Fランク大学は全部なくしたほうが学生と国にとって良いと思う理由

Fランク大学の問題がしばしば取り上げられますが。

英語の授業はbe動詞の使い方からスタート。

しかし、授業中は居眠りかスマホゲーム。

卒業しても就職先はパチンコ屋。

はたしてFランク大学って必要なのでしょうか?

僕は全部廃止したほうが良いと思います。

学生にとっても国にとっても、なくしたほうが良いからです。

Fランク大学に存在価値はない

今回のブログはあくまでも一般論としてです。

また、Fランク大学の学生を非難する趣旨でもありません。

ましてや、低学歴者を蔑視するものでもありません。

その前提で読んでください。

大学は勉強が好きな人が来るところ

そもそも、大学は頭が良くて勉強が好きな人が来るところです。

義務教育が終わって高校で3年学び、それでも足りずさらに4年勉強したい。

そういう人が来るところが大学です。

分数の足し算もできない、be動詞の使い方もよく分からない。

そんな勉強嫌いな人が無理して大学に来る必要なんてないのです。

勉強嫌いが集まっている時点で、Fランク大学は存在が矛盾しています。

人材価値が向上しない

ろくに勉強しないから、4年間在籍しても人材としての価値は向上しません。

高校を卒業した時点と人材価値はさほど変わっていない。

だから、高卒生と極端に変わらない就職しかできないのです。

それって、4年間の学費と時間がムダじゃないですか?

4年間せっせと大学の教職員に給料を運んであげただけ。

そんな大学、学生にとって行く価値が無いと思うのです。

学費に見合う就職ができていない

大学を出て大工やショップの店員になるってムダだと思いませんか?

別に大工やショップの店員を見下しているわけではありません。

大学を出なくても高卒でなれるでしょ?

だったら、そうした方が良いじゃないですか。

だって、大学の学費を払わなくて良いし、早く就職して早くお金を稼げますから。

高卒でできる就職しかできないなら、Fランク大学に通う価値がないと思うのです。

Fランク大学は全部なくすべき

ちょっと過激かもしれませんが。

偏差値50以下の大学は全廃

Fランクだけでなく偏差値50以下の大学はすべて廃止で良いと思います。

だって、偏差値50って平均ですよ。

国公立だけでなく私大も国から税金が投入されているのです。

そんな大学で学ぶのですから、せめて平均ラインはクリアすべきでしょ?

平均以下なのに税金使って大きく学ぶって、それは違うと思います。

高校卒業後は就職か専門学校

大学に進学しない人は、高校卒業後は基本的に就職です。

でも、電気工事士や美容師になりたくて、その技術を身に付けたい人。

就職したけど働きながら資格を取るのは大変だと気付いた人。

ネイリストになったけど、途中で寿司職人になりたくなった人。

そういう人は専門学校で勉強する。

様々な背景を持った、様々な年齢の人が学ぶ場になると素晴らしいですよね。

「大学に行くのが普通」はおかしい

昔は高卒が普通でした。せめて高校くらいは出よう、だった。

それが大学が増えたので、大学くらい出てなくちゃになってしまった。

昔なら高卒で就職していたような人も、無理して大学に行くようになった。

その結果どうなったか?

