ソシャレン、クラファン各社の入金順序と出金手数料負担者の一覧表

先入金で出金手数料が投資家負担の業者はキツイ

ソーシャルレンディング、不動産投資型クラウドファンディングをしている投資家の共通認識だと思います。

では、

  • どの業者が先入金で
  • どの業者が出金投資家負担で
  • 実際にどのくらいキツイ

のでしょうか?

事実に基づいて正確に認識できていない投資家もいると思います。

そこで、ソシャレン、不動産クラファン全業者について調べてみました。

タロウさん
タロウさん

本当にキツイのは4社です!

入金順序と出金手数料負担者の一覧表

入金する順序と誰が出金手数料を負担するかを全業者について調べました。

 

資金効率に影響がある

その前に、なぜ「先入金+出金投資家負担」がキツイのか説明を。

先入金では業者の口座にお金が残る

先入金とは「投資する前に業者の口座にお金を入金する」ことです。

この場合、次のようなことが起こり得ます。

  1. 業者の口座に20万円を入金した
  2. クリック合戦で負けて投資できなかった
  3. 業者の口座に20万円が残る
左野くん
左野くん

引き出せば良いじゃん?

出金投資家負担だと資金効率が落ちる

おっしゃる通りで引き出せば済む話です。

でも、出金手数料が投資家負担だと、

  • 20万円を入金した際の振込手数料
  • 20万円を引き出す際の振込手数料

往復2回の振込手数料が発生し、コスト増で資金効率が落ちます。

かといって、そのまま業者の口座で寝かしておいても資金効率が落ちますよね。

「先入金+出金投資家負担」は資金効率が落ちる点で投資家にとって不利なのです。

タロウさん
タロウさん

悩ましいデス…

 

ソーシャルレンディング業者の一覧

では、各業者は投資家にとって不利な状況なのか?

全社について一覧表にまとめました。

表示の意味は以下の通りです。

  • 入金:入金するタイミング
    • 先:事前に入金
    • あと:投資確定後に入金
  • 出金:出金手数料の負担者
    • 投資家:投資家が負担
    • 業者:業者が負担

それでは、ソーシャルレンディング業者から見ていきましょう。

業者名入金出金
Wealth Concierge投資家
AGクラウドファンディングあと投資家
SBIソーシャルレンディングあと業者
OwnersBook投資家
CAMPFIRE Owners投資家
COOL業者
クラウドクレジット投資家
クラウドバンク業者
SAMURAI FUND投資家
CRE Funding投資家
J.LENDINGあと業者
シノケンオーナーズファンディング投資家
高島屋ソーシャルレンディング投資家
DL FUNDING投資家
Nextshift Fundあと業者
バンカーズあと業者
bitREALTY業者
Funvestあと業者
Fundsあと業者
FUELオンラインファンド投資家
Pocket Funding投資家
LENDEX業者

 

不動産クラファン業者の一覧

続いて不動産クラファン業者の一覧です。

業者名入金出金
i-Bondあと業者
ASSECLIあと業者
iRDあと業者
A fundingあと業者
エードMYバンクあと業者
X-Crowdあと業者
えんfundingあと投資家
大家どっとこむあと投資家
ONIGIRI Fundingあと業者
Good Com Fundあと不明
CROWD BUILDSあと投資家
CREAL投資家
Globalbank Fundingあと投資家
GATES FUNDINGあと業者
ゴコウファンドあと投資家
ジョイントアルファあと業者
SECOND LIFEあと業者
Daimlar Fundあと業者
タスキFundsあと不明
ちょこっと不動産あと投資家
Chotto.Fundあと不明
TSON FUNDINGあと業者
TECROWDあと投資家
TOMOTAQUあと不明
TREC FUNDINGあと投資家
72CROWD.あと業者
信長ファンディングあと業者
PARTNERS Fundingあと不明
BATSUNAGUあと投資家
ハロー!RENOVATIONあと投資家
victory fundあと業者
B-Denあと投資家
FANTAS fundingあと業者
FUNDROPあと投資家
プレファンあと業者
property+業者
ぽちぽちFUNDINGあと業者
Mr.FUNDMAKERあと投資家
みんなで資産運用投資家
みんなdeマンション経営あと業者
みんなの年金投資家
LANDNET Fundingあと業者
RENOSYあと業者
利回りくんあと業者
利回り不動産あと投資家
Rimpleあと業者
わかちあいファンド投資家
タロウさん
タロウさん

ここからが本題です!

