【画像で説明】Funds(ファンズ)の会員登録と口座開設の手続き

Fundsの会員登録と口座開設の方法を、実際の登録画面の画像を使って説明します。

スマホでもパソコンでも流れは同じです。

タロウさん
タロウさん

それでは始めます!

Fundsの口座開設の準備

まず最初に、Fundsで投資口座を開設する際の、

  • 大きな流れ
  • 必要なもの

を説明します。

口座開設の大きな流れ

口座開設の大きな流れは以下の通りです。

  1. スマホやパソコンで会員登録をする
  2. 続けて口座開設を申請する
  3. Fundsからハガキが届く
  4. 口座開設が完了!
左野くん
左野くん

ネットで登録してハガキが届いたら完了だね。

口座開設に必要なもの

口座開設に必要なものは以下の3点です。

  1. メールアドレス
    • 携帯メールは避ける
    • GmailなどでもOK
  2. 本人確認書類の画像(以下のいずれか1点)
    • 運転免許証
    • パスポート
    • マイナンバーカード
    • 在留カード
    • 健康保険証
    • 印鑑登録証明書
  3. マイナンバー確認書類の画像(以下のいずれか1点)
    • マイナンバーカード
    • 個人番号通知カード
    • 住民票の写し
タロウさん
タロウさん

画像は事前にスマホやパソコンに保存しておきます!

Fundsの会員登録

それでは、会員登録の方法から説明していきます。

1.Fundsのサイトを開く

Fundsのサイトを開きます。→ Funds(公式サイト)

2.会員登録ページに移動する

「今すぐ無料で口座開設」をクリックします。

3.必要事項を入力する

メールアドレスとパスワードを入力します。

注意点は以下の通りです。

メールアドレス

  • docomo.ne.jpなどの携帯アドレスは利用を避ける
  • メールが届かないなど、トラブルが起こる可能性がある

パスワード

  • パスワードは8文字以上であれば何でも可(12345678でも可)
  • ただし、Fundsでは以下の条件を満たすことを推奨
    • 12文字以上
    • 記号と数字、大文字、小文字を含む
    • 推測されやすい単純な文字の並びは避ける
    • 使いまわしていない

4.会員登録する

入力したら下の図の赤線のリンクから利用規約とプライバシーポリシーの内容を確認し、「新規会員登録する」をクリックします。

5.メールアドレス認証をする

すぐにFundsからメールが届きます。

そのメールの中にある「メールアドレスを確認」をクリックします。

下の画像が表示されたら会員登録は完了です。

タロウさん
タロウさん

ここまで、ステップ1でした!

Fundsの口座開設

続けて口座開設をします。

まず会員登録をし、さらに口座開設をすることで、投資できるようになります。

6.ログインする

さきほどの画像の下にある「口座開設をする」をクリックします。

7.名義を選択する

個人名義か法人名義かを選びます。

個人として投資をするのであれば「個人名義の口座」にチェックを入れ、「次へ」をクリックします。

8.基本情報の入力

個人情報などを入力します。

入力が必要なのは以下の7つの項目です。

  • 氏名
  • ふりがな(カタカナで)
  • 生年月日
  • 電話番号(携帯可)
  • 職業(選択)
  • 郵便番号
  • 住所(本人確認書類に記載の住所)

9.投資家適合性の審査

投資経験などを申告します。

申告が必要なのは以下の5つの項目です。

  • 年収
  • 金融資産
  • 取引の目的(選択)
  • 投資資金の性格(選択)
  • 投資経験があるもの(選択)

10.銀行口座の登録

投資したお金が戻ってくる自分の銀行口座を指定します。

なお、登録できるのは自分名義の口座だけです。(家族名義などは不可)

