Rimple(リンプル)をマネーフォワードと連携させる方法

左野くん
左野くん

Rimpleとマネーフォワードって連携できる?

右田さん
右田さん

どうやって連携するの?

大丈夫ですよ。連携できます。

Rimpleはマネーフォワードに対応しているので連携は簡単です。

この記事ではRimpleとマネーフォワードを連携させる方法を、

  1. 連携作業の操作画面の画像を使って
  2. スマホの場合と
  3. パソコンの場合それぞれについて
  4. ていねいに解説します

この記事を見ながら作業してもらえば、失敗せずに連携できます。

タロウさん
タロウさん

それではさっそく解説します!

マネーフォワードとは?

連携の仕方の前にマネーフォワードについて簡単に紹介します。

タロウさん
タロウさん

知っている方はとばしてください!

日本最大の家計簿アプリ

マネーフォワードは日本で利用者が最も多い家計簿アプリです。

資産や家計など自分のお金の状態を簡単に管理できます。

マネーフォワードを利用するメリット

マネーフォワードの利用はRimpleの投資家にとって大きなメリットがあります。

投資資金の管理は面倒

みなさんはRimple以外にもソシャレン、クラファン業者を使っていますよね。

すべての業者でトータルいくら投資しているか、調べるのって大変じゃないですか?

各業者のサイトを一つずつ開いて調べていく。

投資資金の管理ってかなり面倒です。

タロウさん
タロウさん

常に10社以上で投資している僕には深刻な問題です!

マネーフォワードで一括管理

この問題を解決するのがマネーフォワードです。

各業者をマネーフォワードと連携させます。

すると、マネーフォワードのサイトで各業者の投資状況を見ることができるのです。

投資中の各業者の資金状況を一括管理できる。

これがRimpleの投資家にとってのマネーフォワードを利用するメリットです。

左野くん
左野くん

10サイト開いていたのが1サイト開くだけで済むんだ。

Rimpleとの連携方法

ここからが本題です。

Rimpleをマネーフォワードと連携させる方法を解説します。

スマホアプリで連携させる場合と、パソコンでWebサイトから連携させる場合とに分けて解説します。

スマホで連携させた業者をパソコンで見ることができますし、その逆も同様です。どちらを使って連携させてもかまいません。

スマホアプリの場合

最初はスマホアプリでRimpleとマネーフォワードを連携させる場合です。

1.口座画面を開く

まず、マネーフォワードのアプリを起動します。

そして、画面の一番下にある「口座」をタップします。

2.新規登録画面を開く

次に画面右下にあるオレンジ色の丸いマークをタップします。

3.その他を選ぶ

画面を下の方にスクロールし「その他」をタップします。

4.Rimpleを選択する

一番下の方にあるRimpleをタップします。

業者名の並びは50音順です。

5.必要事項を登録する

必要事項を登録します。

Rimpleで登録が必要なのは次の2つです。

  • メールアドレス
  • パスワード

入力したら「連携する」をタップします。

メールアドレスとパスワードはRimpleのログインで使っているものを入力します。(それ以外は不可)

6.連携完了

Rimpleで投資中の金額が表示されたら連携は完了です。

タロウさん
タロウさん

ここまでスマホアプリの場合でした!

パソコンサイトの場合

次にパソコンを使ってWebサイトからRimpleと連携させる場合です。

1.金融機関登録ページを開く

まず、マネーフォワードのサイト開きます。

そして、画面左の「新規登録」をクリックします。

2.その他を選ぶ

次に「その他」をクリックします。

3.Rimpleを選択する

一番最後の方にあるRimpleをクリックします。

業者名の並びは50音順です。

4.必要事項を登録する

必要事項を登録します。

Rimpleで登録が必要なのは次の2つです。

  • メールアドレス
  • パスワード

「自動取得対象の開始日」は「取得可能な~」のままでかまいません。

入力したら「登録」をクリックします。

メールアドレスとパスワードはRimpleのログインで使っているものを入力します。(それ以外は不可)

5.連携完了

Rimpleで投資中の金額が表示されたら連携は完了です。

タロウさん
タロウさん

以上、パソコンの場合でした!

Rimpleで表示される項目

マネーフォワードで表示される項目は連携する業者ごとに異なります。

Rimpleで表示される項目

Rimpleの場合、表示されるのは以下の項目です。

  • 出資中の金額の合計
  • 出資中の金額の合計の推移(グラフ)
  • 出資中の案件名と各案件の出資額
右田さん
右田さん

どの案件にいくらずつ投資しているかが分かるよ。

Rimpleをさらに便利に使おう!

以上、Rimpleとマネーフォワードの連携について解説しました。

Rimpleは出資したあとは作業がない手間いらずの投資です。

マネーフォワードでさらに手間をはぶいて便利に使ってください!

★公式サイト:Rimple

タロウさん
タロウさん

Rimpleでお金を増やしましょう!

コメント