国民の教育費の負担が増えた。奨学金という借金を抱えるようになった。

全然ハッピーじゃないじゃないですか。

大学を減らせば高卒が普通になる

ムダに大学が多いから、行ってないと格好悪いみたいになる。

大学を減らして、大学に行くことが普通でないようにすべきです。

大学は頭が良くて勉強ができる人だけが行く、特別なところに戻すべきです。

勉強が苦手な人は、無理して大学に行かず高卒で働く。

それが格好悪いことではなく、ごくごく普通だった昔の日本に戻すべき。

大学が減れば企業は高卒を採用する

大卒じゃないと就職できない、はウソです。

かつてなら高卒で働いていた人が、今はFランクの大学に進学している。

だから、高卒ではなくFランク卒の学生を採用しているだけです。

4年間ズレただけで、採用している人間は変わっていない。

大卒が減れば採用する人間が足りなくなる。

放って置いても企業は高卒を採用するようになります。

学生のメリット

冒頭にFランク大学廃止は学生と国、双方にメリットがあると書きました。

まずは学生のメリットです。

学費を節約できる

入学金から学費、通学の交通費、その他もろもろ。

私立文系でも4年間で700万円はかかると言われます。

大学生の子供を持つ40~50歳代の家庭にとって大きいですよね。

この負担がなくなれば、老後の生活設計もかなり楽になる。

家族で旅行に行ったり外食したりもできる。

無理してFランクに通わせるより、よほどハッピーだと思うのです。

奨学金を背負わなくて済む

奨学金の返済300万円を抱えた、Fランク大学卒の男女が結婚したとします。

いきなり夫婦で負債総額600万円です。

しかも、夫はブラック企業の派遣社員で、妻はアパレルの販売員。

結婚と同時にお先真っ暗。明るい未来なんてまるで描けない。

360度どこから見ても不幸な若夫婦の誕生じゃないですか。

だったら、高卒で働いて借金ゼロの若夫婦のほうがはるかに明るい。

ラスト4年の収入アップ

これがけっこう大きい。

高卒で働くと、大卒よりも生涯で働く期間が4年長くなります。

すると、収入も4年分多くなります。

しかも、定年直前の収入が一番多い時期の4年分です。

高卒からどこまで年収をアップできるかは本人の努力次第ですが。

仮に定年直前で500万円だとすると、2,000万円の生涯賃金アップです。

定年時の資産が2,000万円増えるのは、むっちゃくちゃ大きいですよ。

国のメリット

次はFランク大学をなくすことによる日本国のメリットです。

教育予算の有効活用

Fランク大学に回していた予算を、まともな大学に回すことができます。

優秀な研究者の研究環境を充実させることができる。

本当に優秀な学生の学費を免除したり、海外に留学させたりもできる。

そうやって優秀な研究者や学生が成果を上げれば、日本の国が強く豊かになる。

それは回り回って国民一人ひとりの幸福につながります。

研究者のレベルアップ

大学が減ると研究者の就職先が減ります。

なんとか就職しよう、研究できる場を確保しよう。

研究者同士の競争が激烈になります。

その結果、研究者のレベルが上がり、日本国の研究レベルも上がる。

もちろん、競争に敗れて失業する研究者や教員も出るでしょう。

でも、資本主義は弱肉強食なのだから仕方ないことです。

若年労働力の供給

日本は人口減少で労働力不足に直面しています。

Fランク大学を廃止すれば、そこで学んでいる学生たちが労働市場に供給されます。

Fランク大学に進学している若者たちが、高校卒業とともに働くようになる。

労働力不足で苦しむ日本企業にとって、大きなメリットがあります。

多少なりとも移民の受け入れストップにもつながるでしょう。

国土の有効活用

東京、大阪、名古屋とその周辺には、数多くのFランク大学があります。

これらを廃止すると、大学キャンパスという土地が不要になる。

つまり、それだけの土地が新たに活用できるようになるということです。

広い大学だと、跡地を公園や保育園、商業施設を備えたマンションにするとか。

大都市圏の様々な問題解決につながります。

誰もが大学に行く社会はおかしい

僕は決してFランク大学の学生をディスっているのではありません。

勉強が苦手で嫌いなのに、無理して大学に行く必要はないと言っているだけです。

人間なんて誰しも向き不向きがあります。

そして勉強なんて人間が持つ数多くの能力の一つに過ぎません。

勉強に向いていないのならば、それ以外の能力でがんばれば良いだけのこと。

学力というたった一つの物差ししか認めない。

大学に行かなければ劣った人間だみたいなプレッシャーをかける。

そしてFランクでも良いから大学に行こうと思わせる。

そんな日本という社会が間違っていると思うのです。

Fランク大学廃止は国民の手で

しかし、国はその方向では絶対に動きません。

なぜならば、大学の数が減ると官僚の天下り先が減るからです。

政治家への献金の出処が減るからです。

だから、Fランク大学の廃止は国民が声を上げなければなりません。

そして、まず自分の子供をそういった大学に行かせない。

Fランクに行かせるくらいなら、高校を出て就職か専門学校に行かせる。

向いてないのに子供に無理に勉強をさせ、奨学金の返済を背負わせたりしない。

その決断を一人ひとりの親ができるかにかかっています。

シェアする

コメント

  1. Fラン卒でごめんなさい より:

    Fランク大学でも真面目に勉強して資格を所得したり、公務員試験に受かっている人はいる。アメリカなんかは日本より遥かに大学の数が多いぞ?

