飯田グループHDが不動産投資型クラウドファンディング進出!

ビッグニュースが飛び込んできました。

東証一部上場で不動産大手の飯田グループホールディングスが不動産クラファンに進出です。

超大物が不動産クラファンにやってきます。

タロウさん
タロウさん

ボスキャラ登場です!

飯田グループHD直営の不動産クラファン

新登場の不動産クラファンは実質的に飯田グループHDの直営になるようです。

 

新登場の不動産クラファンの概要

時事通信によると、新登場の不動産クラファンの概要は以下の通りです。

大型案件が中心になる

  • 株式会社リビングコーポレーションが不特事業許可取得
    • 投資用マンションの開発業者
    • 東京・名古屋・福岡エリア中心
    • 飯田グループHDのグループ会社
    • 3月10日に不特事業許可を取得
    • 電子取引業務を含む
  • 不動産クラファンを行う
    • 自社で専用サイトを開設
    • 自社開発物件を中心に供給

リビングコーポレーションは主に富裕層を対象に、投資用マンションを1棟単位で販売しています。

新登場の不動産クラファンでは恐らく、

  1. 東京、名古屋、福岡エリアの
  2. 投資用マンションを
  3. 1棟単位で案件組成

することになるでしょう。

1棟単位、つまり大型案件が中心になることが期待されます。

左野くん
左野くん

投資しやすいぞ!

飯田グループホールディングスが進出

それ以上に大きいのが飯田グループホールディングス(以下、飯田グループHD)が不動産投資型クラウドファンディングに進出することです。

今回、不動産クラファンの運営開始を発表したリビングコーポレーションは、飯田グループHDの子会社である一建設の子会社です。

右田さん
右田さん

ん?

こういうことです。

  • 飯田グループHD
    • 一建設
      • リビングコーポレーション

リビングコーポレーションは飯田グループHDの孫会社にあたります。

つまり、新しい不動産クラファンは飯田グループの不動産クラファンということです。

左野くん
左野くん

飯田グループHDってすごいの?

タロウさん
タロウさん

すごいのなんの!

 

飯田グループホールディングスとは?

飯田グループHDは東証一部上場の大手不動産業者です。

国内第2位の大手不動産業者

どれくらい大手かと言うと、グループ売上高で三井不動産に次ぐ国内第2位です。(2020年度)

会社名売上高
三井不動産1兆9,056億円
飯田グループHD1兆4,020億円
三菱地所1兆3,021億円
住友不動産1兆135億円
東急不動産HD9,632億円
右田さん
右田さん

三菱地所より上!

売上高1兆4千億円、従業員数9,700人。

戸建分譲住宅では国内シェアトップです。

上場6社の持株会社

飯田グループは2013年に6つの不動産会社が統合して誕生しました。

飯田グループHDはこの6社の持株会社です。

HDの東証一部上場で6社は上場を廃止しましたが、統合以前はいずれも上場企業でした。(売上高は2013年度末)

  • 一建設
    • 売上高:2,787億円
    • 旧上場市場:ジャスダック
  • 飯田産業
    • 売上高:1,564億円
    • 旧上場市場:東証一部
  • 東栄住宅
    • 売上高:1,128億円
    • 旧上場市場:東証一部
  • タクトホーム
    • 売上高:874億円
    • 旧上場市場:東証一部
  • アーネストワン
    • 売上高:2,034億円
    • 旧上場市場:東証一部
  • アイディホーム
    • 売上高:689億円
    • 旧上場市場:ジャスダック
左野くん
左野くん

東証一部がズラッと並ぶ。

タロウさん
タロウさん

その6社が合体したのが飯田グループHDです!

  • 飯田グループHD
    • 一建設
      • リビングコーポレーション
右田さん
右田さん

一建設はどんな会社なの?

 

一建設とは?

