OwnersBookの最近の案件の条件が悪すぎて投資できなくて泣きそう!

僕がメイン投資先と位置付けているOwnersBook。

新しい案件の募集が予告されました。

しかし、イケてなさすぎて泣きそうです。涙

次回の募集案件

次回の募集案件はこちらです。

杉並区新築マンション第3号ファンド第2回

タイプ不動産
今回募集額4,010万円
利回り4.2%
運用期間25ヶ月
募集開始8月7日18時

今回、担保がどうとか細かい説明は省略です。

4.2%で25ヶ月ってどうですか?さすがにパスでしょ?

直近10案件の一覧

正直、ここ最近のOwnersBookの案件はイケてません。直近10案件の利回りと運用期間は以下の通りです。

利回り運用期間
4.2%25ヶ月
4.0%25ヶ月
4.5%26ヶ月
4.2%25ヶ月
4.5%26ヶ月
4.5%25ヶ月
5.0%13ヶ月
4.5%26ヶ月
5.0%20ヶ月
5.0%12ヶ月

利回りが5%を下回り、しかも運用期間が2年オーバー。最近、こんな案件ばっかりです。

これはさすがに条件悪すぎだと思いませんか?

2年後っていつよ?

僕はOwnersBookの熱烈な支持者です。

大儲けを狙うのではなく手堅くやるならばOwnersBookがイチオシと、このブログの読者のみなさんにも勧めてきました。

ただ、いくら不動産が本業で上場企業運営のOwnersBookと言っても、運用期間が2年オーバーはパスです。

だって、今から2年後って2020年8月ですよ。オリンピック終わってますよ。不動産市況がどうなってるかなんて分からないじゃないですか?

ここまで運用期間が長くなると、僕がOwnersBookを推す最大の理由である安全性が揺らぎます。

いくら安全安心のOwnersBookと言っても、2020年8月以降の不動産市況の安全性を託すのは不安が残る。

これならTATERUの方が良い

利回り4%台はまだ受け入れます。

僕も高利回りに目がくらんでグリーンインフラレンディングに30万円捨てかけましたから。

安全のためならば利回りは犠牲にします。

でも4%台を受け入れるならば、TATERU Fundingで良いですよ。だってTATERUは運用期間が6ヶ月未満だもん。

同じ利回り4%台だったら、運用期間2年オーバーのOwnersBookより、4~5ヶ月のTATERUでしょ?

2018年9月7日追記:と、思っていたらTATERUで文書改ざんの不祥事が起こって頭を抱えています。(^^ゞ

短期ください!

僕はOwnersBookに投資したくてしょうがなくて、OwnersBookの口座に45万円を預けたままにしています。

いつでも投資できる状態でスタンバっています。

でも、2年は無理。オリンピック終わったあとまで預けるとか、小心者の僕には不可能です。

岩野社長、お願いです、1年以内の案件出してください。45万円全額投資します!

++++++++++++

OwnersBookに興味をお持ちの方はこちらから→ OwnersBook(公式サイト)

OwnersBookで投資するメリットとデメリット、パソコン、スマホでの取引口座の開設方法は以下の記事を参考にしてください!

投資初心者にOwnersBookをオススメする11の理由と4つのデメリット
オーナーズブックは投資初心者に最適のソーシャルレンディング業者の一つです。オススメする11の理由と4つのデメリットを紹介します。上場企業の不動産のプロ集団が運営するOwnersBook。強さの秘密は担保です。しかしそれが同時に弱点を生み出しています。
【画像で詳しく説明】OwnersBookのパソコン・スマホでの口座開設方法
OwnersBookのスマホ、パソコンでの会員登録、投資家登録、口座開設の方法、必要な書類、本人確認書類の提出、注意点、転送不可の簡易書留が届く日数、マイナンバーの登録、銀行口座など、実際に登録作業をした画像を使って詳しく解説します!

コメント