ソーシャルレンディング投資を始めて1年が経ったので総括します!

僕がソーシャルレンディングを始めたのは2018年6月4日。

今日でちょうど1年が経ちました。

この1年を総括します。

タロウさん
タロウさん

ソシャレンと過ごした1年を振り返るよ!

ソーシャルレンディング投資1年間の実績

ソーシャルレンディングと不動産投資型クラウドファンディングの1年間の実績は以下の通りです。

投資した案件数100件
累積投資額2,757万円
受取済み分配金(税前)45万円
平均利回り6.0%
平均運用期間6.7ヶ月

案件数は切りよくちょうど100件、1案件あたりの投資額は30万円弱でした。

分配金ですが、後半6ヶ月は月平均6万円なので、2年目は60万円前後になるかな?

利回りはFANTAS fundingの8%が終わりましたし、SBI、クラウドバンクへの投資を控えているので、2年目は5%台前半まで下がるつもりでいます。

左野くん
左野くん

短期運用至上主義は相変わらずだね。

ソーシャルレンディング激動の1年

2018年はソーシャルレンディングにとって激動の1年でした。

この1年を振り返って一番思うのは、運が良かったことです。これに尽きます。

不祥事続きの1年

僕がソシャレンデビューした週末にグリフラ問題が発覚。

その後、モナ男政治献金疑惑、maneo行政処分、SBIデフォルト、ガイア、クラリス、トラレン遅延などなど。

スタート直後に怖い思いをし、その後も毎月のように事件発生。

そりゃ、用心深くも疑い深くもなりますよ。

グリフラで30万円失うところだった

特にグリフラが強烈でした。

6月4日月曜日にグリフラのバイオマス案件に30万円投資予定だったのですが。

その日の朝に偶然グリフラ自転車操業疑惑を知り投資を中止。

そして金曜日に事件発覚。危うく30万円を失うところでした。

ただただ運が良かった

この経験が強烈過ぎて、すべての案件をまず疑ってかかるようになりました。

絶対に怪しいところがあるはずだ!絶対に見逃さないぞ!みたいな感じ。

そのおかげで、1年間なんとか損失ゼロでしのぐことができました。

6月4日にソシャレンデビューしたおかげで無傷で済んだ。

365分の1の確率で6月4日に始められたこと。ただただ運が良かったです。

タロウさん
タロウさん

完全な投資素人が激動の1年を乗り切れた。本当に運が良かったと思っています。

ソーシャルレンディング投資1年間で得たもの

ソーシャルレンディング投資を1年間やってみて、お金以外で得たものです。

ありきたりの内容ですが。

タロウさん
タロウさん

お金以外にも得たものがあったよ!

知識が増えた

これが一番です。

投資のこと、不動産のこと、税金のこと。

今まで知らなすぎたってのもありますが、激的に知識が増えました。

あと、東京と沖縄の地名に詳しくなりました。笑

情報に敏感になった

投資関係とかお金関係の情報に敏感になりました。

今まで全然気にしてなかったのですが。

税制が変わるとか、不動産市場がどうとか、チェックするようになりました。

ソーシャルレンディングをやって本当に良かったです。

タロウさん
タロウさん

例えば、ヤフーニュースでみる内容がけっこう変わりました!

ブログは低迷でトホホ

逆に全然得られなかったのが、投資と同時に始めたブログです。

いやぁ、絶賛低迷中です!

自分が書きたいことじゃなくて、大衆が知りたいことを書かないといけない。

分かってるんだけど、ダメだなぁ。

全然成長していません。反省して一から出直します。

右田さん
右田さん

読んで良かったと思われるものを書かなきゃね。

投資先が大きく変わった

この1年で大きく変わったのが投資先のソシャレン業者、不動産クラファン業者です。

タロウさん
タロウさん

ビックリするほど変わったよ!

既存業者が激減

この1年間で投資した業者を次のように分類します。

  • 既存業者:maneo、SBI、OwnersBook、クラウドバンク
  • LC:LCレンディング
  • 新興業者:FANTAS、CREAL、Funds、ランドネット
  • その他:ポケファン、Renosy

そして、各業者への投資額を2ヶ月毎に集計し、構成比の推移をグラフ化しました。

一番上が昨年6~7月、一番下が今年の4~5月です。

赤の既存業者が激減し、代わりに青の新興業者が急拡大していることが分かります。

匿名化の影響

既存業者は特に昨年12月からの減り具合が顕著です。

匿名化の影響で既存業者への不安が募り、そのタイミングで情報がクリアな新興業者が参入してきた。

それが僕の投資にも大きく影響を与えました。

その中で既存業者ながら勢力を維持しているのがLCレンディングです。

僕の信用の対象は不動産クラファンと社債型ソシャレンに明らかに向かっています。

タロウさん
タロウさん

FANTAS fundingCREALLCレンディングFundsをメインにしていきます!

ソーシャルレンディング2年目に向けて

今日から始まるソーシャルレンディング2年目に向けてです。

タロウさん
タロウさん

これからの1年、こうやって戦っていきます!

ソシャレンと不動産クラファンの変化は続く

この1年でソーシャルレンディングは大きく変化しました。

絶対王者だったmaneoが没落し、SBIが新たな王者に君臨しました。

しかし、匿名化解除の実情について、SBIの対応に疑問の声も上がっています。

不動産クラファンもTATERU、Renosyが姿を消し、FANTAS funding、CREALがその座を奪いました。

ですが、ランドネットなど新たな不動産クラファンも続々と登場しつつあります。

変化への対応と自己否定

これからの1年も間違いなく大きな変化が次から次へとやってくるでしょう。

勝ち抜くにはその変化に対応しなければならない。

そのためには、常に自己を否定することが必要です

そもそも、ずっと銀行預金だけをやってきて、変化を避けてきたのが僕です。

人並み以上に強く意識しなければ、変化に対応できません。

進取と新取

困難なことであっても自ら進んで取り組む。

とりわけ、新しいことには誰よりも早く取り組む。

令和とともに始まった僕のソーシャルレンディング2年目。

「進取の精神」と「新取の精神」で積極果敢に戦っていきます!

タロウさん
タロウさん

2年目も絶対に勝ちまっせ~!

 

僕がメインで使っているソシャレン、クラファン業者と、2020年1月末現在の投資額は以下の通りです。ご参考になればうれしいです!

 

Funds
FANTAS funding

コメント