • ※5:以降100万円ごとに1,080円加算
判定

SBIと楽天の圧勝です。

外国株

松井とカブドットコムは外国株はできないみたいですので、SBI、楽天、マネックスの3社に絞って調べます。(為替手数料(スプレッド)は片道あたり)

アメリカ株
証券会社手数料最低上限スプレッド
SBI0.486%5.4ドル21.6ドル25銭/1ドル
楽天0.486%5.4ドル21.6ドル25銭/1ドル
マネックス0.486%5.4ドル21.6ドル25銭/1ドル
  • SBIで住信SBIネット銀行を利用する場合のスプレッドは4銭
  • 100ドルあたり売り買い(往復)で50円、0.5%取られるってことか
中国株
証券会社手数料最低上限スプレッド
SBI0.2808%50.76HKD507.6HKD15銭/HKD
20銭/RMB
楽天0.54%540円5,400円15銭/HKD
20銭/RMB
マネックス0.27%48.6HKD486HKD15銭/HKD
  • SBIで香港ドルで住信SBIネット銀行を利用する場合のスプレッドは4銭
  • 50香港ドル=680円、上限下限は楽天の方がちょい安
ベトナム株
証券会社手数料最低上限スプレッド
SBI2.16%1,296千ドンなし20銭/千ドン
楽天不可
マネックス不可
  • SBIは売却時に売却代金の0.1%をキャピタルゲイン税として徴収
タイ株
証券会社手数料最低上限スプレッド
SBI1.08%821.88バーツなし8銭/バーツ
楽天1.08%540円なし8銭/バーツ
マネックス不可
  • 820バーツ=2,790円、楽天の5倍はマズイやろ
マレーシア株
証券会社手数料最低上限スプレッド
SBI1.08%82.08リンギ43銭/リンギ
楽天1.08%540円43銭/リンギ
マネックス不可
  • 82リンギ=2,200円、最低は楽天の圧勝だなぁ
判定

米国株の手数料は横並び。中国株はSBIが安い。アセアン株は購入額が小さい場合は楽天が有利。

ってことで、SBIと楽天の両方開いておいたほうが良さそう?

外国株の銘柄数

証券会社米国中国印尼タイマレ
SBI1,0411,388333316644
楽天981880×727344
マネックス3,05381××××
  • SBIの中国は香港市場のみ、楽天は香港+上海
判定

米国株をやる可能性を考えると、マネックスも開いておいたほうが良いような気がしてきた。マネックスは国内株の手数料は高いけど、米国株はSBI、楽天とまったく同じだから。

情報ツール

内容

各社の情報ツールを比較しようとしたのですが、テクニカルとかチャートフォリオとか、知らん単語の乱れ打ちでわけ分からん。笑

すべての機能を僕が使いこなすのは無理、実際に使ってみんと分からん、という結論に至りました。とほほ。

利用料金

ここで驚きの事実。証券会社によって情報ツールの利用に料金がかかるそうです。ビックリ!

ただ、調べてみると条件をクリアすれば無料で使えるみたい。

証券会社無料条件
SBI信用取引口座などを開設
楽天FX口座などを開設
マネックス無料
松井無料
カブドットFX口座などを開設

FX口座などの開設、維持手数料はどこも無料で、ネット上から開設でき、書類の提出などもありません。開設するだけなので、どこも実質無料で使えますね。

タダで見れる!

日経新聞

楽天証券は日経新聞が無料で読めます!

これはうれしい。日経って会員限定記事があるじゃないですか。毎月10記事しか読めない貧乏人の僕は、もうこれだけで楽天証券やること決定です!笑

会社四季報

SBI、楽天、マネックス、カブドットで無料です。楽天は四季報速報も読めます。

QUICKリサーチネット

松井証券が無料です。これ、よく知らないんだけどチラッと見た感じでは、アナリストの分析とか企業訪問や決算説明会に参加した報告とか、僕好みの情報が多そうです。

短期売買が多い?

情報ツールを調べてて感じたのですが、一日中パソコンの画面に張り付いて売り買いする人向けのツールって感じなんでしょうか?

僕は成長しそうな企業の株を長期保有ってスタンスなので、板に張り付き系のツールっていらないんですよね。

むしろ各企業の経営者の経歴や人となりとか、過去20年の決算資料とか、過去のメディア掲載記事とか、そういうものを見れる方がうれしい。

結論

さて、僕がどの証券会社を使うか結論です。選ぶ基準は下記の3つでした。

  • 手数料…安いほうが良い!
  • 取扱商品…国内株と海外株でOK
  • 情報ツール…便利なものを

手数料ではSBIと楽天が圧勝。取扱商品では2社に加えて米国株の豊富さでマネックスでした。

情報ツールではチャートなどオンライン系については僕レベルでは各社大差なし、無料の情報源については、日経は楽天、四季報は松井以外の4社、QUICKリサーチネットは松井となりました。

以上より結論です。4社やります!

カブドットコムだけはメリットを見いだせなかったです。ごめんね。

それはさておき、オススメ証券会社ランキングとかに頼らず、やっぱり自分で基準を決めて調べたほうが良いなと、強く感じた次第です!

コメント

  1. フィガロ より:

    いつも分かりやすい記事を載せて頂き、とても楽しんで読んでいます。
    私はソーシャルレンディング優先で株関係には興味が無かったのですが、オーナーズブックが松井証券と提携を結んで色々(松井証券会員向けのオリジナル案件の組成や資金の容易移動など)やる事を知り、証券会社を調べていた所でしたのでとても参考になりました。
    ありがとうございます。

    • タロウタロウ より:

      お褒めに預かり大変恐縮です。僕はピヨピヨの投資初心者ですので、話半分のそのまた8分の1くらいで読んで下さい。笑
      僕もソーシャルレンディングメインでやるつもりで、株はよほど良いものがあればチョイとつまんでみる、そのためにとりあえず口座を開いておこう、どうせタダだし~♪というつもりでした。
      ところが記事に書きました通り、日経、四季報、QUICKを無料で読めると知り、目の色がパッションピンクに変わりました。絶対に口座開きます。
      お互いに投資がんばりましょう!