「Fundsは個人向け社債タイプだから安全」という判断は間違っている

クラウドポートが立ち上げた新しいソーシャルレンディング「Funds」が高い支持を集めています。僕もその支持者の一人です。

ただネットで見ていると「Fundsは個人向け社債タイプだから安全!」みたいなムードをやや感じます。

それはちょっと違うのではないでしょうか?

Fundsとは?

Fundsは株式会社クラウドポートが運営するソーシャルレンディングです。

Funds(公式サイト)

従来のソーシャルレンディングとは、

  • 案件の募集係であるクラウドポート社と、集めた資金の貸付係であるファンド組成企業とが、資本面などで完全に分離されている
  • ファンド組成企業は上場企業など信用度が高い企業
  • ファンド組成企業が貸し付ける相手は、ファンド組成企業のグループ会社

などの点で異なります。

従来とは違う新しいタイプのソシャレンでして、他にも良い点が多々あります。詳しくは下記記事をご覧ください。

Funds(ファンズ)を現役投資家が徹底的に詳しく解説!
ソーシャルレンディング「Funds(ファンズ)」の仕組み、他のソシャレンやmaneoファミリーとの違い、利回り、投資家保護、ノンリコースローン、分別管理、手数料、良い点、悪い点、特長などについてFundsで投資中の現役投資家が徹底的に説明します!

個人向け社債タイプ

さて、本題です。Fundsはなぜ個人向け社債タイプと言われるのか?

信用力が高い企業とグループ企業

まず、僕たち投資家がお金を預ける相手は、例えばアイフル(東証一部)のような信用力が高い企業です。

そしてアイフルは僕たちのお金をアイフルのグループ会社に貸し付けます。

貸付を受けたグループ会社はそのお金を使って事業を行いますが、この貸付がノンリコースローンではないため、事業が上手くいかなくてもグループ会社は返済する義務を負います

親会社の信用

もちろん、グループ会社が破産して返せなくなる可能性はあり、その場合、アイフルがグループ会社に代わって投資家に返済することは、金融商品取引法で禁じられています。つまり、僕たちのお金は戻ってきません

ただ、子会社破産で借金踏み倒しなんてことになると、アイフルの信用に関わります。ですのでそんな事にならないように、グループ会社への経営指導や、経営状態の監視は行うでしょう。

事実上の社債

その意味で現実論として投資したお金が戻ってこないことは極めて考えにくい。

したがって、Fundsはソシャレンの形を借りた企業への貸付であり、言わば社債のようなものである、ということです。

ここまでは僕もまったく異論はありません。

社債だから安全?

僕が同意しかねるのは「だから安全」という部分です。社債だから安全。本当にそうでしょうか?

親愛なる読者諸兄姉に伺います。「東芝の社債、買いますか?

◯◯だから安全

痛い目に遭ったでしょ?

「◯◯だから安全」

このような投資判断から僕たちソシャレン投資家は卒業すべきだと思うのです。

だって、これで僕たちは去年、とんでもなく痛い目に遭ったじゃないですか。

maneoファミリーだから安全

maneoファミリーだからって理由でグリフラを信じ、ガイアを信用し、クラリスに安心した。その結果が今の惨状です。

また痛い目に遭うの?

もちろん、Fundsではクラウドポートが案件を扱う企業を厳選しています。その点について決してクラポーを信用しないわけではありません。

でも、最終的な投資判断に責任を負うのは、誰でもない僕たち投資家自身です。

その僕たちが「◯◯だから」で思考停止して、アイフルってどんな会社なのか?経営状態はどうなのか?って調べることなく投資する。

それだとまた痛い目に遭うのではないでしょうか?

ソシャレンを良くするために

投資家の責任

去年はソーシャルレンディング業界にとって最悪の1年でした。今年は改革の1年にしなければなりません。

詐欺やインチキ経営がない安心して投資できる環境を作るのはソシャレン事業者の責任です。

その一方で、安心して投資できる案件を選ぶのは、あくまでも僕たち投資家の責任です。

僕たちも変わろう

事業者は事業者としての責任をキッチリ果たす。それを事業者に求める以上、僕たちも投資家としての責任を果たすべきです。

そして、社債だから安全。そんな投資の仕方をしている限り、僕たちはまた痛い目に遭うでしょう。

「◯◯だから安全」

そんな投資判断はもう止めるべきではないでしょうか?

Funds(ファンズ)を現役投資家が徹底的に詳しく解説!
ソーシャルレンディング「Funds(ファンズ)」の仕組み、他のソシャレンやmaneoファミリーとの違い、利回り、投資家保護、ノンリコースローン、分別管理、手数料、良い点、悪い点、特長などについてFundsで投資中の現役投資家が徹底的に説明します!

コメント