ソーシャルレンディングの投資状況を公開します!2018年8月末時点

ソーシャルレンディングを始めて3ヶ月が経ちました。

投資初心者ピヨピヨくんの実績はどうだったのか?

8月末時点での投資状況を公開します!

新たに投資した案件

8月は6つの案件に投資しました。

SBIソーシャルレンディング

不動産バイヤーズローン25号

  • 運用期間:12ヶ月
  • 利回り:6.5%
  • 投資額:400,000円
  • 税引前利益:26,000円

不動産担保ローンPlus19号

  • 運用期間:12ヶ月
  • 利回り:6.5%
  • 投資額:600,000円
  • 税引前利益:39,000円

SBIは不動産系の2本に合計100万円です。分配の遅延が起きた直後なので、逆に安全度は高まると判断しました。

担保の処分も進んでいるようで、さすがSBIという感じです。

TATERU Funding

第46号 埼玉県川口市案件

  • 運用期間:4ヶ月
  • 利回り:4.5%
  • 投資額:1,000,000円
  • 税引前利益:15,000円

投資成功した直後は、よっしゃ!とガッツポーズしたのですが、今となってはトホホですね~

ってかさ、預金残高23万円でアパート買おうとする50代会社員って、何考えてるんでしょうね?笑

LCレンディング

LCギャランティファンド427号

  • 運用期間:6ヶ月
  • 利回り:5.75%
  • 投資額:150,000円
  • 税引前利益:4,617円

LCギャランティファンド428号

  • 運用期間:6ヶ月
  • 利回り:5.75%
  • 投資額:150,000円
  • 税引前利益:4,616円

SBIで遅延が起き、TATERUが不祥事を起こす中、安定のLCGFです。

と言いつつ、今度はLCが問題起こしたりしないよね?と、不安でドキドキですw

クラウドバンク

太陽光発電ファンド第363号

  • 運用期間:3ヶ月
  • 利回り:6.8%
  • 投資額:300,000円
  • 税引前利益:5,100円

リンク先で詳しく書いておりますが、担保として成り立つのか微妙で最後まで迷った案件です。

運用期間3ヶ月のものにしましたので、なんとか大丈夫だろうと思っています。

総投資額

以上をまとめると、今月の総投資は以下の通りです。(最下段の利回りと運用期間は単純平均、投資額、税引前収益は合計)

業者タイプ利回り運用期間投資額税前収益
SBI不動産6.5%12ヶ月40万円26,000円
不動産6.5%12ヶ月60万円39,000円
TATERU不動産4.5%4ヶ月100万円15,000円
LC社債5.75%6ヶ月15万円4,617円
社債5.75%6ヶ月15万円4,616円
クラバン太陽光6.8%3ヶ月30万円5,100円
平均/合計6.0%7.2ヶ月260万円94,333円

1案件あたりの投資額が大きくなりすぎていますよね。

もうちょっと少額にしたいのですが、良い案件が少ない&競争率が高く、どうしても単一案件にドカッとになってしまっています。

9月はこの点を改善したいです。

現在の投資状況

主な項目について分析します。

業者別投資額

8月末時点でのソーシャルレンディング事業者別の運用中投資額は以下の通りです。

事業者名投資額
SBIソーシャルレンディング150万円
TATERU Funding100万円
LCレンディング150万円
OwnersBook15万円
Renosy0万円
クラウドバンク150万円
Pocket Funding20万円
maneo70万円
合計655万円

Renosyは競争率12倍の壁に見事に玉砕しました。

第2号案件にも応募しており、来週月曜日に結果が出る予定です。クジ運が絶望的に悪いので期待していませんが。(と言いつつ、メッチャ期待してますw)

maneoは今後は投資せず、最終的にゼロにします。

上場系4社で6割、大手のクラウドバンクを加えると8割超です。良い感じになってきました。

あとは僕のイチオシのOwnersBookですね。投資したくてしょうがないのですが、短期案件がなくて見送りが続いています。

OwnersBookさん、せめて1年以内の案件出してください。速攻で投資しますから!

運用期間

運用期間投資額
5ヶ月以下259万円
6~10ヶ月231万円
11ヶ月以上165万円

運用期間は平均で6.9ヶ月です。7月と変わっていません。

10ヶ月以内で75%です。1年を超えているのはOwnersBookの15万円だけ。

かねてから申し上げてます通り、僕は短期運用至上主義です。今後も短期中心でやっていきます。

ソーシャルレンディングは資金を寝かしてでも運用期間を短くすべき
グリーンインフラレンディングの被害の可能性が出る中、ソーシャルレンディングで怖いのが資金を引き出せないことです。運用期間は長期の方が資金が寝ないので有利との意見もありますが、資金を寝かせてでも短期運用にすべき理由があります。

利回り

利回り投資額
5%未満100万円
5%台165万円
6%台366万円
7%以上24万円

利回りは単純平均で6.21%です。先月が6.28%だったので、ほぼ同じペースで投資できています。

半分以上が6%を超えているので、僕としてはこれで十分です。

ただ、TATERU FundingやRenosyが増えると、5%未満が増えることになります。

それを5%台のLCレンディングと6%台のクラウドバンクでいかにカバーするかがポイントです。

タイプ別

不動産とか再エネとかタイプでの分類です。

タイプ投資額
不動産355万円
LCGF150万円
再エネ135万円
その他15万円

不動産には不動産を担保にする案件すべてを含みます。また、LCGFはLCホールディングスが連帯保証する案件(社債みたいなもの)です。

再エネ系の比率が先月より少し下がりました。予定通りですが15%くらいまで早期に下げたいところです。担保が弱いので。

逆に不動産が半分を超えてしまったのですが、上場系はどこも不動産メインなのでしょうがないかな。

TATERUの状況次第ではLCGFを増やすかも知れません。

分配金

さぁ、お楽しみ、今月ゲットした分配金です!

