【画像で説明】LENDEXのパソコン・スマホでの投資口座の開設方法

LENDEXの口座開設方法を実際の手続き画面の図を使って、詳しく分かりやすく説明します。

なお、スマホでもパソコンでも流れは同じです。

それではスタートです!

準備

大きな流れ

作業の大まなか流れは以下の通りです。

  1. パソコン、スマホで申し込む
  2. 郵便が届く
  3. LENDEXのサイトでログインして登録完了

必要なもの

口座を開設するには以下のデジカメ画像かスキャン画像が必要です。準備しておきましょう。

  • 本人確認資料(運転免許証など)
  • 個人番号確認資料(マイナンバーカードなど)
  • 銀行口座確認資料(キャッシュカードなど)

それでは実際に手続きを始めましょう!

口座開設の申し込み

1.LENDEXのサイトを開く

右のリンクをクリックして、LENDEXのサイトを開きます。→ LENDEX

2.口座開設の申し込みページを開く

次に画面右上の「口座開設」をクリックし、口座開設の申し込みページを開きます。

3.規約などの確認

まず最初に規約や約款を確認します。

赤線を引いた青い文字(全部で4ヶ所)をクリックすると、約款などがダウンロードされるので内容を確認します。

ダウンロードすると右側の青い「ダウンロードする」が赤い「ダウンロード済み」に変わります。

4つともダウンロードして内容を確認したら、ページ下部の「上記規約に同意の上、投資家申請を行う」をクリックします。

4.基本情報の登録

必要な情報を登録していきます。まず、一番上の「私は、外国の重要な~」にチェックを入れます。

そして、現在の年収などを入力し、一番下の「次へ」をクリックします。

ちなみに、投資経験をすべて「なし」にしたら申請却下になります。僕は株が1年以上経験があったので大丈夫でした。汗

5.メールアドレスなどの登録

次にユーザー名、メールアドレス、パスワードを登録し、「次へ」をクリックします。

6.登録内容の確認

登録した内容が表示されます。問題なければ画面下の「確認メールを送信する」をクリックします。

7.メールアドレスの確認

しばらくするとLENDEXからメールが届きます。本人のメールで間違いないかの確認です。

メール本文の中にある「メール確認用アドレス」の青いリンクをクリックします。

すると新しい画面が開きますので、その画面にある「基本情報の登録」をクリックします。

8.基本情報の登録

8-1.氏名や住所、個人番号などを登録していきます。難しい項目はありません。

8-2.職業などを登録します。緊急連絡などの場合を除いて、勤務先に電話がかかってくることはないようです。

8-3.口座情報を登録します。

8-4.確認画面が出ますので間違いがなければ「投資家申請」をクリックします。

9.ログインする

9-1.次に現れた画面で「マイページへログイン」をクリックします。

9-2.その次の画面でユーザー名とパスワードが自動入力されていますので、そのまま「ログイン」をクリックします。

10.本登録手続きをする

10-1.次に現れた画面の左上に「本登録手続き」という欄があります。その下の「確認書類を送付」をクリックします。

11.確認書類を提出する

11-1.本人確認資料

11-1-1.次の中から1点を提出します。

  • マイナンバーカード
  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 外国人登録証明書

11-1-2.提出する資料を選び「本人確認画像の送付」をクリックします。

11-1-3.次の画面であらかじめパソコンやスマホに保存しておいた本人確認資料の画像を選択し、画面下の「送信」をクリックします。

11-1-4.次の画面で「他の書類を送信する」をクリックします。

11-2.個人番号確認資料

次の中から1点を提出します。

  • マイナンバーカード(表面とウラ面)
  • 個人番号通知カード(表面とウラ面)
  • 個人番号が記載された住民票

提出方法は先ほどの本人確認資料と同じです。

11-3.銀行口座確認資料

次の中から1点を提出します。

  • 通帳(表面とウラ面)
  • キャッシュカード
  • ネットバンキングで銀行名、支店名、口座名義、口座番号が分かる画面の画像

提出方法は先ほどの本人確認資料と同じです。

12.申込み手続きの完了

下の画面が表示されたら手続きは完了です。LENDEXから郵便が届くのを待ちます。

 郵便が届いてからの作業

転送不要の簡易書留

LENDEXからの郵便は「転送不要の簡易書留」で送られてきます。

注意点ですが、郵便受けに入れてはもらえず、配達の人から直接受け取らなければなりません。

ただし、家族など本人以外の同居する人でも受け取れます。その際に本人の身分証明証なども必要ありません。

留守の場合は不在票が郵便受けに入りますので、再配達を依頼するか、自分で郵便局に取りに行きます。

なお、申し込む時に登録した住所以外に転送してもらうことはできません。勤務先などへの転送も不可です。

届くまでにかかった時間

僕の場合、ネットで申し込んだ翌々日に郵便が届きました。

最後の作業

郵便が届いたあとに作業が一つ必要です。さっそくやってみます!

1.LENDEXの初期登録画面を開きます。

2.ユーザー名とパスワードを入力して「ログイン」をクリックします。

3.送られてきた郵便に記載されている「認証コード」を入力し「送信」をクリックします。

4.下の画像が表示されたら口座開設の作業はすべて完了です!

開いておくべき口座

LENDEXは利回りが7%から10%と、OwnersBookクラウドバンクに比べて利回りが非常に高いです。

その反面、ぶっちゃけのぶっちゃけですが、OwnersBookなどの上場企業系に比べると事業者としての安心度が今ひとつ落ちます。(ごめんなさい!)

だから僕としては8%くらいの案件に短期で投資したいんです。1年とか2年みたいな長期は怖いから。

その点、LENDEXは10ヶ月未満、中には2ヶ月といった短期案件がけっこうあるんです。

なので、口座を開いてちょっとだけ入金し、いつでも投資できる状態にしておいて、美味しい案件が出た時にサクッと投資する、って形で使うのが良いと個人的には思っています。

メインにはならないけれど、サブで美味しく投資するソシャレン業者です。

こちらから口座開設できます→ LENDEX

コメント