当ブログは広告を含みます

【最新】Fundsの評判・口コミとデメリット・リスク

Fundsの詳細解説記事のタイトル画像

【2024年2月6日更新】

左野くん
左野くん

Fundsで投資して大丈夫?

新しい業者を使って大丈夫か。

不安になりますよね。

 

Fundsで投資して本当に大丈夫か?

クラウドファンディングで1億9千万円以上を投資してきて損失ゼロの現役投資家が解説します。

 

結論から言うと以下の通りです。

  • 結論:安全重視の投資家におすすめ
  • 利回りは低いが安全性が高い
  • 競争率が低く投資しやすい
  • 上場企業案件に絞って投資
  • 銀行に預けるくらいならFunds

 

僕はこれまでにFundsで1千万円以上を投資しています。

経験者の本音で語りますので、ぜひ参考にしてください。

この記事であなたの不安が解消されたらうれしいです。

タロウさん
タロウさん

悪いところも紹介します!

Fundsでは会員登録をするとAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを開催中です!
Fundsキャンペーン 2024年2月‐3
・条件:会員登録だけ
・金額:500円
・期限:2024年5月31日まで
投資をしなくても会員登録だけでもらえます!

さらにダブルプレゼント!
キャンペーン期間中の初投資でアマゾンギフト券がもらえます。
Fundsキャンペーン 2024年2月‐2
・条件1:期間中にFundsで初めて投資
・条件2:期間中に累計5万円以上
・金額:500円
・期限:2024年5月31日まで
会員登録+5万円以上の投資で1,000円ゲットのチャンスです!

Funds 会員登録(無料)

 

 

この記事の著者
投資家・ブロガー
タロウ

ソーシャルレンディング、不動産クラウドファディング専門の投資家です。
2018年にソシャレン・クラファン投資を始め、これまで400件を超える案件に1億9千万円以上を投資し損失ゼロ。
安全性を最重視した投資情報を発信しています。

Fundsの評判と口コミ

Fundsの評判のタイトル画像

それではまず、Fundsの評判と口コミを見てみます。

 

悪い評判と口コミ

すごく儲かるわけではない

funds良さげかなぁとは思ったんだけど
銀行に預けるよりかはマシってレベルなだけで
正直リターン少ないので微妙

低利回りへの不満が最も多いです。

 

低リスクだがリターンも低い

fundsはリスクは小さいけどリターンも弱いですよね。

 

投資したあとでキャンペーンが出ると不公平に感じる

同じファンドのシリーズなのにあとからキャンペーンが出てくるのは先行のファンドに投資した者としては納得いかんよね…

キャンペーンですが、僕も投資したあとにキャンペーンが出てガクッときたことがあります。笑

 

運用期間が長い案件もある

アマギフの誘惑に負けて50万円投資しましたw
運用期間60ヶ月か、長いなぁ~

最近は長期案件は減りました。

長くてもたまに24カ月が出る程度です。

 

利回りが低い

funds、最初のうちは利回りが良かったですが、じわじわとしょぼくなってきましたよね。
リスクが低いので投資してるけど、今後はどうかな…
Fundsに会員登録したけど、出てくる案件の利回りが2%とか低すぎて。ぶっちゃけ投資する気にならん…

僕のホンネとしてFundsは利回りで選ぶ業者ではないです。

 

条件が悪い案件もある

Fundsの新しい案件、未上場だし前回より運用期間長いのに利回りが下がってるし。どうしようかな。無担保なので上場企業の方が条件良いし…

借り手が非上場企業の案件はおすすめしません。

Fundsは安全性で選ぶ業者なので、あえて安全性で劣る非上場に手を出す理由がないです。

 

所得区分が雑所得なので税金で不利

fundsって利回りが低いのもあるけど、雑所得なんだよね。

所得区分が雑所得で総合課税なので、株などに比べて税金で不利です。

右田さん
右田さん

ソシャレンはどの業者でも雑所得だよ。

 

良い評判と口コミ

利回りは低いがAmazonギフト券で実質利回りが上がる

利回り1.5%はクソだけど、キャンペーンでアマギフ7%分は熱い。初めてfundsで投資してみた。

以前はAmazonギフト券のキャンペーンがよくありましたが、最近は少なくなっています。

 

