J.LENDINGの評判や口コミ・特長・リスク・注意点などを解説

右田さん
右田さん

J.LENDINGって投資して大丈夫なの?

という方へ。

これまでJ.LENDINGで350万円を投資してきた現役投資家の僕が解説します。

結論から言うと、J.LENDINGはおすすめです。

初心者の方にも分かりやすく説明しますので参考にしてください。

  • 結論:J.LENDINGはおすすめ
  • 運営会社が上場企業なので安心
  • 競争率が低く投資しやすい
  • サブの投資先として超優秀
タロウさん
タロウさん

現役投資家が本音で語ります!

参考J.LENDINGの会員登録はこちらから無料でできます。

J.LENDINGの概要

まず最初にJ.LENDINGの概要です。

 

J.LENDINGの基本情報

J.LENDINGは2015年12月に運営を開始しました。(以下、2020年9月末現在)

サービス名J.LENDING
運営会社株式会社ジャルコ
運営開始2015年12月
最低投資額50万円
累計調達額17億3,700万円
利回り4~6%
運用期間3~6カ月

これまで、返済の遅れやデフォルトは一度も起きていません

左野くん
左野くん

投資家のお金はすべて戻ってきてるんだね。

 

J.LENDINGはソーシャルレンディング

J.LENDINGはソーシャルレンディングというタイプの投資です。

どんな投資なのか、ご存じない方に簡単に説明します。

タロウさん
タロウさん

知ってるYO!という方は、次の章へGO!

→ 次の章へ

ソーシャルレンディングとは?

ソーシャルレンディングは次のような仕組みの投資です。

  1. 投資家が
  2. ソーシャルレンディング業者を通して
  3. 企業にお金を貸し
  4. 企業が払う利息を受け取る
右田さん
右田さん

企業にお金を貸して利息で儲けるってこと?

タロウさん
タロウさん

その通りです!

ソーシャルレンディングは銀行と同じ仕組み

みなさん、銀行にお金を預けてますよね?

そのお金を銀行が企業に貸し、利息の一部を僕たちが受け取ります。

つまり、僕たちが銀行を通して企業にお金を貸し、利息で儲けています

間接的に企業にお金を貸して利息で儲ける

この点でソーシャルレンディングは銀行と同じ仕組みです。

左野くん
左野くん

間に入るのが銀行かソシャレン業者かの違いだね。

ソーシャルレンディングは手間いらず

ソーシャルレンディングでは貸したお金を回収するなどの作業が発生します。

これらの作業はすべてソーシャルレンディング業者が代行します。

ソーシャルレンディングは手間いらずの投資です。

タロウさん
タロウさん

投資したあとは、お金が戻ってくるのを待つだけです!

J.LENDINGの運営会社と経営者

次はJ.LENDINGの運営会社についてです。

 

J.LENDINGの運営会社はジャルコ

J.LENDINGの運営会社は株式会社ジャルコです。

会社名株式会社ジャルコ
代表者代表取締役 田辺順一
本社東京都中央区日本橋2丁目16番11号
設立1956年3月9日
資本金3億5千万円
株主JALCOホールディングス株式会社(100%)

 

ジャルコはジャスダック上場企業グループ

ジャルコの親会社であるJALCOホールディングスはジャスダック上場企業です。

グループの持株会社であり、ジャルコとは所在地も経営者も同じです。

ですので、ジャルコとJALCOホールディングスは実質的に同一企業です。

つまり、J.LENDINGはジャスダック上場企業が運営するソーシャルレンディングです。

右田さん
右田さん

運営会社が上場企業だと安心だね。

 

ジャルコの主要事業

ジャルコは不動産・金融業者で、主に以下の事業を行っています。

不動産賃貸事業

企業を相手に土地や建物を貸しています。

賃貸収益を得る「大家さん業」です。

貸金事業

企業に資金を融資する事業です。

左野くん
左野くん

銀行やソーシャルレンディングと同じだね。

その通りです!

そして、優良な借り手への融資をJ.LENDINGに振り替えています。

タロウさん
タロウさん

今までジャルコが貸していた優良な借り手に投資家がお金を貸せるということです!

