OwnersBookの新案件は担保が堅い!8月16日18時から募集開始です

OwnersBookの新しい案件がでました!

8月16日18時から募集開始です。

内容を紹介しますよ~!

案件の概要

こちらの案件です!

渋谷区レジデンス第1号ファンド第1回

概要は以下の通りです。

タイプ不動産
今回募集額1億円
利回り4.5%
運用期間19ヶ月
担保土地建物
担保評価額1億3,600万円
担保順位第1位
貸付総額1億円
LTV73.5%

渋谷区神宮前に所在する住宅2棟を担保として、港区の不動産事業者に融資を行います。

安全性

今回の案件は手堅いと思います。

担保が固い

担保物件の面積が分からないので正確に評価することはできません。

ただ、渋谷区神宮前で売りに出ている中古一戸建ての価格を見る限り、1億3,600万円という評価額は大きくハズレているとは思えません。

住所価格敷地面積築年月
神宮前3丁目1億5,800万円78.47平米1998年2月
神宮前3丁目1億9,600万円117.52平米1995年2月
神宮前3丁目3億5,000万円181.08平米1981年9月
神宮前3丁目3億7,000万円87.84平米2000年10月

仮に敷地15坪くらいの小さな家だとしても、2棟で30坪相当になるから、1億5千万円くらいは付きそうですよね?

LTVが低め

今回の融資のLTVは73.5%です。

つまり、売却額が評価額の4分の1値下がりしても大丈夫ということです。

渋谷区神宮前って原宿ですよ。新国立競技場のお隣さんですよ。ガチガチに固いでしょ?

いくら1年7ヶ月後だからって、25%も値下がりしないですよ。

融資先も大丈夫そう

融資先の不動産会社ですが、過去3期連続で経常利益と純利益を計上しているそうです。

企業名などが分かりませんから断言はできませんが、そんなにおかしな業者ではないでしょう。

ってか、仮にコケても担保が固いですから。だって原宿だもん。

投資適格だと思います

僕は運用期間が12ヶ月を超える案件には投資しないと決めています。

ですので、今回の案件には投資しません。(こう見えてけっこう頑固です。笑)

ですが、もしこれが12ヶ月以内だったら迷わず投資します。担保が堅いし、4分の1まで値下がりしても大丈夫だから。これは手堅い。

また、運用期間が19ヶ月と長めですが、満期は2020年の3月です。オリンピック前ですから不動産バブルはまだ弾けていないのでは?

募集額は1億円ですが2分以内に満了するでしょうね。参戦する方、がんばってください!

++++++++++++

OwnersBookに興味をお持ちの方はこちらから→ OwnersBook(公式サイト)

OwnersBookで投資するメリットとデメリット、パソコン、スマホでの取引口座の開設方法は以下の記事を参考にしてください!

投資初心者にOwnersBookをオススメする11の理由と4つのデメリット
オーナーズブックは投資初心者に最適のソーシャルレンディング業者の一つです。オススメする11の理由と4つのデメリットを紹介します。上場企業の不動産のプロ集団が運営するOwnersBook。強さの秘密は担保です。しかしそれが同時に弱点を生み出しています。
【画像で詳しく説明】OwnersBookのパソコン・スマホでの口座開設方法
OwnersBookのスマホ、パソコンでの会員登録、投資家登録、口座開設の方法、必要な書類、本人確認書類の提出、注意点、転送不可の簡易書留が届く日数、マイナンバーの登録、銀行口座など、実際に登録作業をした画像を使って詳しく解説します!

コメント