Funds優待で商品やサービスがもらえる

Fundsの優待プレゼント、ユーグレナさんからいただきました~

借り手企業の商品などをもらえる優待は今でもあります。

 

投資しやすい

ユーグレナに投資できたけど、危なかった!
すっかり忘れてて開始から15分すぎてたけど、まだ残っててよかったー

募集額が多いため募集開始と同時でなくても投資できるのが強みです。

 

眠っているお金を有効活用できる

fundsの分配金が入ってました
眠っているお金を有効活用です!
ハラハラしないで良いから私に合ってる

「利回りは低いが銀行で寝かせておくくらいならFundsで」という投資家も多いです。

 

キャンペーンも含めると利回りは悪くない

Fundsでの投資額が増えている。利回りは低いけどキャンペーン分も含めると悪くない。

 

安全性が高そう

fundsで投資するか迷い中。良さげなんだよなぁ…ほぼほぼ元本保証だもん…
タロウさん
タロウさん

安全性が激高です!

●公式サイト:Funds

Fundsの概要

Fundsの概要のタイトル画像

それでは次にFundsの概要です。

どんな投資か?ザックリ理解しましょう!

 

基本情報

Fundsのサイトの画像

基本情報は以下の通りです。(2024年2月6日現在、利回りと運用期間は直近1年間の傾向)

サービス名 Funds(ファンズ)
運営会社 ファンズ株式会社
運営開始 2019年1月
累計調達額 549億2,910万円
利回り 1.0~3.0%
運用期間 3~36カ月
最低投資額 1円

これまでに利払いの遅れや元本割れはゼロです。

右田さん
右田さん

投資家の被害はゼロ!

累計調達額は不成立となった2案件を除きます。

 

投資の仕組み

Fundsはソーシャルレンディングです。

どんな仕組みの投資か説明します。

タロウさん
タロウさん

知っている方は次へGO!

次へGO!

 

ソーシャルレンディングとは?

ソーシャルレンディングは投資家のお金を企業に貸して利息で儲ける投資です。

ソーシャルレンディングの仕組み

  1. 投資家のお金を
  2. ソーシャルレンディング業者が企業に貸し
  3. 企業が利息を付けて返し
  4. 投資家に利益を分配し
  5. 投資家に元本を返す
左野くん
左野くん

貸したお金で利息をゲット!

Fundsは投資家と企業の間で業務を行うソーシャルレンディング業者です。

 

銀行と同じ仕組み

「貸したお金で利息を得る」

つまり、ソーシャルレンディングの本質は貸金業です。

貸金業と聞くと不安に感じるかもしれませんが。

私たちは銀行を経由して企業にお金を貸して利息を得ています

銀行とソーシャルレンディングの比較

間接的な貸金業という点で、ソーシャルレンディングは銀行と同じ仕組みです。

右田さん
右田さん

銀行の代わりにFunds経由で。

 

運営会社と経営者

次にFundsの運営会社と経営者です。

 

運営会社はファンズ株式会社

ファンズ社のサイトの画像

運営会社はファンズ株式会社です。

会社名 ファンズ株式会社
代表者 藤田雄一郎
所在地 渋谷区恵比寿西1丁目10-11
設立 2016年11月1日
資本金 1億円
登録 第二種金融商品取引業

 

母体は日本最大のソシャレン専門メディア

ファンズはもともと日本最大のソーシャルレンディング専門メディア「CROWDPORT」を運営していました。

CROWDPORTのサイトの画像

そこで得た知識やノウハウをもとに立ち上げたのがFundsです。

 

経営者は藤田雄一郎氏

Fundsの経営者は藤田雄一郎氏です。

早稲田大学卒業後、サイバーエージェントに入社。

クラウドバンクのサイトの画像

その後、クラウドバンクの設立時に同社に転職しマーケティングを担当しました。

取締役を務めた後、2016年に独立してCROWDPORTを開設。

2019年にFundsを立ち上げました。

タロウさん
タロウさん

ソシャレンを熟知しています!

