しつけの代行は学校教師の仕事ではない

中学校の教師が生徒に「デブ」と暴言を浴びせたとのこと。

 神奈川県横須賀市の市立中学校で9月、技術科の20代の男性教諭が授業中に2年生の男子生徒(14)を殴り、「デブ」と暴言を浴びせていたことが学校などへの取材でわかった。市教育委員会は体罰として県教委に報…

この手の事件がいつまでたっても絶えません。

学校の教育体制は今のままで良いのでしょうか?

この教師はさすがにやり過ぎ

生徒が教師の指示に従わなかった。

教師が切れて「うるせー、デブ」と怒鳴りながら殴った。

ザックリ言うとこんな感じです。

さすがに教師のやりすぎです。

ってか、デブって小学生のケンカかよw

しかし記事の最後を読むと少し感じが変わってきます。

実は問題生徒だった

記事の最後にはこうあります。

教諭は学校の聞き取りに「髪の毛をつかまれるなどし、身の危険を感じたので殴った」と説明したという。

これは生徒にも問題がかなりありです。

しかも記事によると、今回が初めてではありません。

生徒は以前にも教諭ともみ合いになるトラブルがあったという。

つまり、以前から問題生徒だったということです。

親のしつけの問題だ

この教師がアウトであることは論を待ちません。

しかし、教師に手を出すような育て方をした。

親の育て方が最大の問題ではないでしょうか?

各地で起こる学校内のイジメも同じです。

親がちゃんとしつけをしていないことが、最も非難されるべきです。

学校はしつけを代行する機関ではない

この手の事件が起こると、必ず学校の指導が問題視されます。

もちろん、社会性を身に付けさせるなどの役割りはあるでしょう。

しかし、学校の本分は教科指導です。

最低限のしつけは親の役割りです。

教師がしつけの代行をさせられるのは間違っています。

学校への警察の介入

ここで参考にしたいのは、青森の女子中学生自殺事件です。

青森市立浪岡中学2年の葛西りまさん(13)が悪口を言われるいじめ被害を訴えて8月に自殺した問題で、青森県警は20日、りまさんを「きもい」などと中傷したとして、関…

青森県警はイジメた生徒を、児童相談所に通告しました。

記事では「警察が介入するのは異例」とのことです。

しかし、それで良いのではないでしょうか?

教師に本来の仕事をさせよう

イジメは犯罪です。

暴行罪、傷害罪、脅迫罪、強要罪、恐喝罪、名誉毀損罪、侮辱罪です。

警察に通報、身柄引き渡しで良いではないですか。

しつけが不十分な生徒は、外部のカウンセラーなどに任せましょう。

教師が教科指導に専念できるようにするべきです。

まともな生徒の権利を守ろう!

問題生徒を排除するのか?

そうです、その通りです、排除すべきです。

大多数のまともな生徒の学ぶ権利を守るべきです。

少数の問題生徒が、多数のまともな生徒の学ぶ権利を奪う。

そんな不正義が許されて良いわけがありません。

バカな親子の甘えを許すな

12歳にもなれば、最低限の善悪は分かります。

分かった上で児童であることに甘えて好き勝手している。

親も非難の矛先は常に学校に向かうことを分かっている。

問題を起こす生徒、しつけに責任を持たない親、

親子そろって高をくくっているのです。

本来の学校を取り戻せ

問題生徒とその親の甘えを許し、教師がしつけの代行をさせられている。

今の学校教育の現場は、明らかに異常です。

バカな親子に鉄槌を下し、

教師が教科指導に専念できるようにし、

まともな生徒の学ぶ権利を守りましょう。

シェアする

コメント

  1. エガちゃん より:

    海外は学校は勉強するところ躾は親と決まっている。親も教師も勘違いしているものがいる。学校はプライベートなことに干渉せずに勉強を教えていたらいい。日本の異常さは行事とか取り組みとか勉強以外のことが多すぎる。本来はいろんな経験を子供のさせるのは親の仕事だということを忘れている。日本の親は教師に甘えて文句ばかり言っている。ガキと同じだ。

    • ジジイ ジジイ より:

      こんにちは。コメントありがとうございます。
      僕もそう思います。まぁ、社会性を身に付ける機能は学校に担わせるという選択肢はあるかもしれませんが、基本的に勉強するところです。
      人に迷惑をかけずにしっかり勉強する。そういう最低限の躾が身に付いていない生徒は排除でOKです。
      ってか、僕は親になる、つまり子供を作るのは資格制にすべきとすら思ってます。
      最低限の躾さえきっちりできないようなDQNやクルクルパーは親になるべきではありません。
      医療費や教育費に費やされる税金がもったいないですし、何よりクズ親の間に生まれてくる子供が気の毒です。

  2. 日本の常識は非常識 より:

    教師のいうことを聞かない児童、生徒を学校に来させることが大きな間違いだということだ。そんな馬鹿なガキが来ると学校の風紀は乱れる。当然いろんな問題が起こる。いじめも当たり前のように起こる。根本的に日本の学校のやり方がおかしいからだ。学校は躾をするところではない。躾は親の仕事だ。日本も海外のように義務教育でも退学させる制度が必要だ。学校は馬鹿なガキが中心に回ってはいない。