 

ジャルコの経営状況

ジャルコを含むJALCOホールディングスの直近5年間の経営状況は下表の通りです。(連結、単位:百万円)

決算期売上高経常利益純利益総資産自己資本比率
2016年3月567601135,78748.1%
2017年3月418851546,75345.8%
2018年3月5523540914,28027.2%
2019年3月1,15843340819,49644.3%
2020年3月1,72461351227,68432.9%

売上高、経常利益、純利益ともに大幅に伸びており、経営状況は好調です。

右田さん
右田さん

好調な上場企業がJ.LENDINGを運営しているのね。

 

ジャルコの経営者

ジャルコの経営者は代表取締役の田辺順一氏です。

  • 1965年11月三重県伊勢市生まれ
  • 1990年3月:一橋大学商学部卒
  • 1990年4月:野村證券入社
  • 2002年4月: 同、企業金融二部課長
  • 2004年8月:アイ・キャピタル証券入社
  • 2006年8月:MTラボ入社
  • 2009年6月:ジャルコ取締役
  • 2011年2月:ジャルコ代表取締役社長(現任)
  • 2011年10月:JALCOホールディングス代表取締役社長(現任)

一橋大学を卒業後、野村證券などを経てジャルコに取締役として入社しました。

当時のジャルコは電気部品を製造するメーカーでしたが、中国との競争で赤字が続いていました。

田辺氏は社長就任翌年に電気部品事業を他社に譲渡し、金融・不動産業に事業転換

2016年に黒字に転じたあと、毎年業績を向上させています。

タロウさん
タロウさん

怪しい無能な経営者ではないようです!

J.LENDINGのメリット

J.LENDINGには次のようなメリットがあります。(タップすると各説明に飛びます)

タロウさん
タロウさん

順番に説明していきます!

 

1.運営会社が上場企業

上述の通りJ.LENDINGの実質的な運営会社は上場企業です。

上場企業は非上場の企業に比べて信頼性が高いです。

また、上場企業は四半期ごとに経営数値などを公表します。

それを見ることで経営状況をチェックできるので安全性が高まります。

左野くん
左野くん

なんだかんだ言っても上場企業は安心だよ。

 

2.貸金業のノウハウがある

最初に説明した通り、ソーシャルレンディングの本質は貸金業です。

そして、ジャルコは2013年3月から貸金事業を行ってきています。

つまり、

  1. 貸金業の経験とノウハウを持つジャルコが
  2. ソーシャルレンディングのJ.LENDINGを運営する

ので安全性が高まります

タロウさん
タロウさん

J.LENDINGは貸金業のプロが運営しています!

 

3.事業者リスクが低い

ジャルコがJ.LENDINGで不正行為をする可能性は極めて低いです。

J.LENDINGの重要度は低い

ジャルコの主力事業は圧倒的に不動産と金融です。

全社に占めるJ.LENDINGの売上高は数%にすぎません。

そんなJ.LENDINGで不祥事を起こし、主力事業に悪影響を及ぼすことは考えにくいです。

右田さん
右田さん

ジュニアが不祥事を起こしてジャニーズ全体の評判が落ちるみたいな。

タロウさん
タロウさん

許されないですよね!(あり得そうだけどw)

田辺氏はJALCOホールディングスの筆頭株主

また、J.LENDINGで不祥事が起こると、JALCOホールディングスの株価が下がります。

そして、ジャルコ社長の田辺氏はJALCOホールディングスの株式を4千万株保有する筆頭株主です。

株価が10円下がるだけで田辺氏は4億円の損失をこうむることになります。

数億円の損失を覚悟してまで、貢献度がわずか数%のJ.LENDINGで不正を行うことは考えにくいです。

左野くん
左野くん

J.LENDINGがメインの事業じゃないから、逆に安全ってこと?

タロウさん
タロウさん

メイン事業が好調なので、サブで無理しなくて良いとも言えます!

 

4.借り手情報が公開される

ソーシャルレンディングでは借り手が誰か公開されない場合があります。

右田さん
右田さん

知らない会社に貸すとか怖すぎるよ…

ですよね?

その点、J.LENDINGでは借り手の企業名や所在地、財務状況などが公開されます。

貸して大丈夫な相手なのか調べた上で投資できるので安心です。

 

5.利回りが低くない

J.LENDINGの利回りは低くない水準です。

直近1年間(2019年10月~2020年9月、以下同)に募集された13案件の平均利回りは4.6%です。

利回り件数
4.0~4.4%3件
4.5~4.9%5件
5.0~5.4%5件

最近、他社では利回りが1%台の案件が出るようになっています。

4~5%の利回りをキープしているJ.LENDINGはお得感があると思います。

左野くん
左野くん

3%台の業者も増えているから、4~5%は美味しいよ。

 

6.運用期間が短い

ソーシャルレンディングは運用期間が長いほどリスクが高まります。

その点、J.LENDINGは運用期間が短いです。

直近1年間に募集された案件の平均運用期間は4.4ヶ月です。

運用期間件数
3カ月4件
4カ月4件
5カ月1件
6カ月4件
タロウさん
タロウさん

運用期間が短いほうが安全です!