 

募集状況

Fundsの案件募集の状況を解説します。(2021年は不成立となった2案件を除く)

 

募集実績

まず、これまでの募集実績です。(2024年は1月募集分まで)

Fundsの募集額の推移

年度 案件数 募集額 調達額
2020年 34件 28億7,700万円 28億7,496万円
2021年 106件 110億5,500万円 105億4,682万円
2022年 111件 137億2,500万円 135億6,298万円
2023年 123件 237億4,000万円 229億8,267万円
2024年 10件 23億円 22億9,949万円

2020年後半から急速に成長しています。

ほとんどの案件で募集した額を調達できていることから、Fundsが多くの投資家に支持されていることが分かるでしょう。

 

募集頻度と1回あたり募集額

投資のしやすさはどうなのか?

1カ月の募集回数と1回あたり募集額を見てみます。(2024年は1月募集分まで)

Fundsの月平均募集回数と1回あたり募集額

時期 月平均募集回数 1回あたり募集額
2020年 2.8回 8,462万円
2021年 8.8回 1億630万円
2022年 9.3回 1億2,365万円
2023年 10.3回 1億9,301万円
2024年 10.0回 2億3,000万円

かつてのFundsは毎回のクリック合戦で、投資しにくい業者の代名詞でした。

しかし、現在は1カ月の平均募集回数が10回前後平均募集額は約2億円にまでなっています。

今ではFundsは最も投資しやすい業者の一つです。

左野くん
左野くん

クリック合戦になることは少ないよ。

 

償還実績

自分のお金が戻ってくるか気になりますよね。

投資家から集めたお金をちゃんと返しているか?

償還実績は以下の通りです。(2024年2月6日現在)

Fundsの償還状況

区分 金額 構成比
累計調達額 534億3,502万円 100%
内、償還済み 237億1,180万円 44.4%
内、運用中 297億2,322万円 55.6%

募集額が増え続けているため、償還済みの案件は金額ベースで全体の4割です。

ただ、2022年募集分は7割以上がすでに償還済みで、これまでに遅延は一度もありません。

右田さん
右田さん

順調に推移だね。

 

利回りと運用期間

直近1年間(2023年2月~2024年1月)に募集された案件の利回りと運用期間を見てみます。

 

利回り

利回りは最低1.0%、最高3.0%、平均2.1%でした。

Fundsの利回りの分布グラフ

利回り 案件数 構成比
1.0~1.4% 6件 4.8%
1.5~1.9% 13件 10.3%
2.0~2.4% 91件 72.2%
2.5~2.9% 12件 9.5%
3.0~3.4% 4件 3.2%

以前は半数の案件が利回り1%台でした。

しかし、2022年6月頃から2.0~2.2%の案件が中心になりつつあります。

とは言え、他社と比べるとFundsの利回りは低めです。

左野くん
左野くん

前からずっと低いの?

 

平均利回りの推移

平均利回りの推移を見てみましょう。(2024年は1月募集分まで)

Fundsの平均利回りの推移

時期 平均利回り
2020年 2.1%
2021年 1.9%
2022年 2.0%
2023年 2.1%
2024年 2.0%

実は2019年まではFundsの平均利回りは3%台でした。

案件が急増した2020年後半から利回りが急低下し、それ以降は2%前後を推移しています

2023年に入ってからは1%台の案件はかなり減っており、今後は2.0~2.2%が中心になっていくでしょう。

右田さん
右田さん

上がってくれるとうれしいなぁ。

 

運用期間

運用期間は最短3カ月、最長36カ月、平均13.1カ月でした。

Fundsの運用期間の分布グラフ

利回り 案件数 構成比
1~6カ月 18件 14.3%
7~12カ月 66件 52.4%
13~18カ月 29件 23.0%
19~24カ月 5件 4.0%
25~30カ月 4件 3.2%
31~36カ月 4件 3.2%

全体の6割が1年以内です。

運用期間が長すぎないのは安全面でプラスと言えます。

 

手数料

手数料は以下の通りです。

項目 金額
会員登録 無料
口座維持 無料
投資申込 無料
退会 無料
入金時の振込手数料 投資家負担
出金時の振込手数料 無料

投資するお金を振り込む際の手数料以外はすべて無料です。

なお、Fundsの振込先はみずほ銀行なので、みずほ銀行以外からの振込には手数料がかかります。

●公式サイト:Funds

Fundsのデメリットとリスク

Fundsのデメリットのタイトル画像

Fundsのデメリットとリスクを見ていきます。

Fundsの悪いところをしっかり理解しましょう!