  2. 工場労働者 より:

    自分は一浪で法政の夜間にしか行けなかったのですが社会保険労務士や行政書士の資格を取得することが出来ました
    一概にfランは駄目だという事はないです

    • ジジイ ジジイ より:

      冒頭にちゃんと書いてあるとおり「一般論」です。一概にダメではなく例外がいることはもちろん承知してます。だから一般論と断っているわけです。
      それと、社労士や行政書士って大学に行かないと取れない資格でしたっけ?確か受験者の大半は社会人で、それゆえ十分な学習時間が取れないから合格率が低いって聞いた覚えがあります。(僕の勘違いだったら申し訳ない!)
      ただ、社労士+行政書士のダブル合格は容易ではありません。なので、それくらいの勉強を小学校、中学校からしっかり継続していたら、FランではなくMARCHクラスや地方国立大学は余裕で行けたと思います。そこは残念だったかな、と。

  3. エガちゃん より:

    特亜がー

  4. ビジネスマン より:

    Fランの存在は 数百万の授業料ビジネス。
    天下りも あるかな?

    学力少し無くても 本気で勉強したい人は
    受講生や夜間、放送大学だってある。

  5. Fラン卒 より:

    高校でもモノによるけど資格取ろうと思えばできる。
    アメリカの大学数が多いって、そりゃ人口と国の面積みれば当たり前やろ。
    世界的にみても優秀な大学が多いから留学生も集まるし。

    • ジジイ ジジイ より:

      大学の定義にもよりますが、日経新聞によると大学の数は、日本が800校、アメリカが2600校です。
      人口は日本が1億2千万、アメリカが3億3千万。
      人口が日本の2.5倍なのに対し、大学は3.2倍。
      確かにアメリカの方が人口あたりの大学の数は多いね。
      まぁ、いずれにしてもポイントは、学費を払うに値する大学なのか?
      国民が税金を投じるに値する大学なのか?
      要は費用対効果ですな。

  6. より:

    大学の方が良いって散々広告出してただろ。
    殆どの人がそれを信じて入学してるし、友情だって育んで、恋人作って仲間作ってる。

    家みたいな物だから国の都合で潰されたら困る。

    祖も祖親の代は中卒当たり前なんだから進学の相談してもまともな返答帰ってこなかったり志望校落ちて緊急事態の時に地方私大に流れる奴等全員高校時代遊び呆けてたと思うのか?

    大体が家計の事情で塾にも予備校にも行けなかった人達でそれでも勉強がしたいと思って入ってる。

    弱者の集りだろ、なんの苦労も知らないで親の金で恵まれた生活をしてきた奴等の都合で何故居場所を追われなければ成らないんですか?

    短期大学は大体地方私大に併設されてるし、短期大学も潰すんですか?

    地方私大なら付属高校・付属中学から付属幼稚園迄有る所も沢山あるけど、長年に渡って形作られた地縁やなんかも河合塾の勝手な格付けと犯罪者ひろゆきの2ちゃんねるで憂さ晴らしに明け暮れる容姿端麗に生まれなかった陰気な人達の作り出した風潮で四年間積み上げた学費と歳月を意味の無いものの様に扱われるのは心外だな。

    • ジジイ ジジイ より:

      申しわけない。おっしゃる趣旨がよく分からない。
      もうちょっと論理建てて論点をまとめて書いていただければ幸い。

  7. より:

    加計学園問題でわかったこと。
    Fランク大学は政治家や官僚による天下りと金儲けために造られるのであって、
    学生のために造られた訳ではない。
    この問題を契機に多すぎる私立大学を統廃合したほうがいいと思います。

    • ジジイ ジジイ より:

      加計については検察の捜査結果が出てないのでコメントは差し控えますが。
      大学の設立が政治家や役人の利権とつながっている。
      これは僕の中でもほぼ確信になってしまいました。
      こんな事やってて東アジアナンバーワンの先進国が聞いて呆れます。
      情けない限りですね。

  8. G撲滅 より:

    f欄大学も
    g欄高校も
    f欄学歴隠しの
    専門学校も必要ない。

  9. 地方Fラン出身 より:

    関東と関西の大都市圏にある偏差値50未満の大学はなくしてもいいと思う。
    地方のFランク大学は実家を出して貰えない学生の受け皿となっているので、ある程度残した方がいいと考えています。

    • ジジイ ジジイ より:

      なるほど、偏差値60あるけど実家を出してもらえない学生がの受け皿に、地方のFラン大学がなってるということですね。
      それだと確かになくすとマズイですね。
      ただその場合でも、定員を減らして50未満が入れなくするなどは必要だと思います。

  10. エガちゃん より:

    Fラン大学だけでなくFラン高校も潰すべき。

    • ジジイ ジジイ より:

      なるほど、確かにそうですね。
      そもそも、勉強苦手な子に無理して勉強させる必要ないと思うんですよ。
      寿司職人に弟子入りさせたらミシュラン三ツ星の職人になるかもしれないし。
      義務教育後の選択肢をもっと広げて良いような気がします。

  11. 女大嫌い より:

    無駄じゃないよ。
    男子の進学率を抜かすまで「女子は進学不利だあああああ」って被害妄想するバカ女を黙らせるためのハリボテとして、すっごく役に立ってるよ。Fラン文系は。

  12. 通りすがり より:

    Fランがいらないと言われても、東大の人間からすれば早慶すら価値はねーだろうな。
    結局、あなたの都合のいい部分で線引きをしたらFラン以下はいらないという主張になるだけ。どこからが価値がない、価値があるなんて議論はただの感想にしかならないので、全く無意味だと思います。私はMARCH卒ですが、私からすれば日東駒専以下は価値を見出せません。大学は勉強する場所とか言っているけど、大学の勉強なんて文系はネットで事足りるから、勉強する場所なんて考えてる時点でもう・・・って感じだけど。

    • ジジイ ジジイ より:

      そうかな?僕は旧帝卒だけどMARCHは無価値だとは思わない。
      少なくとも偏差値60以上は大学の価値はあると思う。

      ただ、大学の存在価値が揺らいでいるのは確かでしょうね。
      経団連が就活ルールを廃止したことに顕著に現れています。
      少なくとも採用側は大学で学ぶ4年間に価値を見出していない。そのうち学生も学費に見合う価値がないことに気付きかねない。
      そうなると大学2年生に内定を出す企業、それに応じて中退して就職する学生が出てくるような気がしています。
      大学はホント正念場やね。それに気付いている大学人がどれくらいいるだろうか?

      なお、大学の勉強はネットでは事足りません。
      これは自分で特定の分野を深く調べてみればすぐに分かること。
      例えば、北海道美瑛町と沖縄県中城村の方言の共通性をネットで調べることはできるか?できないよね。
      ネットで知ることができるのはネット上にある情報だけです。
      世にある情報の大半はまだネットにアップされていない。自分で調べてみたら分かるよ。
      方言の例は極端だけど、大学の研究者や文献の中にあるだけで、ネットには上がっていない情報、知見はいくらでもある。
      また、ネットで知識を得ることはできても、考え方や知識の使い方を学ぶことはできない。
      その役割を今の大学教育が担えているかは疑問の余地が残るけど。

  13. とおりすがり より:

    ジジイさん、こんにちは。

    私も大学に皆がいくのは如何なものかと考えています。

    が、研究者のレベルアップについては疑問があります。

    研究に資本主義を持ち込むと、結果を活用できなさそうな研究にはお金が出ないという傾向になりそうです。長期的に見ると、研究費獲得のための論文の不正や儲けられそうな研究に偏るといったデメリットに繋がるように思いますが、いかがでしょうか。

    • ジジイ ジジイ より:

      こんにちは~
      おっしゃることの趣旨には完全に同意です。
      先日のノーベル賞を取られた京都大学の先生の基礎研究の部分とか、人文系の分野はなかなか容易には結果、成果が出ない。
      そういった部分の悪影響が懸念されることはおっしゃる通りです。

      ただ、僕の大学時代の担当教授もそうでしたが、国家予算で趣味をやっているような研究者がいることも事実です。
      また、税金を使って研究している以上、納税者の期待に応えよう、成果をあげようというプレッシャーは感じて然るべきで、そういった良い意味での緊張感を持てない研究者は排除されるべきです。
      その意味で、何らかのプレッシャーを与える仕組みなりは必要です。
      研究者たちが好き勝手に予算を要求し、それが満たされるようであってはならないと思います。

      ですからそこはやはりバランスではないでしょうか。
      研究者たちの意欲と能力を尊重しつつ、そうではない研究者はスポイルする。
      その舵取りを文科省が取るべきなのですが、バカ息子を裏口入学させているようでは期待薄なのかもしれません。

      別角度からの良いご指摘、ありがとうございました!