 

「先入金+出金投資家負担」は15社

我々投資家にとって不利な

  • 事前に入金
  • 出金手数料が投資家負担

2つの条件が揃っている「先入金+出金投資家負担」の業者は以下の15社です。

右田さん
右田さん

この15社はやめたほうが良いの?

一概には言えません。

「先入金+出金投資家負担」でも実質的な負担がゼロまたは軽微な業者が多いからです。

次の章で詳しく見ていきます。

タロウさん
タロウさん

深刻なのは4社だけです!

投資家の負担が大きく不利なのは4社

「先入金+出金投資家負担」で本当に負担が大きくなるかは提携銀行によって決まります。

 

提携銀行によって投資家の負担が変わる

「先入金+出金投資家負担」であっても、銀行によっては投資家の負担がゼロになる場合があります。

出金元となる業者の銀行(以下、提携銀行)と出金先となる投資家の銀行が同じであれば振込手数料が無料または安くなるからです。

つまり、投資家の負担は業者の提携銀行によって変わります。

以下、提携銀行ごとに投資家の負担がどうなるかを見ていきましょう。

 

GMO提携業者は投資家の負担ゼロ

「先入金+出金投資家負担」で提携銀行がGMOあおぞらネット銀行の業者(以下、GMO提携業者、以下同)は以下の6社です。

GMO提携業者の出金手数料は次のようになっています。

出金手数料3万円未満3万円以上
同行宛無料無料
他行宛145円145円

GMO銀行同士の振込手数料は無料ということです。

ですので、会員登録で出金先の自分の銀行をGMO銀行にすれば出金時の振込手数料は無料です。

GMO銀行は口座開設の手続きがすべてオンラインで完了し、店舗に行く必要も書類を郵送する必要もありません。

しかも、提携銀行がGMO銀行のソシャレン、クラファン業者は30社を超えており最大勢力です。

手数料の負担を減らすためにGMO銀行の口座を開設することをオススメします。

タロウさん
タロウさん

僕も開設しています!

 

三井住友提携業者も実質負担ゼロ

三井住友提携業者は以下の2社です。

出金手数料は出金先の銀行に関わらず一律で以下の通りです。

出金手数料1回目2回目以降
CAMPFIRE Owners無料770円
クラウドクレジット無料756円

両社とも毎月1回まで出金手数料が無料です。

1回あれば十分ですので、「先入金+出金投資家負担」ですが投資家の負担は実質ゼロと言えます。

左野くん
左野くん

2回も出金しないもんね。

 

楽天提携業者は低負担

次は楽天提携業者です。

出金手数料は以下の通りです。

出金手数料3万円未満3万円以上
同行宛52円52円
他行宛CREAL150円229円
みんな168円262円

自分の銀行を楽天銀行で登録すれば出金手数料は52円で済みます。

楽天銀行を提携銀行とする業者は他にも4社あります。

こちらも手続きはすべてオンラインでできますので、手数料を節約したい投資家は口座を開設すると良いでしょう。

 

PayPay提携業者は業者によって差が

PayPay提携業者は2社です。

こちらの出金手数料は業者によってかなり変わります。

出金手数料同行宛他行宛
みんなの年金275円275円
わかちあいファンド55円160円

みんなの年金はサイトに記載はありませんが、僕が問い合せた際は出金先に関わらず一律275円との回答でした。

わかちあいファンドは自分の銀行をPayPay銀行にすれば55円で済みます。

PayPay銀行もオンラインで口座開設できますし、提携銀行とする業者は9社でGMOに次ぐ第2位です。

今後も増える可能性があるので口座開設して良いと思います。

みんなの年金さん、手数料が変わったらご連絡ください。記事内容を更新します。

 

イオン提携業者は多くの投資家に負担大

イオン提携業者は1社です。

自分の銀行をイオン銀行にすれば出金手数料を無料にできますが。

出金手数料3万円未満3万円以上
同行宛無料無料
他行宛166円261円

提携銀行がイオン銀行なのはWealth Conciergeだけです。

1社のために口座開設というのは非現実的ではないでしょうか?