 

元本と利益は保証されない

ソーシャルレンディングでは元本と利益は保証されません。

Fundsの元本保証に関するFAQ

借り手が返済不能になると分配金を受け取れず、元本が戻ってこない場合もあります。

ノーリスクの投資ではありません。

左野くん
左野くん

他の業者も同じだよ。

 

途中解約できない

いったん投資すると、運用期間が終わるまでお金は引き出せません

Fundsの途中解約に関するFAQ

運用期間が短めの案件を選ぶことでリスクを下げましょう。

タロウさん
タロウさん

これも全業者に共通です!

 

担保と保証がない案件が多い

Fundsは担保と保証がない案件が多いです。

2021年11月以降に募集された案件はすべて無担保無保証となっています。

借り手が返済できなくなった場合、担保の土地を売って元本を回収といったことはできません。

右田さん
右田さん

借り手がコケたらアウトか…

ただ、Fundsの借り手は上場企業が多いので、貸したお金が戻ってこない可能性は低いです。

 

利回りが低い

Fundsは他社に比べて利回りが低いです。(2024年は1月募集分まで)

Fundsの利回りの推移

時期 最低 最高 平均
2020年 1.2% 4.0% 2.1%
2021年 1.0% 3.8% 1.9%
2022年 1.0% 3.0% 2.0%
2023年 1.0% 3.0% 2.1%
2024年 1.0% 2.8% 2.0%

2021年頃が底で、1%台の案件が乱発されました。

しかし最近は平均2%前後で推移しており、1%台は全体の2割以下にまで減っています。

Fundsの利回りの分布グラフ

タロウさん
タロウさん

利回りは回復傾向です!

 

抽選方式の募集が少ない

抽選方式の募集は2022年は全体の12.6%だけで、2023年は1割足らずです。

募集方式 案件数 構成比
先着+抽選 12件 9.8%
先着だけ 111件 90.2%

かつてのFundsは毎回のクリック合戦で、募集開始時刻に応募できなければ投資は不可能でした。

その解決策として抽選方式が導入され、2021年上期には抽選方式の割合が全体の8割に達しました。

Fundsの抽選方式の案件の比率

しかし、2021年下期から案件の募集が急増し競争率が下がりました。

募集開始の翌日以降でも投資できる案件が増えたため、抽選方式の募集が減ったということです。

なので、抽選方式が少ないことは大きなデメリットではありません。

 

毎月分配ではない

Fundsは利息の分配が毎月ではありません。

2023年は9割の案件が四半期ごとでした。

Fundsの分配時期の分布

分配頻度 件数 構成比
四半期ごと 110件 89.4%
半期ごと 1件 0.8%
満期一括 12件 9.8%

分配金が毎月入ってくるわけではないので、ちょっとさみしく感じるかもしれません。

タロウさん
タロウさん

トータルで受け取る金額は同じです!

●公式サイト:Funds

Fundsのメリットと特長

Fundsのメリットのタイトル画像

次に、Fundsのメリットです。

良いところがたくさんあります!

 

借り手の大半が上場企業

ソーシャルレンディングの本質は貸金業です。

なので、ちゃんと返済できる借り手なのかが重要です。

ソーシャルレンディングの仕組み

この点、Fundsは借り手の大半が上場企業です。

2023年は借り手の8割が上場企業でした。

Fundsの借り手に占める上場企業の割合

市場 件数 構成比
プライム 42件 34.1%
スタンダード 26件 21.1%
グロース 28件 22.8%
非上場 27件 22.0%

非上場企業の比率はここ数年は2割前後です。

比率
2021年 22.5%
2022年 16.2%
2023年 22.0%

上場企業が借りたお金を踏み倒す可能性は低いので、投資の安全性が高まります

 

広告目的の利用が多い

Fundsは募集の際に借り手企業についてサイトで詳しく紹介します。

それを読むFundsの会員は10万人を超えます。

このため、多くの企業が広告目的でFundsを利用しています。

例えば、

  1. 不動産業者が資金を借りるためではなく
  2. 自社が運営するホテルの広告のために
  3. Fundsで募集を行う

ということです。

Fundsの広告目的利用の事例

必要のない資金を広告のために借りるのですから、返済できないわけがないですよね?