事業者名分配額
SBIソーシャルレンディング0円
TATERU Funding0円
LCレンディング2,361円
OwnersBook0円
Renosy0円
クラウドバンク2,752円
Pocket Funding553円
maneo3,393円
今月合計9,059円
今月までの累計9,269円

7月は210円でした。あまりにもキュートだったので発表しませんでした。笑

福沢諭吉にあと一歩届きませんでしたが、僕的には十二分の上出来です。

だって、去年の8月は銀行預金で利息数円でしたから。それに比べれば大成長ですよ。今さらながら、去年の自分が嘆かわしいです。

銀行に預けているみなさん、早く脱出しましょう。

低金利の銀行預金をソーシャルレンディングに移して資産を増やそう!
今の銀行は金利が低すぎ。銀行に預けていると、お金が増えないどころか減っていきます。僕は意を決して投資を始めました。技能に預けるとお金が減る理由、なぜソーシャルレンディングがオススメなのか?リスクも含めて分かりやすく説明します。

投資信託

僕はソーシャルレンディング以外に投資信託を2つやっています。

一つは積極的に利益を狙うアクティブファンドで人気No.1のひふみ投信です。

もう一つは比較的マイルドに手堅い利回りを狙い、IT技術を使った投信積立(ロボアドバイザー)を行うウェルスナビです。

アクティブ投信とロボアドではこの2つが一番オススメだと思います。

さて、今月末時点での実績は?

累計投資額評価額損益
ひふみ投信133,332円136,590円3,258円
ウェルスナビ120,000円121,491円1,491円
合計253,332円258,081円4,749円

率にすると2%足らずですが、投資信託は長期で見るものですので。

僕もこの2つは10年後に2倍になればラッキーくらいのつもりでやっていますので、短期の値動きは気にしていません。

当選発表10年後の宝くじを買ったつもりで放置プレーに徹します。

今月のまとめ

TATERU Fundingは想定外でしたが、それ以外は悪くない感じです。上場系、大手系の業者で低利回り、短期案件という、自分の方針通りで投資できています。

問題はTATERUですね。投資中の案件を解約するかはしばらく様子を見ますが、9月の新規投資はさすがに怖いです。

その分をLCレンディングクラウドバンクで埋めきれるかと言うと厳しい。

となるとやっぱりOwnersBookです。僕の中ではガチの主力投資先で、本当ならば8月末で投資額が100万円を超えている予定でした。

投資初心者にOwnersBookをオススメする11の理由と4つのデメリット
オーナーズブックは投資初心者に最適のソーシャルレンディング業者の一つです。オススメする11の理由と4つのデメリットを紹介します。上場企業の不動産のプロ集団が運営するOwnersBook。強さの秘密は担保です。しかしそれが同時に弱点を生み出しています。

長期案件ばかりで投資を見送っているのですが、TATERUの代わりにOwnersBookの短期案件が出てくれることを願うばかりです。

ということで9月も今まで通り、安全第一、元本回収至上主義で、投資を進めていきます!

コメント

  1. ぽんず より:

    TATERUの件、僕も8月に初めて投資出来たので、がっかりですね。
    一応、融資は実行されなかったようですが。
    今回の個人の方だけの問題だったら良いのですが、ただ、やはりこれはTATERUだけの問題(TATERU社の個人の問題)ではなく、TATERU社の問題でもあり、業界全体の問題のような気がしています。
    もちろん誠実に業務を行っている方、会社もあるのでしょうし、TATERU Fundingの年内の案件に関しては大丈夫な気がしますが、これは逃げるが勝ちかな、と思っています。
    いくらTATERUが30%の劣後出資しているとしても、このようなことをやっている人がいる会社を信用してお金を預けるのは、、、TATERUを信用して1回の投資額が他のSLと比べて大きいですし。
    maneoでの件でも信用できなくなりmaneoへの投資は回避しているぐらいなので、同じように考えればこれは一旦逃げの方が良い気がしてます。

    • タロウタロウ より:

      TATERUは8月下旬の46号川口市案件で100万円投資済みです。
      出口の買い手はタテアパの会員で決まってるでしょうし、仮にそれがキャンセルになってもTATERUが自分で買うと思います。
      なので、投資分はそのままでいくつもりです。

      ただ、次はないかな?
      案件分析していて、土地や家賃の割高感を感じたんですよね。
      前回の新高島平もそうだけど、駅から遠くて近くに商店がなくて近隣の相場より土地代も家賃も高くて、自分だったら住まないし買わないって案件がね。
      TATERUの案件分析は3回10物件くらいだけやったけど、そういう案件が多かったんですよ。
      なのでちょっとどうかなぁ?と。そう思いながら投資してるんだから、欲にまみれてみっともない限りなんですが。苦笑