CREALがヘルスケア案件に進出!病院や介護施設を対象に

CREALがヘルスケア案件に進出することが分かりました。

ヘルスケア案件とは病院や介護施設、老人ホームなどのヘルスケア不動産を投資対象とする案件です。

内容を簡単に紹介するとともに、疑問点などを述べます。

タロウさん
タロウさん

CREALの本命がついに登場です!

CREALがヘルスケア案件に進出

CREALのヘルスケア案件進出について、時事通信が伝えた内容をもとに解説します。

 

CREALとは?

CREALは不動産運用業のクリアルが運営する不動産クラファンです。

サービス名CREAL
運営会社クリアル株式会社
運営開始2018年11月
最低投資額1万円
利回り3.0~6.5%
運用期間4~24カ月

これまでに75億円の応募を集めた業界最大手です。

タロウさん
タロウさん

人気面でも最大手です!

●公式サイト:CREAL

CREALについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

【最新】CREALの評判や口コミ、他社との比較、僕の投資実績
【2022年5月16日更新】累計投資額1億700万円の現役投資家が、CREAL(クリアル)の概要、デメリットとリスク、評判と口コミ、他の業者との比較、注意点と対策などを解説。CREALでの僕の投資実績も公開します。

 

藤村隆氏がエグゼクティブディレクターに就任

クリアルは新生銀行などでヘルスケア不動産を扱ってきた藤村隆氏がエグゼクティブディレクターに就任したと発表しました。

藤村氏の就任でクリアルのヘルスケア部門を強化し、CREALでのヘルスケア案件の組成を目指します。

左野くん
左野くん

藤村さんって何者?

右田さん
右田さん

何者って失礼な。

 

藤村氏の経歴

藤村隆氏については以下の通りです。

  • 1985年3月:早稲田大学法学部卒
  • 1985年4月:日本長期信用銀行(現新生銀行)入行
  • 2007年3月:不動産ファイナンス部部長
  • 2010年7月:ヘルスケアファイナンス部長
  • 2012年4月:ヘルスケアファイナンス部ストラクチャードビジネス推進室長
  • 2014年4月:ジャパン・シニアリビング・パートナーズ代表取締役社長
  • 2018年:新生銀行ヘルスケアファイナンス部シニアスーパーバイザー
  • 2019年:フージャースケアデザイン執行役員

藤村氏は旧長銀に入行し、J-REIT発足当初から不動産証券化に携わってきました。

そして、2004年に初めてのヘルスケア不動産として老人ホームの証券化を手掛けました。

2010年に新生銀行の社内ベンチャーとしてヘルスケアファイナンス部を創設し、ヘルスケアリートの設立を目指しました。

その後、2014年には新生銀行とケネディクスなどの共同出資で設立されたジャパン・シニアリビング・パートナーズの社長に就任。

2015年6月にJ-REITのヘルスケア不動産への投資が解禁されると、翌7月にヘルスケア施設特化型リートであるジャパン・シニアリビング投資法人を東証に上場させました。

そして、2019年からはシニア向けマンションの分譲などを手掛けるフージャースケアデザインで執行役員を務めていました。

左野くん
左野くん

スペシャリストだね。

 

ヘルスケア案件の組成を目指す

藤村氏の加入でクリアルは今後、ヘルスケア部門の強化を図ります。

そして、CREALでのヘルスケア案件の組成を目指すでしょう。

実現すれば医療施設を投資対象とするクラウドファンディングでは、LCレンディングのLCメディカルファンド、LCハイブリッドファンド以来。

不動産クラファンでは初となります。

タロウさん
タロウさん

なつかしのLC…

CREALはなぜ今ヘルスケア案件を?

非常にめでたいCREALのヘルスケア案件の誕生ですが、一つ疑問があります。

 

横田社長もヘルスケア不動産に精通

クリアルの横田社長は2011年に新生銀行に転職しました。

そして、藤村氏がヘルスケアファイナンス部を立ち上げた翌年に同部長代理に就いています。

また、2012年に藤村氏が同部ストラクチャードビジネス推進室長に就任すると同時に、室長代理に就任。

さらに、2014年のジャパン・シニアリビング・パートナーズ設立から3年間、同社で投資運用部長を務めています。

同時期には新生銀行ヘルスケアファイナンス部ヘルスケアリート設立準備室営業推進役も務めました。

実は、横田社長は新生銀行在籍の6年間、一貫して藤村氏とともにヘルスケア不動産に携わっており、スペシャリストであるのです。

右田さん
右田さん

横田社長もスペシャリストなんだ。

 

機関投資家向けではすでに実績あり

そして、クリアルは横田氏の社長就任以降、老人ホームなどを対象とした機関投資家向けのヘルスケア案件を組成済みです。

2019年にはシンガポールの企業と組んで、ヘルスケア不動産を対象とする投資ファンドを設立しています。

左野くん
左野くん

やってたんだ。

 

なぜCREALで今やるのか?

僕はCREALの立ち上げ時に、いつか老人ホーム案件をやると予想しました。

でも、クリアル本体ではやるのにCREALではいつまでたってもやらないので、やらない&やれない理由があるのだと考え直しました。

それが今回の発表です。

なぜ今までやらなくて、今回やるのか?

ヘルスケア第1号案件発表時には、

  • どんな理由で今までできなかったのか?
  • その理由がどのように解決されたのか?

を、ぜひご説明いただければと思います。

右田さん
右田さん

確かに興味ある。

タロウさん
タロウさん

ぜひぜひ教えて下さい!

CREALのヘルスケア案件に期待

ヘルスケア不動産を投資対象とすると数十億円規模になる可能性があります。

CRE Fundingや大家どっとこむのようにローンと組み合わせる形になるかもしれませんが、それなりの募集額になりクリック合戦が緩和されるでしょう。

また、ヘルスケアリートの利回りは5~6%くらいですので、今よりも高い利回りになるかもしれません。

CREALのヘルスケア案件に期待しましょう。

タロウさん
タロウさん

スーパー期待しています!

●公式サイト:CREAL

CREALについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

【最新】CREALの評判や口コミ、他社との比較、僕の投資実績
【2022年5月16日更新】累計投資額1億700万円の現役投資家が、CREAL(クリアル)の概要、デメリットとリスク、評判と口コミ、他の業者との比較、注意点と対策などを解説。CREALでの僕の投資実績も公開します。

 

コメント