  14. ジジイ ジジイ より:

    コメントを書き込んだベンジャナントカさん。
    人様のブログのコメント欄を自分のサイトの宣伝に利用するんじゃねぇよ。
    自力でやりなさい。

  15. 勘違いより より:

    私も同感です。訳の分からない大学が多過ぎます。何故親は自分の子供の学力の程度が解からないのでしょう?
    高卒・大卒関係なく家庭の事情・本人の考え方の相違、色々あると思います。低学歴の大学生は偏差値の高い高校を卒業している人には敵いません。
    国も一定レベルの大学以外は増やすべきではないのです。勉強嫌いの子供は他の能力を生かすべく道に進むべきです。多種多様な人種がいてよいのですから、勉強嫌いの子供が低レベルの大学を卒業しても本当に役に立たないし、知識もない。更に国家資格、検定資格も取れないのだから。
    頭の良い人は高卒・大卒関係なく難なく資格試験をパスします。
    少子化なのでこれを機会に精査するべきです。潰れている大学もある事ですから、国がしっかりした考えを持って有能な人材育成をするべきです。

    • ジジイ ジジイ より:

      まったくもっておっしゃる通り。隅から隅までズズズぃ~っと同意です。
      だいたい、高偏差値の大学に入る能力だけが能力という価値観が間違ってるんですよ。
      下手な東大卒より大谷くんの方がはるかに稼ぐ。
      学力なんて人間が持つ数多くの能力の内の一つに過ぎないのに、なぜ皆それを目指すのか?

      しかも時代や技術その他もろもろが大きく変わっていきますから。
      大した知識も技術もない文系学部卒より、プログラムを書いたりアプリを作ったりできる人材のほうが市場価値が上がるかもしれない。
      誰でも大学ってのは本人のためにもならないし、国の政策としても今後の世界では通用しなくなると思います。

  16. 春道 より:

    仰る通りですね。
    ひたむきに努力して入れる大学にこそ価値があり、大した努力もせずに楽して入れるFラン大学なんぞ1ミリも価値はありません。大学の理想のあり方として戦前のような少数精鋭のエリート教育機関に戻るべきだと私は考えています。

    • ジジイ ジジイ より:

      僕の考え方は若干違います。
      人それぞれ適正があって、誰もがみな大学を目指すのはおかしいというのが根本です。

      例えば、偏差値75で頭脳超優秀だけど、スーパー味覚音痴の山中くん。
      彼が必死にひたむきに努力して辻調理師専門学校に入学しても、調理師として成功するのは難しいですよね。
      ひたむきにではなく鼻歌歌いながら適当に勉強して、楽勝で東大に入った方が未来は明るい。
      その方が日本の文教予算は有効に使われるし、彼にとっても辻調にとってもハッピーです。

      僕がこの記事で主張しているのは、勉強しないFラン大学生への批判ではありません。
      (もちろん、それについては批判的な考えですが。)
      そうではなく、誰もが大学、学力が唯一の判断尺度という現在の日本への批判です。
      ですので、大学が少数精鋭のエリート教育機関たるべきというご意見には賛成です。
      しかし同時に、辻調が少数精鋭のエリート調理師育成機関として、東大と同列に評価される。
      そうでなければ意味がないと思っています。

  17. エガちゃん より:

    次の世代の子供達の大学進学率は下がります。SOURCEはなにもありませんが…
    ①次の親世代が大学にそもそも無理をしていかせる意味がないことを知っている
    ②世間体を気にしたり見栄を張ることが少なくなっている(冠婚葬祭等にも現れるように)
    ③そもそも大学に行かせるお金がない
    私はアラサー世代ですが大学進学率は50%位だったでしょうか?その世代の人間は大概の大学なんて遊ぶところで意味なんてない(特に文系)と考えていますからご心配なく。生き方を親がしっかりと教えてあげなければいけない時代ではないかと思います。

    それはさておきどれだけお偉い方だったのかは存じ上げませんが、こちらの記事を拝見して不快になりました。旧優性保護法に似た昭和の価値観。所々散りばめられた古い考え。胸くそ悪いです。

    • ジジイ ジジイ より:

      何が不快なんだかよく分からんけど。
      昭和ってだけで古くて悪いって考え方がそもそもおかしい。
      明治や大正で正しいこともあるし、平成で間違っていることもある。
      優生保護法的で胸糞悪いって、なにか劣等感でも抱えてるんじゃない?
      勝手に読んで勝手に不愉快になって、それをわざわざ書き込む。お暇ですな。

  18. エガちゃん より:

    俺の会社だとFランは高卒扱いだぞ。
    アホなのに全員大学卒の扱いだと会社経営できなくなるだろ

    • ジジイ ジジイ より:

      経営者としてはそうするよな。
      彼らは高校卒業してあんたの会社に入るべきだったんだよ。
      そうすりゃ4年の時間と大学の学費を節約できた。
      しかも、勤続年数が4年増える。定年前の一番年収が高い4年だから、生涯年収が最低でも2千万円は増えるだろ。
      大学の学費とか交通費諸々合わせたら3千万円は違ってくる。
      定年退職後の預金残高が3千万円違うのは大きいよね。

