投資しました!クラウドバンク/中小企業支援型ローンファンド第372号

ソーシャルレンディング業界はmaneoとグリフラの一件で大騒ぎ。

シーンとしたお通夜ムードになっていますが、お通夜やっても一銭のゼニも儲かりません。

ポジティブにアグレッシブに投資しました!

投資した案件

今回、投資したのはこの案件です!

中小企業支援型ローンファンド第372号

概要は以下の通りです。

タイプ事業支援
今回募集額5,000万円
利回り6.0%
運用期間4ヶ月
担保債権
担保評価額不明
担保順位不明
貸付総額1億円
LTV不明

支払い債権に譲渡担保を設定し、事業資金を融資します。普段、僕が手を出さないタイプです。

投資額

今回は15万円を投資しました。期間が短いため税引き後で2千円ちょいの収益です。

投資額15万円
利回り6.0%
運用期間4ヶ月
税引前収益3,000円
源泉所得税612円
税引後収益2,388円

この案件に投資した理由

融資の枠組み

先に今回の融資の枠組みと言うか構図を見ておきます。

クラウドバンクが融資を行うAF社はリース業者です。AF社は融資金を使って同業のM&A対象企業の株式を取得します。

この取得で得た利益で、AF社はクラウドバンクに返済を行います。

保全ですが、まずM&A対象企業は現在と将来に渡って顧客に機器等のリースを行います。

顧客が支払う現在と将来の支払いに対して、クラウドバンクは集合債権譲渡担保を設定します。

また、AF社が取得する株式に対しても譲渡担保を設定します。

さらに、AF社の関係者が連帯保証を行います。

返済は行われるか?

保全が当てにならない

メインの保全はM&A対象企業の顧客の支払いに対する集合債権譲渡担保ですが、この顧客が債務不履行になる可能性もあります

そうなるとM&A対象企業の株券の価値も下がるでしょうし、個人の連帯保証で1億円を回収できるとも思えませんし。

要は、この案件の保全はあてにならない可能性があるということです。

そもそも、クラウドバンクは案件や保全の内容が他のソシャレン業者に比べて不透明です。

このため、僕は自分で調べた各貸出先の返済履歴を基に判断するようにしています。

AF社の返済履歴

今回のAF社は今までに3回に渡ってクラウドバンクから融資を受けています。

  • 2017年7月、2億4,550万円
  • 2017年9月、1億1,939万円
  • 2018年3月、5,100万円

いずれも現在まで下記の通り分配金が毎月支払われています。

分配17年7月分17年9月分18年3月分
運用開始7月14日9月29日3月15日
第1回9月7日11月8日4月4日
第2回10月4日12月7日5月9日
第3回11月8日1月5日6月7日
第4回12月7日2月7日7月6日
第5回1月5日3月7日
第6回2月7日4月4日
第7回3月7日5月9日
第8回4月4日6月7日
第9回5月9日7月6日
第10回6月7日
第11回7月6日

もちろん、今まで分配金が支払われている=元金も含めて償還される、ではありません。

しかし、元本の償還も並行して行われているので、債務不履行になる可能性は低いと判断しました。

高利回り

その上でこの案件に投資した理由ですが、まず利回りが6%とそこそこ高いことです。

maneoは僕のメインの投資先ですが、行政処分の内容が金融庁から発表されるまで投資は見合わせます。

場合によっては長期になるかもしれませんが、それによって浮いた資金は安全優先で上場企業が親会社のOwnersBookLCレンディングに投資します。

その分、どうしても利回りが落ちますので、クラウドバンクで少しでも補おうという狙いです。

短期運用

ただ、担保が顧客の支払いに対する譲渡債権とか怖いですよね。

今回は運用期間が4ヶ月ですので、さすがに大丈夫かな?と希望的観測を持っています。

怯まず投資します!

最大手のmaneoが行政処分で、しかも日経新聞やNHKがまるでmaneoが主犯みたいなミスリード報道をしています。

それでどうしても気分がネガティブになってしまいがちですが。

銀行に預けていてもお金は増えません。グリフラがダメだからって他の業者までダメなわけではありません。

クラウドバンクは安定の大手業者です。怯まずアグレッシブに投資を続けます!

++++++++++++

クラウドバンクに興味をお持ちの方はこちらから→ クラウドバンク(公式サイト)

クラウドバンクで投資するメリットとデメリット、パソコン、スマホでの取引口座の開設方法は以下の記事を参考にしてください!

クラウドバンクで投資して大丈夫?|現役投資家が解説
クラウドバンクで投資して大丈夫か?ソーシャルレンディングで4,000万円以上を投資してきた現役投資家が、クラウドバンクのメリット、デメリットとリスク、評判と口コミなどを分析し、投資して大丈夫かを判断、投資する上での注意点などを解説します。
【画像で説明】クラウドバンクの会員登録・口座開設と退会方法
クラウドバンクのスマホ、パソコンでの会員登録、投資口座の開設方法、手続きの流れ、申請に必要な書類、本人確認書類、マイナンバー登録、着荷証明番号、初回ログイン、退会手続き、口座閉鎖の方法などについて、実際の登録画面の画像で説明します!

コメント