広告目的ゆえに安全性が高まるということです。

タロウさん
タロウさん

Fundsの最大の特長です!

 

ソーシャルレンディングのエキスパートが運営

Funds社長の藤田氏はソーシャルレンディングについて豊富な経験と知識を持っています。

  • クラウドバンクの立ち上げに参加
  • 日本最大のソーシャルレンディング専門メディアを運営

ソーシャルレンディングのエキスパートが運営しているので安全性が高まります。

 

投資しやすい

Fundsは2020年10月から募集回数と募集額を大幅に増やしました。

現在では月に10回前後の募集を行い、1回の募集額は約2億円です。

Fundsの月平均募集回数と1回あたり募集額

募集開始翌日以降でも投資できることも多く、人気業者の中で最も投資しやすいです。

タロウさん
タロウさん

クリック合戦が少ないです!

 

端数まで効率よく投資できる

Fundsは1円単位で投資できます

Fundsの最低投資単位

運用が終わって58,208円が戻ってきた場合。

最低投資単位が1万円の業者だと、5万円しか再投資できません。

これに対してFundsでは58,208円全額を再投資できます。

端数まで再投資できるので投資効率が高まります

 

入金は投資できると確定してから

事前入金制の業者では次のような問題が起こります。

  1. 投資するために20万円入金した
  2. クリック合戦で投資できなかった
  3. 20万円が業者の口座で寝る

Fundsは投資できることが決まってから入金なので、資金が寝る心配がないです。

左野くん
左野くん

振込手数料もムダにならないよ。

 

早期償還が少ない

早期償還で運用期間が予定の半分になると、受け取る分配金も半分になります。

右田さん
右田さん

ちょっと期待ハズレ…

Fundsではこれまでに償還された240案件の内、早期償還は10案件だけです。(2024年2月6日現在)

Fundsの早期償還された案件の比率

区分 案件数 構成比
満期償還 230件 95.8%
早期償還 10件 4.2%

早期償還が少ないので期待ハズレになりにくいです。

タロウさん
タロウさん

投資計画も立てやすいです!

 

出金時の振込手数料が無料

運用終了後の投資元本と分配金はFunds内のデポジット口座で保管されます。

Fundsのデポジット口座

デポジット口座から自分の銀行口座に引き出す際、多くの業者で振込手数料は投資家負担です。

Fundsの振込手数料

FundsではFundsが負担するので振込手数料は無料です。

 

手間がかからない

Fundsで投資家の作業は3つだけです。

  • 投資する案件を選ぶ
  • 応募する
  • お金を振り込む

あとはお金が戻ってくるのを待つだけ。

途中の作業がないので手間いらずです。

左野くん
左野くん

仕事がある人は助かるね。

●公式サイト:Funds

Fundsの注意点と対策

Fundsの注意点のタイトル画像

Fundsで投資する際の注意点です。

 

借り手が非上場企業の案件もある

すべてが上場企業ではない

Fundsは借り手が上場企業なので安全性が高いです。

ただし、すべての借り手が上場企業なのではありません。

2023年は22.0%の案件で借り手が非上場企業でした。

Fundsの借り手に占める上場企業の割合

 

上場企業案件に絞って投資する

Fundsの安全性の裏付けは借り手が上場企業であることです。

上場企業案件に絞って投資することをおすすめします。

 

広告目的でない案件もある

すべてが広告目的ではない

Fundsの広告目的利用の事例

Fundsの広告目的案件は安全性が高いです。

しかし、Fundsには広告目的ではない案件もあります。

また、借り手が上場企業であれば必ず安全とは限りません。

 

しっかり調べて投資する

つまり「Funds=広告=安全」とか「上場企業=安全」と決まっているわけではないのです。

広告目的案件なのか?借り手はどんな企業なのか?

