「OwnersBook=安全」という理由だけで投資するのは危険です

OwnersBookは安全性の高さで人気のソーシャルレンディング業者です。

ですが、OwnersBook=安全という理由だけで投資するのは危険です。

その理由と対策を説明します。

タロウさん
タロウさん

OwnersBookファンの僕が本音で語ります!

OwnersBookにも危険な案件はある

OwnersBookの案件がすべて安全なのではありません。

危険な案件の例を紹介します。

OwnersBookの危険な案件

以前、川崎市宮前区レジデンス第1号ファンド第1回案件を分析しました。

案件の概要は以下の通りです。

募集総額6,900万円
利回り4.5%
運用期間25ヶ月

僕はこの案件は投資するに値しないと判断しました。

4つの理由から明らかに危険だと感じたからです。

左野くん
左野くん

OwnersBookの案件で危険な理由が4つもあるの?

1.銀行が少額しか貸さない

この案件には不動産担保が付いており、担保評価額は9,200万円です。

ところが銀行はこの借り手企業に426万円しか貸していないのです。

銀行が担保評価額のわずか4.6%しか貸さない。

それはそれだけのリスクがあるということです。

2.借り手企業の経営状態に懸念点

それを裏付けるように、案件の説明ページでは借り手企業について以下の注意点が挙げられています。

  • 直近3期の内の2期で経常損失、当期純損失
  • 前期は帳簿上で債務超過

OwnersBookが貸して大丈夫と判断したのですから、変な企業ではないのでしょう。

しかし、全面的に安心できる借り手とは言えません。

3.LTV80%ギリギリ

そして、この借り手に銀行とOwnersBookが合わせて7,300万円余を貸します。

銀行分と合わせたLTVは79.6%。危険ラインと言われる80%寸前です。

右田さん
右田さん

危ない借り手に80%ギリギリはちょっと怖いよね。

4.運用期間が長い

さらに、この案件の運用期間は25ヶ月です。

経営状態に懸念点がある借り手が、2年後も無事に経営できていて返済できるのか?

半年や1年ならばともかく、2年後も大丈夫と誰が保証できるでしょうか?

明らかに危険な案件

銀行が担保評価額の4.6%しか貸さない経営状態に懸念点がある借り手に、LTV80%ギリギリまで2年間も貸す。

明らかに危険な香りが漂う案件です。

タロウさん
タロウさん

「さすがOwnersBook、安全な案件!」とは言えないのではないでしょうか?

リスクにリターンが見合っていない

ただ僕は危険だからダメだと言っているのではありません。

ハイリスク・ハイリターンは一つの選択肢

ハイリスク・ハイリターンは投資の一つの選択肢です。

ですので、例えばクラウドクレジットのような利回りが10%を超える案件であれば、

高いリスクを取って高いリターンを狙うという選択肢もありだと思います。

★詳しくはこちらから → クラウドクレジット(公式サイト)

リスクとリターンのバランスが取れていない

しかし、今回の案件のリスクは、

  • 銀行が4.6%しか貸さない
  • 借り手企業に懸念点がある
  • LTV80%ギリギリ
  • 運用期間25ヶ月

と、それなりのハイリスクです。

これに対してリターンはというと、

  • 利回り:4.5%

リスキーな借り手に2年もお金を貸して、そのリターンが利回り4.5%。

背負うリスクと得られるリターンのバランスが取れていないと思うのです。

左野くん
左野くん

言われてみれば、どう見てもハイリスク・ローリターンだよね。

クラウドバンクの方が良い

OwnersBookのこの案件に投資するくらいならば、クラウドバンクの方がはるかに良いと思います。

クラウドバンクの太陽光発電案件だと利回りは6~7%で、運用期間が3~6ヶ月の短期案件もあります。

赤字の会社に4.5%で2年も貸すより、クラウドバンクの6%で6ヶ月の案件の方がリスクとリターンのバランスが取れているのではないでしょうか?

★詳しくはこちらから → クラウドバンク(公式サイト)

「OwnersBookだから」で投資するのは危険

僕もOwnersBookの安全性は高いと思っています。

ですが「OwnersBookだから」という理由で投資するのは危険です。

危険な案件が満額達成!

リスクが高くてリターンが見合わないと僕が判断した案件だったのですが。

さすがOwnersBookと言いますか、あっさりと応募が満額に達しました。

いやいやいや、あり得ないでしょ。

  • 銀行が4.6%しか貸さない
  • 借り手企業に懸念点がある
  • LTV80%ギリギリ
  • 運用期間25ヶ月
  • なのに利回り4.5%

普通に考えてこんな案件に投資しますか?