建売住宅の建設会社

一建設(はじめけんせつ)は建売住宅やマンションの分譲業者です。

社名一建設株式会社
本社豊島区南池袋2-25-5
設立1967年2月13日
資本金32億9,850万円
代表者代表取締役 堀口忠美

グループ売上高4,028億円の大手建設会社です。

飯田グループHDの中核企業

一建設の前身は1967年に飯田一男氏が設立した飯田建設工業です。

2013年の統合に参加した6社の内、一建設以外の5社はいずれも一建設の子会社でした。

また、飯田グループHDの初代代表は飯田一男氏です。

つまり、一建設は飯田グループの中核企業であり本家にあたります。

一建設の現社長である堀口忠美も、飯田グループHDの取締役を務めています。

左野くん
左野くん

飯田グループの中心は一建設なんだ。

  • 飯田グループHD
    • 一建設
      • リビングコーポレーション
タロウさん
タロウさん

最後にリビングコーポレーションです!

 

リビングコーポレーションとは?

そして、一建設の子会社であり不動産クラファンを始めるのがリビングコーポレーションです。

投資用物件の開発業者

リビングコーポレーションは投資用の不動産物件の開発業者です。

社名リビングコーポレーション
本社渋谷区渋谷4-2-12
設立2015年8月10日
資本金1億円
代表者代表取締役 鈴木英樹

主に投資用のマンションやアパートを開発し、富裕層などに1棟単位で販売しています。

右田さん
右田さん

お金持ちの資産運用サービスね。

前身の企業は1990年に設立され、2006年には東証マザーズに上場しました。

その後、SBIグループ、レオパレス21の子会社を経て、2019年に一建設の子会社になりました。

一建設と同体

リビングコーポレーションは一建設の完全子会社です。

また、一建設の堀口社長がリビングコーポレーションの取締役を務めています。

ですので、リビングコーポレーションは一建設と同体であり、一建設の投資用不動産部門と考えて良いでしょう。

左野くん
左野くん

リビング=一建設だよと。

 

飯田グループの本家が運営する不動産クラファン

ここまで見てきたことから、リビングコーポレーションが独自に不動産クラファンを始めるとは考えにくい。

一建設の不動産クラファン部門をリビングコーポレーションが担当すると考えるべきです。

  • 飯田グループHD
    • 一建設
      • リビングコーポレーション

そして、一建設は飯田グループの中核企業であり本家です。

つまり、新登場の不動産クラファンは飯田グループHDの直営と見なして良いでしょう。

新たな東証一部上場系の不動産クラファンの誕生です。

タロウさん
タロウさん

上場系キタ-!

飯田グループHDの参入に期待

飯田グループHDの不動産クラファン参入に大いに期待します。

 

5社目の東証一部系不動産クラファン

これで、東証一部上場系の不動産クラファンは5社目となります。

しかも、これまでの4社と比べても大物の参入です。

会社名売上高時価総額
飯田グループHD1兆4,020億円7,911億円
穴吹興産954億円207億円
トーセイ639億円529億円
インテリックス379億円55億円
プロパティエージェント227億円139億円

売上高でこれまで最大手だった穴吹興産の14倍

時価総額も一桁違います。

超大物の新規参入です。

右田さん
右田さん

格が違う…

 

不動産クラファンは上場系が主流に

この1年、不動産クラファンでは上場系業者の参入が続いてきました。

東証一部だけで4社です。

また、最近案件の募集を増やしている大家.comも東証二部上場系です。

今後、不動産クラファンは上場企業系が主流になっていくでしょう。

信用度が高い上場系の業者が増えるのは投資家として大歓迎です。

左野くん
左野くん

なんだかんが言って安心。

 

飯田グループHDの不動産クラファンに期待

東証一部上場で三井不動産に次ぐ国内第2位の不動産業者

新たに誕生する飯田グループHDの不動産クラファンに期待します。

右田さん
右田さん

1棟マンションの大型案件が来る。

左野くん
左野くん

クリック合戦なしで上場系。

タロウさん
タロウさん

期待してます!

 

コメント

  1. コビー より:

    こんばんは。

    いよいよリビングコーポレーション待望の第1号が募集開始となりますね。
    (Branche阿佐ヶ谷ファンド1)
    募集額(1200万)が小さく10%と初回キャンペーン利回りですが
    1口20万が上限なので、募集開始時にスタンバイすれば
    何とかなりそうですね。
    20万をデポジットして参戦しようと思っています。
    タロウさんは、どうされますか。