面倒でもしっかり調べた上で投資しましょう。

タロウさん
タロウさん

手抜きは禁物です!

 

利回りが低い

Fundsの利回りは2%台前半が中心

Fundsの利回りは2%台前半が中心で、他社に比べて低いです。

Fundsの利回りの分布グラフ

右田さん
右田さん

代わりに優待があるじゃん?

 

Funds優待は少なく内容が微妙

確かにFundsには投資家優待付きの案件があります。

Fundsの優待付き案件の事例

しかし、2022年は全111案件中、優待付きは29案件だけでした。

優待を付けた借り手企業は12社で、同じ優待が何度も出ているものもあります。

また、下記は優待内容とサービス提供地域の例ですが、

優待内容 サービス提供地域
Amazonギフト券3,000円分
ホテル等の割引券 京都、大阪
カーリース割引券
ホテルの割引券 石垣島
健康飲料
和牛カタログギフト 抽選30名
ビール無料券+ホテル割引券 立川市
マネーフォワードクーポン
FX積立サービスポイント
カタログギフト 抽選30名
ホテルの割引券 山中湖
洋服サブスクの割引券

Amazonギフト券は良いとして、使う機会がなさそうだったり、遠くて使いにくそうだったり。

良いなと思っても抽選だったり、内容がちょっと微妙ですよね?

左野くん
左野くん

低利回りで優待も微妙…

 

安定投資先として使う

そこで対策です。

Fundsは銀行より高利な利回り2%台前半の安定投資先と割り切りましょう。

資金のすべてを高利回り(≒高リスク)の業者に投資するのはリスキー。

なので、一部はFundsのような堅い業者で安定運用するということです。

この使い方は特に安全重視のソシャレン初心者にオススメです。

 

利回りが高めの業者を併用する

Funds並みの安全性があり利回りが高めの業者を併用するのも有効です。

下記の業者は上場企業系で利回りが高めです。

右田さん
右田さん

上場系は安心だよ。

これ以外のオススメの業者はこちらの記事で紹介しています。

【2024年2月更新】ソーシャルレンディングおすすめ厳選8社
【2024年2月1日更新】「どの業者が良いか分からない!」という方へ。ソシャレンと不動産クラファンで累計投資1億9千万円の現役投資家が信頼性、安全性など5段階評価し、初心者にオススメのソーシャルレンディング業者を紹介します。
【2024年2月更新】不動産クラウドファンディングおすすめ9社
【2024年2月1日更新】「どの業者が良いか分からない!」という方へ。累計投資額1億9千万円の現役投資家が信頼性、安全性などを5段階で評価しオススメの不動産投資型クラウドファンディング(不動産クラファン)を紹介します。

 

こちらはすべてのソシャレン、クラファン業者のリストです。

ソーシャルレンディング・不動産クラファン全120業者のリスト
【2024年2月1日更新】現在営業中のソーシャルレンディング業者24社と不動産投資型クラウドファンディング業者87社、その他のクラファン業者9社を一覧としてリストアップしました。見落としがないかのチェックに活用してください。

●公式サイト:Funds

Fundsでの僕の投資実績

Fundsでの僕の投資実績のタイトル画像

Fundsでの僕の投資実績を公開します。

 

Fundsでの投資実績

これまでにFundsで投資したのは以下の案件です。(2022年以前は年間集計)

投資時期 案件 利回り 投資額
2019年 4案件 3~3.5% 150万円
2020年 2案件 3~4% 80万円
2021年 3案件 2% 70万円
2022年 4案件 1.65~2% 200万円
2023年 11案件 1.7~2% 600万円
合計 1,100万円
左野くん
左野くん

去年から再開した?

 

銀行に預けるくらいならFunds

利回りが低下し2022年2月からはキャンペーンもなくなったため、投資を見合わせていました。

しかし、何もかもが値上げでインフレ率は2%を突破

銀行に預けたままだと預金の価値が目減りする一方です。

このままではヤバいと思い、2023年に入りFundsでの投資を再開しました。

今は銀行に預けるとお金が減る時代。

銀行に預けるくらいならFundsです。

タロウさん
タロウさん

銀行ヤバいです!