右田さん
右田さん

OwnersBookじゃなかったら投資してないと思う…

タロウさん
タロウさん

それそれそれ、そこです!

「OwnersBookだから」で投資している

この案件に投資した人の大半は、恐らく案件の内容をよく見ていないはずです。

内容を見ずに「OwnersBookだから美味しい案件のはず!」と投資した。

または、内容を見て多少の不安を感じた。

でも「OwnersBookだから大丈夫だろう!」と投資した。

「OwnersBookだから」という理由で投資した人が大半だと思うのです。

事業者リスクと案件リスクは別

確かにソシャレン業者としてのOwnersBookの安全性は高いです。

この点については僕も100%同意します。

ですが、事業者リスクと案件リスクは別です。

OwnersBookが安全=OwnersBookの案件はすべて安全、ではありません。

今回の案件のように、OwnersBookでも危険な案件はあります。

OwnersBookの案件の中で選ぶ必要があるのです。

左野くん
左野くん

ただ正直、ちゃんと調べる時間がないんだよね…

せめてマイルールは作ろう

それは分かります。

ならばせめて、投資する際のマイルールは作りましょう。

こちらは過去に僕が投資したOwnersBookの案件です。

案件利回り運用期間投資額
中央区レジデンス素地5.0%13ヶ月15万円
千代田区商業ビル素地5.0%13ヶ月50万円
目黒区ホステル5.0%13ヶ月30万円
大阪市マンション用地5.0%16ヶ月20万円
渋谷区商業ビル5.0%14ヶ月15万円
墨田区レジデンス用地5.0%13ヶ月30万円
世田谷区戸建用地4.0%14ヶ月51万円

僕はOwnersBookで投資する際は、運用期間が1年を大きく超えない案件に限定しています。

時間リスクを負うことを避けるためです。

どれだけ利回りが高くても、どれだけ担保が固くても、長期案件には絶対に投資しません

タロウさん
タロウさん

みなさんも自分なりのマイルールを作ってはいかがでしょうか?

OwnersBook以外にも安全な業者はある

そして、OwnersBook以外の業者にも目を向けて欲しいと思います。

業者はOwnersBookだけではない

OwnersBookは募集する案件が多くありません。

なので、数少ないチャンスを逃したくなくて、OwnersBookの案件はすべて応募という人もいると思います。

でも、OwnersBookだけがソーシャルレンディング業者ではありません。

リスクを背負ってまで無理してOwnersBookで投資する必要はない

他の業者も利用してはいかがでしょうか?

SAMURAIの保証付き案件

例えば、SAMURAIの保証付き案件です。

この案件には日本保証という信用保証会社による保証がつきます。

右田さん
右田さん

ごめん、保証の連発で何のことか分からない。笑

日本保証という会社が連帯保証してくれるイメージです。

借り手が返済不能になった場合、日本保証が借り手に代わって返済し、分配金まで払ってくれます。

日本保証は地方銀行の保証業務も行っていますし、親会社は東証二部上場企業です。

SAMURAIの中でこの保証付き案件は別格で安全性が高く、僕はSAMURAIではこの案件だけに投資しています。

★詳しくはこちらから → SAMURAI(公式サイト)

不動産投資型クラウドファンディング

また、不動産投資型クラウドファンディングもオススメです。

情報の透明性がソーシャルレンディングよりはるかに高く、安全性も高いと僕は考えています。

業者としては以下の3社をオススメします。

OwnersBookは手堅い

僕はソーシャルレンディングは運営会社と経営者で9割は決まると思っています。

それで、自分なりに一通り調べた結果、OwnersBookが一番安全で手堅いと思っています。

OwnersBook(公式サイト)

ただ、繰り返しますがOwnersBookだからすべて安全というわけではありません。

可能な限り調べて選び、せめてマイルールは作りましょう。

タロウさん
タロウさん

以上、みなさんの投資の参考になればうれしいです!

Funds
OwnersBook

コメント

  1. 匿名さん より:

    OwnersBook 案件 => 脊髄反射的にクリックしちゃうんですよね。たまたま、これには投資してませんでしたが。。

    • タロウタロウ より:

      そうですよね。気持ちは分かります。
      ただ、コケた時に責任を追うのは、あくまでもその案件を選んだ我々投資家なんですよね。
      OwnersBookだから安心したとか言ったところで、世間の人はクルクルパーとしか思わないじゃないですか。
      コインチェックで痛い目に遭った人と同じように。
      なのでやっぱり面倒でもきっちり調べて投資すべきと僕は思っていますし、そうするつもりです。

  2. 匿名 より:

    低予算ほど人は何も考えずに衝動買いする。
    共同購入はそういうものを狙った商売でもあります。