投資しました!LCレンディング/LCGF398,400,402号 6か月運用型

JC証券が金商業の登録抹消とか騒ぎになってますが。

グリフラとモナ男が問題を起こしたからって、ソーシャルレンディングがすべてダメになるわけではありません。

そっちはそっち、こっちはこっち。投資しまっせ~!

投資した案件

今回、投資したのはこの案件です!

LCギャランティファンド398号 6ヶ月運用型

LCギャランティファンド400号 6ヶ月運用型

LCギャランティファンド402号 6ヶ月運用型

今回は3つの案件に投資しましたが、利回りなどはすべて同じです。

タイプ不動産
今回募集額2,500万円
利回り5.75%
運用期間6ヶ月

担保評価額とかLTVとかはどうでも良いです。だってLCGFだもん。笑

投資額

今回は各案件に20万円ずつ、合計60万円を投資しました。税引き後で1万5千円をちょっと切ってます。

投資額60万円
利回り5.75%
運用期間6ヶ月
税引前収益18,577円
源泉所得税3,769円
税引後収益14,808円

この案件に投資した理由

LCGFですから

LCギャランティファンドはLCホールディングスの連帯保証が付いたファンドです。

万が一の場合にはLCホールディングスが元金と利息を保証してくれます。

ツイッターのフォロワーさんが言われてましたが、LCホールディングスの社債みたいなものですね。

LCホールディングスが倒れない限り安全が保証される。

ある意味、日本のソーシャルレンディングで最も安全な案件だと思っています。

LCGFに変化が

そのLCGFに変化が現れました。

運用期間を短縮

LCGFには短期型と長期型があります。

同じ東海地方の商業施設への融資で、短期型と長期型の2種類があるって感じです。

で、前回までは短期が9ヶ月、長期が15ヶ月だったのですが、今回からそれぞれ6ヶ月と12ヶ月に変わりました

区分短期長期
従来9ヶ月、5.75%15ヶ月、6.25%
今回6ヶ月、5.75%12ヶ月、6.25%

うれしいのは利回りが変わっていないことです。

短期、長期ともに運用期間が短くなったのに、利回りは従来通りの5.75%と6.25%のままです。わ~い!

新案件が登場

もう一つの変更点ですが、新しい案件が追加されました。

  • 東海秋田:東海地方の複合商業施設+秋田県の底地
  • 北海道:北海道伊達市の複合商業施設+北海道留萌市の複合商業施設
  • 釧路首都圏:北海道釧路市の複合商業施設+首都圏の倉庫

今までは東海秋田案件と北海道案件の2つの使いまわしでしたが、今回から釧路首都圏案件が加わりました。(もしかしたら復活?)

ということで僕は今回、この3つの案件に20万円ずつ投資した次第です。

LCレンディング人気ない?

これを書いている時点で、最初の案件の募集が始まってから2時間経つのですが、まだ10%くらいしか埋まっていません。なんでですかね?

昨日、1時間前後で満了連発となったmaneoの不動産案件と比べて、利回りは負けてないし、安全性はこちらのほうがはるかに高いと思うのですが。

まぁ、じっくり考えてから投資できるので、僕にとっては人気がない方がありがたいのですけどね。笑

読者の皆様にはLCGFを熱烈におすすめします!

コメント