投資初心者の
ソーシャルレンディング教室

良いところとメリット

ソーシャルレンディング投資の人気が2016年頃から急速に高まっています。なぜ人気なのか? ソーシャルレンディングの魅力、良いところとメリットを紹介します!(最終更新日:2018年12月30日)

利回りが高い

ソーシャルレンディングの利回りは業者や案件によって異なりますが4~10%くらいです。

ただし、高利回り=高リスクですので、7%を超えるものはおすすめしません。投資初心者に向いているのは4~6%くらいの案件です。

ここから税金が20%ほど引かれますので、ソーシャルレンディングの現実的な実質利回りは3~5%と考えてください。

現在、ネット系など一部の銀行を除くと、預金金利は普通預金で0.001%、1年定期で0.01%です。

1年定期と比べるとソーシャルレンディングの利回りは300~500倍です。銀行に預けるのがバカバカしくなりますよね。

ポイント:銀行に1年定期で100万円預けると金利は100円。ソーシャルレンディングならば税引き後でも3~5万円です!

少資金で投資できる

株やFXなどで投資をする場合、一部の例外を除くと最低でも5~10万円は必要です。投資初心者の場合、失敗するかも?という不安がありますから、ちょっとハードルが高いですよね。

これに対してソーシャルレンディングでは、一部の業者を除いて1万円から投資できます

さらに、最低投資額が1万円、追加は千円単位という業者もありますので、1万2千円とか2万6千円といった金額でも投資が可能です。

小さな資金で最初の第一歩を踏み出せるのもソーシャルレンディングの魅力です。

分散投資しやすい

1つの株に100万円を投資し、その株が暴落したら100万円すべてが損害を受けます。でも、10の株に10万円ずつ投資すれば、そのうちの1つが暴落しても損害は10万円で済みます。

このように投資先を分散させることでリスクを下げる投資方法を分散投資と言います。

上述したようにソーシャルレンディングは1万円から投資できます。少額で投資できるため、10個の案件に1万円ずつ投資するなど分散投資がしやすいです。

手間がかからない

株やFXの場合、投資をしたあとも日々の値動きを見て、追加投資するか見切って売るかなどの判断をしなければなりません。

これに対してソーシャルレンディングの基礎知識で説明したように、ソーシャルレンディングは企業に対する資金の貸し付けです。

投資する=お金を貸したあとは、満期が来て元本と利息が戻ってくるのを待つだけです。

投資したあとは何もしなくて良い。忙しい社会人には大きなメリットでしょう。

値動きがない

株やFXは値動きがあります。2,000円で買った株が2,500円に上がることもあれば、1,500円に下がることもあります。

それはつまり、最終的に利益が出るのか、損をするのか、利益がいくらになるのか売るときまで分からないということです。

売れるか分からず不安な表情

これに対してソーシャルレンディングは資金の貸し付けですので、利回りが最初から決まっています。

利回り5%に1万円を投資すれば、利益は税引前で500円です。早期償還などイレギュラーがない限り、500円から1円も動きません。

投資する時点で収益が確定するので、資金計画などを立てやすいです。

日々の心配がいらない

値動きがあると毎日気になりますよね。自分が投資した株が今いくらなのか?オーストラリアドルは上がったのか?下がったのか?

スマホで株価をチェックする

仕事中も気になってスマホでこっそりチェックしたり。落ち着かない日々を過ごすことになりかねません。

ソーシャルレンディングは値動きがないので、そんな心配とは無縁です。投資したら満期が来るまで待つだけ。放置プレーでOKです。

時間の制約がない

株やFXは取り引きをできる時間が決まっています。特に株は午前9時から午後3時までですので、社会人が値動きを見ながら取り引きするのは難しいですよね。

これに対してソーシャルレンディングでは取り引き時間の制約が一切ありません

ソーシャルレンディングは24時間365日営業

例えば総額1億円の案件の募集が始まると、応募が1億円に達するまで24時間365日いつでも投資できます。インターネットで申し込むので土日や深夜でも大丈夫です。

ただし、OwnersBookなど人気がある一部のソシャレン業者では、案件によっては募集開始から数分で、応募満額で募集終了となる場合があります。

投資しにくい業者だけにならないように、業者を選ぶ際に注意が必要です。

  • オススメの業者

    投資初心者にオススメのソシャレン業者を紹介します。

関連記事