LIFULL不動産クラウドファンディング登場!

不動産大手で東証一部上場のLIFULLが新たなサイトを立ち上げました。

その名は「LIFULL不動産クラウドファンディング」。

東証一部直営の新しい不動産クラファン登場か!と期待度1,000%になったのですが。

どうやらそうではないようです。

タロウさん
タロウさん

期待して損した!

LIFULL不動産クラウドファンディングとは?

LIFULL不動産クラウドファンディングとは何なのかを説明します。

 

不動産クラファンの情報サイト

LIFULL不動産クラウドファンディング不動産クラファンの情報サイトです。

新規案件の募集情報などをサイト上で公開します。

かつてのクラウドポートの不動産クラファン特化バージョンです。

右田さん
右田さん

Fundsの前身ね。

タロウさん
タロウさん

超お世話になってました!

 

新規案件情報の提供

LIFULL不動産クラウドファンディングの主な機能は2つです。

1つ目は新規案件情報の提供です。

新しい案件が募集されるとサイト上で公開されます。

現在、提供されているのは下記の業者の情報です。

  • ASSECLI
  • TREC FUNDING
  • FANTAS funding
  • わかちあいファンド
左野くん
左野くん

4社だけか。

最初の一覧画面では各案件について下記の情報が表示されます。

  • 案件名
  • 物件所在地
  • 利回り
  • 運用期間
  • 出資単位
  • 募集総額
  • 募集期間
  • 劣後出資比率
  • 募集方式

一覧画面で案件をタップすると、各業者の案件紹介ページに飛びます。

右田さん
右田さん

便利っちゃ便利かな?

 

メールマガジン

2つ目の機能はメールマガジンです。

以下の情報が届くそうです。

  • 新規案件
  • 募集終了間近の案件
  • 各種イベントの案内
  • 不動産クラファン関連のニュース

 

ちょっと微妙…

率直な感想として、ちょっと微妙です。

新規案件の情報はほしいけど、4社だけでソシャレンは抜きですよね。

ソシャレン、クラファンの新規案件情報ならソーシャルレンディングウォッチのファンド一覧ページが圧倒的に早く対象業者も豊富です。

2番目は僕の毎朝各サイト訪問によるアナログマンパワーウォッチね。笑

左野くん
左野くん

暇やのう。

タロウさん
タロウさん

地道にコツコツ…

LIFULLの狙いは不動産クラファン取引所開設?

ところで、LIFULLはなぜこんなサイトを立ち上げたのでしょうか?

 

情報サイトを本気でやるわけがない

僕はLIFULL不動産クラウドファンディングの狙いが情報サイトだとは思えません。

だって、どうやって儲けます?

業者から情報掲載手数料をとっても微々たるもの。

年商350億円の東証一部上場企業がやるには商売として小さすぎます。

情報サイトで稼ぐならソシャレンを入れないのも不自然です。

右田さん
右田さん

不動産クラファンに限定する必要がないよね。

 

不動産クラファン新規参入もない

また、LIFULLが不動産クラファン業者として新規参入する可能性もないと思います。

LIFULLはこれまで、ハロー! RENOVATION、Crowd Realty、つい先日はCREALと案件募集で提携しています。

しかし、あくまでも業者に物件を供給する側に徹しています

それに、東証一部ではすでに社が不動産クラファンに参入済みです。

  • 穴吹興産(ジョイントアルファ)
  • インテリックス(X-Crowd)
  • TATERU(TATERU Funding)
  • トーセイ(TREC FUNDING)
  • プロパティエージェント(Rimple)

LIFULLは4年ほど前からクラウドファンディングに取り組んでいます。

不動産クラファンをやる気があるなら、とうの昔に始めているでしょう。

タロウさん
タロウさん

LIFULLにできない理由がない!

 

不動産クラファンの取引所を開設する?

可能性があるとしたら不動産クラファンの取引所では?

LIFULLは2017年から不動産情報の流通でのブロックチェーンの活用に取り組んできました。

2020年3月には米Securitize社と不動産クラファンへのセキュリティトークン導入の実験を開始。

右田さん
右田さん

セキュリティトークンって大家どっとこむが?

タロウさん
タロウさん

それです!

そして、同年10月には国内初のセキュリティトークンを利用した不動産クラファン案件をハロー!RENOVATIONで募集しています。

実は僕もよく分かってないのですが。

たぶん、こんな感じなんじゃないかな?

  1. 不動産クラファンの投資単元を
  2. セキュリティトークン化し
  3. ブロックチェーン上で
  4. 自由に売買できるようにする

僕がCREALで投資したA案件10万円分の権利を、札幌の島田さんや那覇の知念さんとネット上で安全、手軽、簡単に取引できるようになるイメージです。

左野くん
左野くん

不動産クラファンの流動性の低さをカバーできるわけか。

タロウさん
タロウさん

中途解約できないですからね!

LIFULLは将来的にすべての不動産をセキュリティトークン化=電子証券化したい。

さらにその取引ネットワークを海外にまで拡大するのではないか?

横須賀市追浜町1丁目の宅地30平米の権利を、ブロックチェーン上でモスクワのイワノフさんやテヘランのムハンマドさんと売買する。

その電子証券化された不動産の世界的取引所の元締めになるつもりなのでは?

LIFULL不動産クラウドファンディングはその第一歩なのかな?と妄想しております。

右田さん
右田さん

壮大な話ね。

タロウさん
タロウさん

規模を拡大できれば不動産クラファンよりはるかに儲かる!

 

不動産クラファンの将来に期待

もしそうなれば、次のように投資したあと、

  • 投資額:20万円
  • 利回り:5%
  • 運用期間:1年
  • → 分配金:1万円

すぐに、この投資持ち分をイワノフさんに205,000円で売る。

そして、その20万円で別の案件に投資し、速攻でムハンマドさんに売るを延々と繰り返す。

そうすれば普通に不動産クラファンやるよりずっと儲かります。

いわば、クリック合戦代行業ですね。笑

左野くん
左野くん

貧乏人が金持ちの代わりにw

タロウさん
タロウさん

何でもさせてもらいまっせ~!

LIFULLの動きは不動産クラファンの未来を変えるのか?

今後に期待したいと思います。

ソーシャルレンディング・不動産クラファン全72業者のリスト
【2021年10月8日更新】芸剤営業中のソーシャルレンディング業者21社と不動産投資型クラウドファンディング業者43社、その他のクラファン業者8社を一覧としてリストアップしました。見落としがないかのチェックに活用してください。

 

コメント