バイオマス発電を行っている企業と発電所の出力、燃料などのリスト

JCサービス以外にバイオマス発電を行っている企業について。

同業他社を材料に勉強。

サミットエナジー

概要

  • 発電事業者(新電力事業者)
  • 住友商事の100%子会社
  • 2001年2月創立
  • 自社の発電所+他の発電事業者から購入した電力を、事業者、一般家庭に販売
  • 石炭、天然ガス、太陽光、風力、バイオマスを燃料とする発電所を複数持つ
  • バイオマス系の発電能力は17万5000kW
  • バイオマス発電事業者協会 副代表理事

バイオマス系の発電所

なお、いずれも子会社の法人

酒田バイオマス発電所

  • 酒田北港
  • 2012年12月:設立
  • 2016年4月:着工
  • 最大発電能力:50,000kW
  • 総事業費:250億円←ちょっと割高?
  • 燃料:4割を国産材
  • 補助燃料:石炭

糸魚川バイオマス発電所(サミット明星パワー)

  • 明星セメント糸魚川工場内(姫川港至近)
  • 2003年4月:建設着工
  • 2005年1月:営業運転開始
  • 主燃料:建設廃材
  • 最大発電能力:50,000KW
  • 発電効率:35%(かなり高いらしい、普通は20%くらい)

半田バイオマス発電所

  • 衣浦港の岸壁
  • 2012年12月:設立
  • 2017年6月:営業運転開始
  • 発電出力:7万5000kW(木質バイオマス専焼として国内最大)
  • 総事業費200億円
  • ↑75MWだから4倍で300億円、割安に作ってる?
  • 敷地は東京ドームの2倍(チップの保管場とかも必要だから)
  • 燃料は↓
  • 輸入木質チップ:5割
  • 輸入PKS:3割
  • 国産材:1割

シンエネルギー開発

概要

  • 発電所の計画・開発・運営(所有はしない)
  • バイオマス専門
  • 2011年10月設立
  • インドネシアに100%子会社
  • ネシア、マレーの長期契約現地工場からPKSを輸入
  • バイオマス発電事業者協会 副代表理事

親会社

  • 沼田資源株式会社
  • 1990年4月設立、資本金3,000万円
  • 本社:群馬県沼田市
  • 産業廃棄物収集運搬処理業
  • チップ工場(処理能力木くず531トン/日)
  • ↑ここで本業とつなげるわけね

発電所

石狩新港新エネルギー発電合同会社

  • バイオマス専焼
  • 2020年:商業運転開始予定
  • 敷地面積:約5万平方メートル
  • 発電出力:50,000kW
  • 使用燃料:輸入PKSと地域材

野田バイオパワーJP

  • 岩手県九戸郡野田村(久慈港から15km)
  • 敷地面積:約3万平方メートル
  • 発電出力:14,000kw
  • 総投資額:65億円
  • 電力会社への売電収入:26億円/年(見込)
  • 2014年8月:着工
  • 2016年8月:商業運転開始
  • 燃料消費量:年間14万トン
  • 内、未利用材:7万トン
  • バーク(丸太外皮):1万トン
  • 剪定枝:2万トン
  • 輸入PKS:4万トン

大月バイオマス発電株式会社

  • 大林クリーンエナジー(大林組100%子会社)
  • 発電容量:1万4500kW
  • 2010年10月:設立
  • 2016年8月:着工
  • 2018年8月:営業運転開始予定
  • 燃料:未利用間伐材、剪定枝を年間約15万t

グリーン・エネルギー研究所

概要

  • バイオマス発電とペレット製造
  • 高知県
  • 2012年7月設立
  • 現地の未利用材、間伐材、廃材を利用
  • バイオマス発電事業者協会 理事
  • ここは小さいな

発電所

宿毛バイオマス発電所

  • 発電出力:6,500kW
  • 燃料:木質チップ(未利用木材、一般木材)

フォレストエナジー

概要

  • バイオマス発電所の開発並びに運営
  • 2015年4月設立
  • もともとは投資ファンド
  • 投資先の発電事業者を切り出して事業会社に
  • バイオマス発電事業者協会 理事
  • ここもいまいちピンとこないなぁ