      もちろん、その4年間が3千万円に値するものであればOKだろうけど。
      もしそうでないならば、さすがにお気の毒と思うわけさ。
      本人たちが選択したことではあるんだけど。
      誰もが大学に行って当然みたいな風潮の犠牲者と言うか。

  19. 通りすがり より:

    私もあなたの意見に同感です。大学なんてその分野の勉強がしたい人間が行けば良いのに、大して勉強が好きじゃなく、出来る訳でも無く、その分野に興味が無い人間が大学に行った所で本人は時間の無駄だし、勉強をしたい人には邪魔でしかありません。おまけに莫大なお金がかかり、それを払うのは親で、奨学金を貰えば未来の自分です。
    「大学に行くのは当たり前」。こんな風潮は少し考えれば間違ってると分かるし、勉強をしたくない人、国にはデメリットしかありません。
    なのに、このような風潮があり、時間、お金を無駄にする人が多いです。そんな時間やお金があるなら働いたり、自分を磨くなりすれば良いのに。

    • ジジイ ジジイ より:

      「大学に行くのは当たり前」←そうそう。これがおかしいんですよ。
      いかにおかしいかって、別のものに置き換えればすぐに分かる。

      例えば「サッカー教室にいくのは当たり前」となったらどうなるか?
      サッカーが苦手な子にとっては時間の無駄だし、そんな子はサッカーが上手い子にとっては邪魔な存在でしかない。
      しかも教室代が毎月かかって親はそれを払うためにパートを増やすみたいな。

      大学というたった一つのものを示し、それを当たり前とする。
      そして、良い大学に行くことに価値を見出し、そうでないものを蔑む。
      こんなナンセンスな話はないんですよ。

      勉強が得意な子は東大に行けば良い。
      サッカーが得意な子はJリーグに行けば良い。
      それぞれ自分に最適であり、価値として認められる。
      東大に行った子はサッカーができないと馬鹿にされるわけでなく。
      Jリーグに行った子も勉強ができないと馬鹿にされることもない。

      当たり前のことだと思うんだけどね。
      学力にしか価値を見出さない。
      バカなんじゃないだろうか、この国民は、と心底思います。

  20. 某早慶在学中 より:

    Fラン私大廃止をせずとも、偏差値50未満の私立大学の助成金全額カットなどを実施すれば自ずと淘汰されていくと思う。需要があれば残るしなければ潰れる。
    そのカットした助成金で国立大学全額無償化や勉学の才能があり、励みたいがお金がなくて大学に来ることができない人に返済不要の奨学金を渡すことができる。
    また、大学生のレベルも上がるので、そこから出る教員のレベルも上がり(Fランから出る教師がいなくなる)小中高の教育のレベルが上がることも期待できる。これにより、お金がない子供が塾に通わずとも大学に来ることができるほどの授業が展開できれば良いと考える。

    • ジジイ ジジイ より:

      うん。それは助成金カットという手段を使った間接的な廃止政策とも言えるよね。
      それはさておき、Fランから出る教師がいなくなるってのは目からウロコですな。そんな教師ホントにいるの?
      勉強嫌いだった人が勉強教えるって悪い冗談だ。

      なお、大学全面無償化は絶対反対です。
      法が定める通り義務教育より先の教育を受けさせるのは親の責任です。
      それを無償化するということは、親の責任と子の権利を国、それはつまり国民が代わりに負担する、ということです。

      自分の財布から税金を出して代わりに負担してあげるからには、負担する国民にとってメリットがなければなりません。
      はっきり言うと投資効果ね。
      いくら頭が良くても、ビックリマンチョコの研究者になりたい!って言う、東大文学部社会学科の学生の学費を、キミは負担したいかい?笑

      無償化や奨学金の財源は我々が稼いだ給料の中から支払う税金ですから。
      受け取る相手を選別せずに無条件で支給する、つまり、死に金になる可能性など僕は受け入れられません。
      国家と国民のためになることが期待される学生に限って支給すべきです。

  21. 黒いプーさん より:

    ビザ(潜入)対策じゃね?就学なら簡単におりるし、在籍すれば以降のビザ(就業など)の取得も容易になり、日本人と結婚すれば中国系日本人が増える。経済浸透の一環

  22. ぱたーやん より:

    まず、「大学に行くのが普通」私もこれはおかしいと思います。
    大学はある分野を更に学びたい、その分野の研究をしたい、発展させていきたいと思う人が行くべきところだと思います。そういった人たちがしっかり集まれば国が発展し豊かになり、結果的に国民への負担が軽減されていく(かもしれない)と思います。
    そして学問に対する興味以外の何かがあるならばそれを「しっかり」伸ばし、努力し職に繋げていくことも同様に経済発展上重要であると考えています。

    また、私の友人にはいわゆるFラン大学出身者が数人いますが学生時代の話を聞くと、国語算数ができない人が多かった、講義中は動物園のように騒がしかった、そもそもほとんど通っていなかったが何故か卒業できたと言うような話がよく出ます(私の周りだけかもしれませんが)。
    そのような大学に4年間(友人は4年より長かった…)通うのは無駄が多いと感じますし、そもそもそういった大学を減らせば進路選びの効率が良くなるのではないかと思います。

    • ジジイ ジジイ より:

      おっしゃる通りです。
      大学は選択肢の一つに過ぎず、万人にとってベストの選択肢でもありません。
      マグロの養殖を研究するために大学に行く人もいれば、マグロ漁師になるために水産系の高校に行く人もいるし、マグロの味に魅せられて寿司職人に弟子入りする人もいる。
      すべてが正解です。

      それなのにみんな大学って。
      ある意味、Fランの学生ってそういう日本の風潮の犠牲者なんじゃないか。
      最近そう思いつつあります。

  23. エガちゃん より:

    とっても説得力のある記事だと思う。つーか仰る通り。

  24. エガちゃん より:

    全く同感で頷きながら拝読しました。
    常々自分が考えていたこととほとんど同じです。

    自分は幼児二人を持つ親ですが
    もし彼らに学の才無く、勉強が好きでないようならば無理してFラン大には行かせる気は全くありません。
    おっしゃる通り、低ランク大を出ても、高卒と就職先や扱いがそこまで変わる気がしませんし
    4年の間の稼ぎが減るだけだと思います。

    名前を書けば入れるような低レベルの大学に行き、無為に過ごすために多額の学費を出すのも正直御断り、死に金だと思ってしまいます。

    高卒で働くか、好きで学びたい事があるのなら専門学校に行ってもらいます。
    子供がもののわかる年齢になったら、はっきりそう宣言するつもりです。
    低ランク大が減れば親の学費負担も相当軽減されるので、少子化対策にもなるんじゃないかと思います。

    • ジジイ ジジイ より:

      おっしゃる通りですね。
      そういう選択をする親がもっと増えればと思います。

      繰り返し書いていることですが、大学なんて選択肢の一つに過ぎない。
      なぜならば、人の能力は多種多様であるからです。
      数学が得意な子もいれば、指先が器用な子もいれば、動画を作る才能がある子もいる。
      それぞれの能力に合わせ、大学の理学部に進むも良し、江戸切子の職人に弟子入りするも良し、代々木アニメーション学院で学んで年収5億円のYouTuberになるも良し。
      多種多様な能力に応じた、多種多様な進路があって当然だと思うのです。

      なのになぜ大学が唯一の選択肢となり、Fランでも大学ならばOKとなるのか?
      ご子息が自身の好きなこと、得意なことを見つけ、それに合った選択肢に進むことを祈ります。

  25. コータロー より:

    ベルより
    金が無くて定時4年、専門夜間2校4年卒で72年生きれた。勉強夜やるもの学生だったが、勉強やる気があれば面白いよ。やる気がないのになんで大学行くのかね、働けよそして自分の金でやりたい勉強してみな。もったいなくて遊べないよ。

    • ジジイ ジジイ より:

      えーっとね、ジイ様よ。
      ここは僕のブログであってね、ジイ様のブログでもなければ、公共の掲示板でもないのさ。
      コメ欄はブログ主と交流する場所であって、ジイ様が自分の主義主張を開陳する場所じゃない。
      そこは分かって欲しいな。
      百歩譲って主張を開陳したいのならば、

      ご説ごもっともです。
      小生、経済的事情で定時4年、専門夜間4年で学び、おかげさまで齢72年を重ねることができました。
      環境こそ恵まれませんでしたが、学ぶ喜びを知る機会に恵まれたことは、振り返れば望外の喜びです。
      その自らの経験から申し上げれば、なぜ学ぶ気もないのに大学に進むのか?
      自らの稼ぎで学門に進めば、遊ぶ時間がもったいないと感じるほど学ぶことができるのに。
      老害のそしりを受けるやもしれませんが、若い方々に学ぶ喜びを知っていただければと思う次第です。
      長々と失礼しました。

      みたいに、ブログ主とやり取りをしている体裁だけでも整えませんか。
      72年も生きてきたら、それくらいの知恵は回るでしょう?

