Pocket Fundingの新案件が怖すぎたので投資しませんでした!

10日ほど前に初めて投資したPocketFunding。

投資しました!Pocket Funding/PF事業支援ファンド10号【一部不動産担保付】
Pocket Fundingの「PF事業支援ファンド10号」に投資しました!安全第一手堅くガチガチ主義の僕がマイナー業者に投資した理由を説明します。今回の案件は高利回り短期運用、何より返済スキーム、担保も含めて保全がバッチリです!

沖縄地盤の小規模なソーシャルレンディング業者さんです。

新しい案件が出たので見てみたのですが、いやぁ、今回は投資見送りです。

見送った案件

今回、見送ったのはこちらの案件です!

ビルドセーフティーファンド1号

概要は以下の通りです。

タイプ不動産
今回募集額400万円
利回り6.75%
運用期間5ヶ月
担保土地
担保評価額600万円
担保順位第1位
貸付総額400万円
LTV66.7%

千葉県のテナントビルのおそらく区分所有権を担保にした融資です。

投資しなかった理由

貸付先がありえない

利回りも悪くない。運用期間も短期で僕好み。

なのになぜ投資しなかったのか?理由はたった一つです。

説明の図を見た瞬間、「パス!」と声を上げました。

真ん中の赤丸で囲った部分。Pocket Fundingの貸付先。

なんと、エスクローファイナンスです!!!

エスクローファイナンス

エスクローファイナンスは東京の貸金業者です。でも、ただの貸金業者ではありません。

例のグリーンインフラレンディングの親会社JCサービスと資本業務提携をしているのです。

投資家→maneoマーケット→グリフラと渡った資金は、このエスクローファイナンスを経由してJCサービスに渡っていました。

つまり、最終的にJCサービスに貸し付けていたのがエスクローファイナンスです。

そして、maneoマーケットが貸付金が正しく使われているかのチェックを丸投げしていた相手が、エスクローファイナンスです。

リスクは避けます!

怖いでしょ?

誤解のないように申し上げておきますと、グリフラの一件でエスクローは処分は受けていません。

黒と指摘されたわけでもありません。現時点ではただ単にJCサービスと関係があった業者に過ぎません。

でも、怖いですよね?JCサービスの煽りを食らって、変なことになるかもしれないじゃないですか。

投資先がこの案件しかないってならともかく、他にもあるのにわざわざリスクのある案件に投資する必要ないと思うんですよ、僕は。

なので、Pocket Fundingに投資したいのは山々で、預託金を30万円入れて待ち構えていたのですが、今回は見送ることにしました。

でも、瞬殺!

なんですが…

17時に始まった案件募集。僕がエスクローファイナンスの文字を見ている間に、満額応募で終了していました!

6分7秒で満了です。

今のタイミングでJCサービス絡みの案件に投資するか?

チャレンジャー多すぎて引くわ。

定食の小鉢作戦

僕が勝手に「定食の小鉢作戦」と読んでいるのですが。

定食でサバの味噌煮みたいなメインのおかずと一緒に、冷奴みたいな小鉢が付いてきますよね。

それと同じように、メインの投資先とは別に、サブの投資先をいくつか持つ

そこに少額投資しして、メインの利回りの低さを補おうと思っています。

僕にとってメインはOwnersBookクラウドバンクLCレンディングなどで、安心安全ですが利回りが低い。

それをPocket FundingLENDEXなど利回りが高めな業者で補うという作戦です。

利回りが高い分、ある程度のリスクは取るつもりですが。

いやぁ、今回は取れないです。怖すぎる。

次回の案件に期待します!

++++++++++++

Pocket Fundingに興味をお持ちの方はこちらから→ Pocket Funding(公式サイト)

コメント

  1. タクコロ より:

    あ、気づいてなかった
    今度から気を付けよう

  2. ローガンズ より:

    ビルドセーフティーファンド1号
    無事に償還されました
    ホットしてます

    ※借り手様より11月27日に繰上返済あり、早期償還と分配金が前倒しとなります。