投資しました!maneo/1,200億円突破記念ローンファンド第3弾70号

今年の1月から投資の勉強を始め、延々と勉強だけ。

いつまで経っても投資を実行せず、投資するする詐欺のヒヨコ野郎と罵声を浴びてきましたが。笑

ついにと言うか、ようやく投資家デビューしました!

投資した案件

記念すべき投資第1号は手堅くmaneo様の案件としました。こちらです!

つい先日、分析した案件です。

【案件分析】maneo/1,200億円突破記念ローンファンド第3弾70号
ソーシャルレンディングの案件分析です。今回はmaneoの「1,200億円突破記念ローンファンド第3弾70号」を分析しました。

概要は以下の通りです。

タイプ不動産
募集総額1,476万円
利回り6.0%
運用期間7ヶ月
担保土地建物
担保評価額20億円
担保順位第1位(単独)
貸付総額16億円
LTV80%

この案件に投資した理由

なぜこの案件にしたのか、いくつか理由があります。

利回りが良い

やっぱり、まずこれです。本来は安全性を第一にすべきなんですが、僕という人間の本性が出てしまいますね。利回りに目が行ってしまいました。

利回りは6%です。不動産系としては比較的良いです。

運用期間が短い

僕は小心者なので、どうしてもリスク回避にウェイトを置いてしまいます。

そもそも僕みたいな素人初心者に1年後や2年後のことなんて分かりません。

ましてや不動産案件です。来年秋には消費増税があるし、建設バブルもいつまで続くか分からない。

なので資金が寝るリスクを取ってでも、運用期間を少しでも短くしたいと思っています。

maneoが担保の妥当性を明言

この案件を調べていて不安だったのが担保評価額20億円の妥当性です。

千代田区の山手線駅前で150平米なんですが、僕が調べた限り神田や有楽町では10億円にもならず、20億が付くとすれば東京駅近辺しかありません。

そんな物件が本当にあるのか?と半信半疑でした。

で、超偶然でラッキーだったんですが、投資ブロガーのSALLOW先生がこの問題をmaneoに質問してくださってました。

その質問に対してmaneoが「土地の転売先が20億円という買取予定価格を提示している」と回答してまして。

これがものすごく僕の背中を押してくれました。

ステータス会員に優待利回りを出している

ご存知の通りmaneoはステータス制度を採用しています。

投資額が多い会員限定で、利回りが高い案件を出す制度です。

今回の案件は通常会員向けは6%ですが、プラチナ以上の会員は7%です。

優待利回りを出した案件で、さすがにコケることはできないのではないか?と。

なんだかんだ言ってもmaneo

そして最後はこれです。寄らば大樹ですかね。笑

最近、先輩投資ブロガーの方々のブログを読んでいて感じたのですが。

けっこうみなさん、手堅い業者に投資を集約化しているように感じます。

具体的には、maneoOwnersBookクラウドバンクSBIソシャレンLCレンディングです。

多くの先輩方がそういう動きをしているのならば、ぴよぴよ初心者は下手に冒険しないほうが良いかな?と。

そんな感じで今回の案件に投資した次第です。

投資額

さて、いくら投資したかです。

前回の案件分析の記事では30万円を投資と予定していたのですが。

直前に気が変わって変更しました。16万円です。

験を担ぎました。2の2乗の2乗ってキレイな数字だなと。笑

バカか、お前?という声が聞こえてきそうですが。あはは。

まぁ、良いじゃないですか。験くらい担がせてください。ビギナーですから。笑

投資家デュー

1月から約半年、コツコツ勉強を重ねてようやく投資家デビューしました。

今までずーっと逃げてきた、避けてきた。そして銀行に塩漬けにしてきた。

要は怠けてきたわけです。一言で言うと。

今までの遅れを取り戻すべく、でも安全第一で、がんばって投資していきます。

目指せ、ロウソク程度に明るい老後!笑

コメント

  1. 匿名 より:

    参考にさせてもらってます、
    一時期仕事に追われてこのブログを拝見しておらず、
    散々期失くらって鬱になりそうな状態でした。

    この1200億円記念ファンドですが、
    マネオがそもそも評価額を適当に提示してる可能性もありますよね?

    最近のマネオの状況をみてると
    1000億円記念の川崎の物件と同じようなのも考えられます。

    本当に業者選び失敗したと散々悔やんでおります

    • タロウタロウ より:

      こんにちは~
      根拠のない推測ですが「悪意を持って意図的に適当に提示」ってのはないと思います。
      ただ、評価方法が適当であった、不動産評価について素人であった可能性はあるでしょうね。
      そもそも、先方の買取予定価格を担保評価額にするってのが、今になって思えばメチャクチャです。笑

      ちなみに記事に書いてある通り、この案件は僕の投資家デビュー案件です。
      そして、僕が唯一被弾(16万円)している案件です。
      デビューでいきなりコケたんですよね。笑

      まぁ、このあとグリフラを巡る一連のmaneoの対応を見て、7月1週目を最後にmaneoへの投資はストップしましたし。
      事業者選びが最重要であることを骨身に染みるほど思い知らされ、その後の投資に大いに役立ちました。
      なので、被弾した16万円は授業料としては格安だったと思っています。

      しかし、まぁ、読み返してみると我ながら甘々ですね。
      苦笑するのみです~

  2. 匿名 より:

    ありがとうございます、私は甘かったです。
    というのと7月以降で情報不足でした

    今はなんと言っても上記以外に拘束されたマネオ本体の動向が本当に怖いです
    本格撤退は11月以降のため出遅れました

    分散投資ということでいろんな事業者に投資してしまったため
    次々に裏切られてしまい傷心しており、
    昨晩も奥さんに慰められながら泣いてしまいました。

    • タロウタロウ より:

      泣いてる場合じゃないと思いますけどね。

      ソーシャルレンディングの性格上、資金を拘束されてできることは、
      ・訴訟を起こす
      ・お金が戻ってくるのを待つ
      この2つ以外、基本的にありません。

      そして後者を選択した場合、いくら戻ってくるかに投資家が関与することはできません。
      そして、いくら戻ってくるかは、戻ってくる時まで分かりません。
      そんなこと、あなたも分かっているでしょ?

      なのに、あちこちのブログで希望的な情報を探してみたり、
      コメントを入れて慰められる返信を期待したり、
      何をムダな時間を使っているのですか?
      そんなことをしても、戻ってくる金額は1円たりとも変わりませんよ。

      仮にも女房子供がいる一家の大黒柱でしょ?
      ブログで安心材料を探す暇があったら、バイトでもして1円でも稼ぎなさいよ。
      嫁さんに慰められて泣いてるって、何してるんですか。
      頼りにならない夫で泣きたいのは嫁さんの方ですよ。

      自分の判断ミスで失ったゼニでしょ。
      涙をこらえて歯を食いしばって稼ぎ返しなさいよ。
      ブログを読んでもコメント入れても、ゼニは一銭も増えませんよ。

  3. 匿名 より:

    通りすがりの者ですがこのコメントは厳しいですね、
    立ち直るための優しさ含めて言ってるのですか?
    それとも見下して言ってるのですか?

    • タロウタロウ より:

      いや、優しさはまったく含めていません。
      泣き言を言って慰めてもらうことを期待する暇があったら、死に物狂いで失ったゼニを取り返せ。
      厳しいかどうか知りませんが、僕の本音です。

      ただし、見下してというのはないです。
      彼と同様に僕はこの案件で期失くらいましたから。
      見下す資格などこれっぽっちもないです。
      この案件に投資した上にノー天気にブログなど書いたのは、僕にとってスーパーブラックヒストリーです。