ほとんどの投資家にとって出金手数料は261円です。

右田さん
右田さん

入金も手数料がかかるし…

 

三菱UFJ提携業者も負担大

三菱UFJ提携業者も1社です。

出金手数料は出金先、金額に関わらず一律330円です。

出金手数料3万円未満3万円以上
同行宛330円330円
他行宛330円330円

OwnersBookはクリック合戦は激戦で抽選は高倍率なため、事前入金の振込手数料がムダになる可能性が高いです。

しかも、出金手数料を無料にする逃げ道がない。

投資家にとってなかなか厳しいです。

左野くん
左野くん

せめて出金手数料を月イチ無料に。

 

みずほ提携業者はデストピア!

最悪なのがみずほ提携業者です。

Pocket Fundingで出金手数料が無料になるのは、自分の銀行がみずほ銀行那覇支店の場合だけです。

出金手数料3万円未満3万円以上
同行同支店宛無料無料
同行他支店宛220円440円
他行宛490円660円

みずほに口座を持っていなければ660円です。

さすがに高すぎませんか?

タロウさん
タロウさん

出金できない…

 

本当にキツイ4社

以上より、「先入金+出金投資家負担」で本当にキツイのは4社です。

大半は逃げ道がある

「先入金+出金投資家負担」の業者のうち、大半は逃げ道があります。

  • GMO業者:GMOで口座作れば負担ゼロ
  • 三井住友業者:月イチ無料
  • 楽天業者:楽天で口座作れば52円
  • PayPay業者:PayPayで口座作れば55円
右田さん
右田さん

50円なら許容範囲か。

逃げ道がない4社

本当にキツイのは逃げ道がない4社です。

  • みんなの年金:275円
  • Wealth Concierge:261円
  • OwnersBook:330円
  • Pocket Funding:660円

この4社、なんとかなりませんかねぇ…

タロウさん
タロウさん

特にオナブとポケファン!

提携銀行をネット銀行に変えてほしい

これはさきほどの4社に限りませんが、提携銀行をネット銀行に変えてほしいです。

 

ネット銀行は便利で低コスト

ネット銀行が勢力拡大

ネット銀行は速くて便利で安いです。

先日、GMO提携業者に入金したのですが、GMO銀行から振込完了メールが届く前に、業者のマイページの口座残高に反映されました。

メガバンクや地銀とは仕組みが違うので、便利で低コストで当然です。

僕自身、今はメガバンクや地銀の口座は持っていません。

  • GMOあおぞらネット銀行
  • 新生銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • PayPay銀行
  • 楽天銀行

新生もネットバンキングしか使っていないので、持っている口座は実質ネット銀行だけです。

今後、僕のような消費者は増えていくと思います。

提携銀行をネット銀行にする業者が増えている

こういった背景もあるのでしょうか。

最近、新規参入したソシャレン、クラファン業者のほとんどが提携銀行はネット銀行です。

また、ジョイントアルファは2020年6月に提携銀行を三菱UFJ銀行からGMO銀行に変更しています。

左野くん
左野くん

もはやメガバンクの時代じゃない。

 

提携銀行だけでもネット銀行に

もちろん、業務ではメガバンクがメインという業者もあるでしょう。

ならばせめて、投資家向けの提携銀行だけでもネット銀行に変更できないでしょうか?

COOLは分別管理など通常業務用はみずほ銀行で、投資家向けだけGMO銀行です。

FUEL系も通常用は三菱UFJ銀行、投資家向けはGMO銀行にしています。

先入金で抽選に落ちて出金に数百円はキツイです。

業者で負担しろとは言いませんので、せめて無料にできる逃げ道を用意してください。

タロウさん
タロウさん

よろしくお願いします!

 

コメント