      学ぶことがお好きでいらっしゃると拝察します。
      ぜひ、これからブログの流儀、作法を学び、ネット空間でスマートに振る舞えるダンディな喜寿を迎えられんことを期待します。

  26. マオっち より:

    自分もFランク大学いや、平均以下の大学はいらないと思います。60%がFランク大学らしいので半分どころか70~80%の大学はいらないでしょうね。むしろF~Eランク高校もなくしていいと思います。個人的には中卒で働く人がもっといてもいいと思います。
    あと、日本にも飛び級制度設けた方がいいと思います。そうすることにより、優秀な者のモチベーションも上がるし早いうちから大学行けるし、レベルの高い職にも就けると思います。
    余談ですが市川大野に知的障害者を支援する高校があります。そこでは、園芸技術科、工業技術科、生活デザイン科、流通サービス科の4つに職業学科が分かれていて、5教科以外にも仕事の実技を学んだり、職場に行って実際に労働の体験をしたりもしてます。見た感じではそこらへんのFランク高校、大学よりまともな感じはします。
    個人的にFランク大学出たのはいいけど働く気がない人よりは、知的障害でも実技を学んで仕事してる人の方がしっかりしてると思います。

    • ジジイ ジジイ より:

      中卒で働く、良いですね。市川の高校も。

      同じようなこと繰り返し書いてるけど。
      誰もが高校→大学→ホワイトカラーって、もうそういう時代じゃなくなると思う。
      Fラン出て働く気がなくても、実はe-Sportsではトップ選手になれるかもしれない。
      下手なエリートサラリーマンの何十倍も稼げるし、影響力は数百万倍。

      ・中卒→寿司職人に弟子入り→独立
      ・中卒→調理師専門学校→寿司職人
      ・中卒→水産高校→寿司職人に弟子入り→独立
      ・中卒→高卒→大学経営学部→寿司専門学校→寿司職人
      ・中卒→寿司職人に弟子入り→独立→休業→大学経営学部→営業再開

      もうね、ほんと。
      誰もが高校、大学ってのは本人にとっても不幸だし。
      大企業のサラリーマンがエリートって、もうすぐそんな認識過去のものになる。
      Fランだけの問題ではなく社会全体の構造ってのかな。
      早く手を付けた方が良く思います。

  27. 仙人 より:

    個人の見解としては色々と論理立てていますが、違う見方を
    する人達はそれなりにFランの必要性と意義を主張できますので、
    なかなか減っては行かないのでしょうね・・・。
    時間とお金を考えると、考えさせられますね!

    • ジジイ ジジイ より:

      まさにおっしゃる通りです。
      データや事実は味方や切り口を変えることで様々な結論につながります。
      僕の見解は僕個人の見解にすぎず、他にいくらでも見解はあるでしょう。

      Fラン大学にしても、知識の最低ラインを引き上げられるとか。
      廃止して生まれる大量の失職教員をどうするんだとか。
      存続論、廃止反対論はいくらでも出るでしょうね。

      なので難しい問題ではあるのですが。
      まずは一人ひとりがこの問題を考え、自分なりの見解を持つことが大切だと思います。
      その1億2千個の見解を集約して結論を導き出すのが民主主義です。

  28. 通勤中 より:

    全くの同意見です。
    特にお金の面では少子化に繋がっていると思います。
    保険のプランナーでは良く言いますが、高校までにお金についての教育をすべきです。

    そのあたりも知らないままみんな行くから大学に行くっていい人が多すぎます。
    結局大学出て奨学金の返済に明け暮れて、いざ子供が欲しくなったとしても大学の費用も計算に入れたらとてもじゃないけど経済的に産めないわけです。

    しかも大学の職員とかってすごいお金もらってるんですよね。(友人が働いているので)

    例外はあるかもしれませんが、それを含めて無駄な大学は無くす方が日本のためにも良いと思います。
    どちらかというと専門学校は賛成派です。

    • ジジイ ジジイ より:

      なるほど。
      奨学金抱えて社会人になって、さらに子供を作って子供の大学の学費まで抱える。
      そう考えると確かに子供を作る気になれませんよね。
      言われてみればその通りだ。

      お金の教育、本当に大切ですよ。
      老後までに2千万円で大問題になってますが。
      ちゃんとお金の勉強をしておけば、国に言われなくても老後の準備はしますもんね。