入力が必要なのは以下の3つの項目です。

  • 金融機関名(支店名を含む)
  • 口座種別
  • 口座番号

ここまでの入力が終わったら、ページ下部の「保存して次へ」をクリックします。

11.重要書類への同意

「反社勢力でないことなど」の重要書類に同意します。

まず、「クリックして確認」をクリックし、ダウンロードされた資料の内容を確認します。

次に「上記の内容を確認し~」にチェックを入れ、その下の「保存して次へ」をクリックします。

12.本人確認書類の提出

本人確認書類をアップロードして提出します。

アップロードの手順

  1. 提出する本人確認書類の種類を選び
  2. スマホやパソコンに保存してある画像を選択し
  3. ページ最下部の「保存して次へ」をクリックします

利用できる書類

本人確認書類として利用できるのは、以下のいずれか一点です。

  • 運転免許証
  • パスポート(顔写真ページと住所掲載ページ)
  • マイナンバーカード(表面とウラ面)
  • 在留カード
  • 健康保険証
  • 印鑑登録証明書(発行から6ヶ月以内のもの)

注意点は以下の3点です。

  • 運転免許証などで住所変更がある場合は、ウラ面も提出します
  • 住民基本台帳カード、外国人登録証明書は使えません
  • 投資家登録で入力した住所と、本人確認書類に記載されている住所(ウラ面も可)は一致していなければなりません

13.マイナンバーの提出

マイナンバーを入力し、マイナンバー確認書類を、さきほどと同じようにアップロードします。

マイナンバー確認書類として利用できるのは、以下のいずれか一点です。

  • 写真付きマイナンバーカード(表面とウラ面)
  • 個人番号通知カード(表面のみ)
  • 以下の条件をすべて満たす住民票の写し
    • 発行から6ヶ月以内
    • 公印が視認できる
    • 住民票コードが記載されていない

提出する書類を選んだら、画面下部の「アップロードして~」をクリックします。

これで口座開設の申請手続きはすべて完了です。

Fundsからハガキが送られてくるのを待ちます。

Fundsからハガキが届く

Fundsからハガキが届くと口座開設は完了です。

1.ハガキの注意点

Fundsから届くのは普通の郵便ハガキではありません。

以下の点に注意してください。

  • 送られてくるハガキは簡易書留(転送不可)です
    • ポストには投函されません
    • 配達員から直接受け取ります
  • 登録した住所(本人確認書類に記載の住所)に送られます
    • 勤務先など他の住所への転送はできません
  • 家族など本人以外でも受け取れます
    • 本人と名字が違っていても受け取れます
    • 受け取りの際に身分証明書の提出は求められません
  • 留守の場合は不在票がポストに入ります
    • この場合、再配達を依頼するか、郵便局に取りに行きます
    • 不在の場合の郵便局での保管期間は1週間です
    • 1周間がすぎるとハガキはFundsに返送されます
タロウさん
タロウさん

1人暮らしの人は郵便受けに不在票が入っていないかチェックしましょう!

2.追跡番号の通知

ハガキが発送されると同時に、Fundsからメールが送られてきます。

そのメールの中にハガキの追跡番号が書かれています。

ハガキが今どこにあるのか、日本郵便のサイトで調べることができます。

右田さん
右田さん

親切で便利なサービスだね。

3.ハガキが届くまでの時間

ネットで手続きをしてからハガキが届くまでの時間ですが、僕の場合、

  • 土曜日:口座開設の申請
  • 木曜日:Fundsからハガキ発送
  • 金曜日:ハガキ到着

ちょうど1週間かかりました。

ただ、僕はサービス開始直後に申し込んだため、かなり混み合っていたようです。

通常ならば3日程度で届くそうです。

4.ハガキが届いて開設完了!

Fundsからのハガキが届くと、郵便局からFundsに配達完了の連絡がいきます。

その時点で口座開設の手続きがすべて完了となります。

ハガキが届いたあとで行う作業はありません。

タロウさん
タロウさん

これでFundsで投資できます!

Fundsはオススメ!

Fundsは投資先がすべて上場企業なので安全性が高いです。

ですので、安全性を重視する投資初心者の方にオススメです。

良い案件が出たらすぐに投資できるように、会員登録だけは済ませておきましょう。

★会員登録は公式サイトでできます → Funds(公式サイト)

タロウさん
タロウさん

会員登録はすべて無料です!

コメント