投資初心者の
ソーシャルレンディング教室

少額から投資できる業者

投資はお金持ちがやること?いえいえ、そんなことはありません。普通の社会人でもパートタイマーでも大学生でも、ソーシャルレンディングならば小さな金額から投資に参加できます。ここでは少額から投資できるソシャレン業者を紹介します。(最終更新日:2018年12月30日)

少額でも投資しよう

少額であっても投資するとしないとでは大きな違いです。

小さな積み重ね

利回り6%、運用期間1年の案件に1万円を投資すると、分配金は600円、源泉徴収後の手取りは480円です。たった480円。はい、その通りです。

でも、毎月1万円ずつ投資すれば、1年間で480円が12回、ワンコインランチ半月分です。投資も節約も小さな努力の積み重ねです。

なにより、銀行に1万円を預けても普通預金だと利息は0.1円しか付きません。だったら、銀行から1万円引き出して、ランチ1回分稼ぐ方が賢明ですよね。

最初は小さな一歩から

大切なのは最初の一歩を踏み出すことです。銀行に預けっぱなしにしている限り、あなたの資産は増えるどころか、物価が上がる分、資産価値は減っていきます

少額投資が有意義なのは、銀行塩漬けから脱出する第一歩となることです。

まずは1万円。塩漬けの預金者から資産を増やす投資家へ、小さいけれど自分が変わる確かな第一歩を踏み出しましょう。

最低投資額は1万円

1つの案件に最低いくらから投資できるのか?私が初心者にオススメするソシャレン業者9社については以下の通りです。

業者名
最低投資額
SBIソーシャルレンディング
1万円
OwnersBook
1万円
LCレンディング
2万円
クラウドバンク
1万円
Renosy
1万円
Pocket Funding
1万円
FANTAS funding
1万円
CREAL
1万円
クラウドクレジット
1万円

LCレンディングが2万円である以外、すべて1万円です。最低1万円あれば投資できます

なお、SBIソシャレンは不動産バイヤーズや不動産Plusなど、人気案件では最低5万円からとなっています。

追加は1万円単位

1万円を超える部分については1万円単位で追加できます。例えば、不動産系で一番人気のOwnersBookですと、最低は1万円、次は2万円、さらに3万円と1万円単位で増やせます。

LCレンディングは最低が2万円ですので、その次は3万円、そして4万円となります。SBIソシャレンの不動産Plusですと、最低5万円、次は6万円、さらに7万円です。

唯一、Pocket Fundingだけは千円単位で追加できます。最低は1万円、次は1万1千円、その次は1万2千円、さらに1万3千円です。

余裕資金が1万9千円しかない時に、「あ~、あと千円あれば!」と悔しい思いをせずに済みます。投資金額の自由度が最も高いのはPocket Fundingです。

ポイント:ソーシャルレンディングの投資額は1万円から。追加は1万円単位が基本です。Pocket Fundingだけ千円単位で細かく追加できます!

関連記事