投資しました!クラウドバンク/小型風力発電ファンド17号に初投資!

先日のmaneoに続く投資家デビュー第2号案件。

クラウドバンクに投資しました!

もともとクラバンは投資する気ほとんどなかったのですが。

考え方がちょっと変わりました。

この記事の著者
投資家・ブロガー
タロウ

ソーシャルレンディング、不動産クラウドファディング専門の投資家です。
2018年にソシャレン・クラファン投資を始め、これまで300件を超える案件に1億5千万円以上を投資し損失ゼロ。
安全性を最重視した投資情報を発信しています。

タロウをフォローする

投資した案件

投資したのはこの案件です!

小型風力発電ファンド17号

概要は以下の通りです。

タイプ風力発電
募集総額2,900万円
利回り6.2%
運用期間5ヶ月
担保あってないようなものw
担保評価額不明
担保順位気にしてもしょうがない
貸付総額不明
LTV不明

投資額

今回は30万円を投資しました。税引き後で6千円ちょいの収益です。

投資額30万円
利回り6.2%
運用期間5ヶ月
税引前収益7,750円
源泉所得税1,582円
税引後収益6,168円

この案件に投資した理由

以下の理由から投資を実行しました。

利回りが高い

6.2%です。極端ではないですが高めですよね。

運用期間が短い

5ヶ月です。僕はよほどガチガチのものでない限り、12ヶ月を超える案件には一切手を出さないと決めています

今の僕の能力では1年先の予測なんて立てられません。1年後の安全を見越して投資するのは、今の僕には無理です。

ましてや自然エネルギー系なんてどうなるか分かったもんじゃない。5ヶ月先ならコケることはないかな?と。(根拠が無いですが。汗)

分配金が遅延していない

今回のは「小型風力発電ファンド」というタイトルで、貸付先はA社です。

調べたところ、同じタイトルでA社への貸付と思われる案件が過去に8件ありました。

案件総額開始終了分配金の遅配
4号2,500万円17年10月18年10月なし
5号2,700万円17年10月18年10月なし
6号2,500万円17年10月18年10月なし
7号2,700万円17年10月18年10月なし
8号2,500万円17年10月18年10月なし
9号2,700万円17年10月18年10月なし
10号2,500万円17年10月18年10月なし
11号2,700万円17年10月18年10月なし

8件とも昨年12月から利息の分配が始まり、今年の5月まで合計6回、毎月最初の水曜日から金曜日までの間に行われています。

このことから安全性は高いと判断しました。

クラウドバンクだから

僕は安全第一で担保至上主義なんですが、自然エネルギー系の案件って、ぶっちゃけ担保もへったくれもないと思うんですよ。

例えば太陽光発電で発電所の土地を担保って、太陽光発電くらいしか使いみちのない土地に、どれだけ担保の価値があるのか?

地上権への抵当権とか経産省IDとかも似たようなもので、東京都港区の日比谷線沿線の入居率100%のオフィスビルに比べれた、担保のタの字にもならない。

そうなった時に頼れるのはソシャレン業者がどこまでしっかりしているかじゃないかな?と思いまして。

クラウドバンクならば、そうそう変なことはしないのでは?という判断です。

それでもやはり心配なので、過去の案件をすべてチェックしたりするのですが…

業者選びの重要性が増す?

昨日のmaneoに投資した記事でも書きましたが、一部のソシャレン投資家が手堅い業者にシフトしているように感じています。

投資ブロガー諸先輩方の記事を読んでいると、非上場系から撤収とか、親会社がしっかりしている業者に集約するとか、最近そんな記事が多いんですよ。(気のせいかもしれないけど)

具体的にはmaneo、OwnersBookクラウドバンク、SBIソシャレン、LCレンディングの5社が多いのですが。

僕は投資を始めたばかり(まだ3日目!)のピヨピヨですので、当面は僕もこの5社を中心に手堅く進めようと思っています。

★公式サイト → クラウドバンク

クラウドバンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タロブロ|ソーシャルレンディングと不動産クラウドファンディングの専門ブログ

コメント