発電所

ユナイテッドリニューアブルエナジー

  • 秋田港
  • 発電出力:20,500kW
  • 事業規模:約125億円←これは高い
  • 敷地面積:27,000平米
  • 2014年4月:着工
  • 2016年7月:営業運転開始
  • 燃料
  • 国内木材:11万トン/年
  • PKS:5万トン /年

宮崎森林発電所

  • 日向港から25km
  • 発電出力:5,750kW
  • 事業規模:35億円←これも高い
  • 2014年5月:着工
  • 2015年4月:営業運転開始
  • 燃料
  • 国内木材:7万トン/年

レノバ

概要

  • 再エネ発電業者(太陽光、バイオマス)
  • もとはリサイクルのコンサル
  • 千本倖生が会長
  • 2000年5月:創業
  • 2018年2月:東証一部
  • バイオマス発電事業者協会 理事
  • 太陽光メインで発電専業はヤバイよ

発電所

  • ソーラー12ヶ所(予定含む)
  • バイオマスは上記のユナイテッドリニューアブルエナジーに出資
  • 燃料:地産の未利用材メイン、PSK補助燃料
OwnersBook
FANTAS funding

メモメモ

  • 1MW=4億+αってとこだな
  • 着工から稼働までザックリ2年
  • 1万kwまでは未利用材や間伐材でなんとかなるみたい
  • 5万を超えると輸入PKSとか入れないと絶対無理
  • だから5万kwクラスだと臨港が絶対条件

太陽光ってどうよ?

千葉の倒産したゴルフ場跡地とかならまだしも、宮崎の海岸線とかソーラー発電の立地としてどうなの?消費地から離れすぎてるだろ?

電力会社に売電するから関係ないのかな?

あと、やっぱり安定供給の問題。曇ったら発電できないとか基幹電源として成り立たないのでは?

そういう意味ではバイオマスや水力、地熱の方が優位性があると思う。

バイオマスの燃料

廃材や間伐材、未利用材に頼るってどうよ?まず、量がたかが知れてるでしょ?

経産省はバイオマス発電の量を現在の5倍くらいにしようとしている。では、国内の木質バイオマスの供給量を今の5倍にできるのか?

やろうと思えばできるだろう。でも、コストは上がるよ。今は廃材とか受動的に提供を受けているものを、新たに木を切り出すとか能動的に取りに行くことになるから。

でも、コストを売電価格に乗せることはできない。経産省はFIT価格を下げる方向だし、そもそもFITは20年で終わるのだから。

ならばやはり低コストの外材に頼らざるを得ない。

それを考えた時に、国内産燃料を前提としている発電所は厳しいのではないか?山梨の大月とか外材を使いようがないよね。大林が社会貢献的な意味も含めてやってるから良いようなもので。

だからやっぱり、大型船が接岸できる臨海地帯に最低でも5万kwクラスの発電所を作り、基本的に外材メインを前提とする。しかも、PKSだけではなくペレットも使う。

で、結局そこで大切になるのが燃料の確保。インドネシアやマレーシア、JCだとタイの現地企業と長期契約して、安定確保ができるか。そして、安値を維持できるか。

だからバイオマス発電の要所って突き詰めると、安い燃料をどれだけガッチリ押さえられるか?にかかってるんじゃないかな?

JCで当面25万トン/年、将来的に300万トン調達見込。50~60万kw分くらい。300はともかく25は話にもならん。発電所1基分だよ。

JCがどれくらいペレットを生産できるか、そこをしっかりチェック、追っかけないと。

2018年9月5日:追記

文中のJCはグリーンインフラレンディングの親会社のJCサービスのことです。

この記事を書いた5月の時点で僕はグリフラに投資するつもりでした。

しかし例の事件が起こったため、バイオマスを含む再生エネルギー系については、業界第3位で安全性が高いクラウドバンクで投資しています。

クラウドバンクで投資して大丈夫?|現役投資家が解説
クラウドバンクで投資して大丈夫か?ソーシャルレンディングで4,000万円以上を投資してきた現役投資家が、クラウドバンクのメリット、デメリットとリスク、評判と口コミなどを分析し、投資して大丈夫かを判断、投資する上での注意点などを解説します。

おかげさまで今のところ損をせずに投資ができています。

再生エネルギー系で投資をしたい方には、僕はクラウドバンクをオススメします。

クラウドバンク(公式サイト)

コメント

  1. takibi より:

    いつもながら素晴らしい情報収集ですね。
    日々チェックさせて頂いています。