●公式サイト:Funds

Fundsの会員登録の注意点

会員登録の注意点のタイトル画像

会員登録の注意点を重点に絞って解説します。

 

会員登録のポイント

条件

  • 20歳以上75歳未満
    • 75歳以上は要審査
  • 法人名義も可

 

手続きの流れ

  • 他の業者と同じ
  • スマホで本人確認をするeKYCは非対応
  • 申請後、本人確認ハガキが届く
    • 転送不可の簡易書留
    • ハガキの受け取りで会員登録完了
    • 本人確認コード等の入力は不要

 

本人確認資料として使えるもの

  • マイナンバーカード
  • 運転免許証
  • パスポート
  • 在留カード
  • 健康保険証
  • 印鑑登録証明書

 

マイナンバーの扱い

  • マイナンバーの提出が必須
    • 会員登録後でも可
  • 有効な書類1点をオンラインで提出
    • マイナンバーカード
    • 個人番号通知カード
    • 住民票の写し

 

提携銀行

  • みずほ銀行
  • 出金手数料は無料

 

所要日数

  • ハガキ到着まで僕は1週間かかりました
  • 混んでなければ3営業日で届くそうです

 

会員登録の注意点

入金時の注意

  • 本人名義以外の口座からの入金は不可
  • 本人名義であれば会員登録時に登録した口座以外からでも可
タロウさん
タロウさん

会員登録の注意点でした!

●公式サイト:Funds

Fundsのまとめ

Fundsのまとめのタイトル画像

最後に要点をまとめます。

Fundsはどんな業者か復習です!

 

Fundsのポイント

Fundsのポイントは以下の通りです。

  • 主なデメリット
    • 元利保証がない
    • 利回りが低い
  • 主なメリット
    • 借り手の大半が上場企業
    • 広告目的 → 安全性が高まる
    • 投資しやすい
  • 注意点と対策
    • 非上場企業の案件もある
    • 広告目的でない案件もある
    • 利回りが低い
    • 上場企業案件に絞る
    • 銀行に預けるくらいならFunds

 

Fundsを活用しよう

Fundsのサイトの画像

借り手が上場企業中心で広告目的での利用のため、安全性の高さは業界屈指です。

しかも、人気業者の中で最も投資しやすい

クリック合戦とは無縁です。

右田さん
右田さん

無理せず投資できる!

 

利回りが2%台前半と低いですが。

銀行の普通預金に比べれば2千倍です!

10万円を1年預けると、

預け先 利率 利益
銀行の普通預金 0.001% 1円
Funds 2% 2,000円

銀行は1円、Fundsならば2,000円。

どちらを選びますか?

左野くん
左野くん

2,000円!

 

たまごもポテチも値上げ、値上げでインフレの毎日!

銀行に置いていたら増えるどころか、お金の価値が下がるだけ。

銀行に預けるくらいならFundsで増やしましょう!

Fundsで会員登録する(無料)

タロウさん
タロウさん

以上です!

Fundsでは会員登録をするとAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを開催中です!
Fundsキャンペーン 2024年2月‐3
・条件:会員登録だけ
・金額:500円
・期限:2024年5月31日まで
投資をしなくても会員登録だけでもらえます!

さらにダブルプレゼント!
キャンペーン期間中の初投資でアマゾンギフト券がもらえます。
Fundsキャンペーン 2024年2月‐2
・条件1:期間中にFundsで初めて投資
・条件2:期間中に累計5万円以上
・金額:500円
・期限:2024年5月31日まで
会員登録+5万円以上の投資で1,000円ゲットのチャンスです!

Funds 会員登録(無料)

 

「他の業者はどうなんだろう?」
この他のソシャレン、クラファン業者の徹底解説記事は↓コチラです!
その業者で投資して大丈夫?
リスクや悪いところも含めて現役投資家がホンネで語ります。 ソシャレン、クラファン各社の徹底解説記事です!

コメント