 

7.投資しやすい

ソーシャルレンディングは人気が急上昇中です。

募集開始と同時に多くの人が応募するため、投資できないことも多いです。

その点、J.LENDINGは知名度が低いため応募者が多くありません

募集額件数
5千万円未満5件
5千万円以上~1億円未満6件
1億円以上2件

しかも、1回あたりの募集額が多い(直近1年で平均6千万円)ので競争率が低いです。

このため、J.LENDINGは他社に比べてはるかに投資しやすいです。

右田さん
右田さん

クリック合戦がないのはうれしいよ。

 

8.既存投資家優待制度がある

J.LENDINGにはすでに投資中の既存投資家を優待する制度があります。

タロウさん
タロウさん

これ、むっちゃ良いです!

償還される元本を次の投資に使える

J.LENDINGの既存投資家優待制度を簡単に説明すると、

  1. 運用期間が終わって戻ってくる投資元本を
  2. 次の投資に使える

です。

左野くん
左野くん

へ?

なんのこっちゃ分かりませんよね。笑

例を挙げて説明します。

新案件の投資を予約できる

A案件に70万円を投資中で、そのお金が7月15日に戻ってくるとします。

そして、新しいB案件の募集が7月13日から始まる予定とします。

この場合、戻ってくる70万円を使ってB案件に投資することができます

具体的には次のような流れです。

  1. A案件に投資中の会員だけが
  2. 7月10日からB案件への投資の予約ができ
  3. A案件に投資中の70万円が
  4. 7月15日にB案件の投資に充当される

既存会員が先行予約して残った分についてのみ、一般会員は投資できます。

右田さん
右田さん

必ず70万円すべて投資しないとダメなの?

投資額は自分で決められる

いくら投資するかは自分で決められます。

例えば50万円だけ投資する場合、7月10日に50万円で予約します。

すると、7月15日に50万円がB案件に充当され、残りの20万円は自分の銀行口座に戻ってきます。

逆に100万円投資する場合は、追加で30万円を振込みます。

もちろんB案件に投資しないことも可能で、この場合は70万円すべてが戻ってきます。

メリットが大きい

この優待制度のメリットは2つです。

  • 他の会員よりも先に応募できる
  • 振込手数料がかからない

他の会員よりも先に応募できるので、より確実に投資できます

また、J.LENDING内にあるお金で投資するので、新たにお金を振り込む必要がありません。(上の例で70万円を超える場合を除く)

振込手数料をかけずに投資できるのでオトクです。

タロウさん
タロウさん

間を置かずに連続して投資できるので、資金効率も良くなります!

 

9.後入金方式

ソーシャルレンディング業者には投資する前にお金を入金する方式のところがあります。

この場合、次のような問題が発生します。

  1. 投資するつもりで20万円を振り込み
  2. 競争率が高くて投資できなかった
  3. お金が業者の口座の中で寝る
  4. 引き出すには手数料がかかる
左野くん
左野くん

業者の口座だと利息も付かないよ…

J.LENDINGは投資できることが決まってからお金を振り込む後入金方式です。

業者の口座でお金が寝ることはありません。

 

10.手数料がかからない

J.LENDINGでは投資するお金を入金する際の振込手数料は投資家負担です。

ですが、それ以外の手数料はすべて無料です。

  • 会員登録手数料:無料
  • 口座維持手数料:無料
  • 投資申込手数料:無料
  • 入金手数料:投資家負担
  • 出金手数料:無料
  • 退会手数料:無料
右田さん
右田さん

年会費とかはあるの?

ありません。

なので、会員登録をして放置していても、費用は一切かかりません

タロウさん
タロウさん

ここまでJ.LENDINGのメリットでした!

★公式サイト:J.LENDING

J.LENDINGのデメリットとリスク

J.LENDINGには次のようなデメリットとリスクがあります。(タップすると各説明に飛びます)

タロウさん
タロウさん

こちらも順番に説明していきます!

 

1.元本と利息は保証されない

J.LENDINGでは元本の償還と利息の支払いは保証されません

最悪の場合、利息が支払われず投資したお金も戻ってきません。

ただし、元本と利息が保証されないのは他のソーシャルレンディング業者も同じです。

左野くん
左野くん

投資だからリスクはあるよね。

 

2.途中で解約できない

いったん投資をすると運用期間が終わるまでお金を引き出せません。

途中で解約することもできません。

ただ上述の通り、J.LENDINGの運用期間は平均で4カ月前後と短いです。

ですので、そこまで深刻なリスクではないと思います。

タロウさん
タロウさん

途中解約できないのは他の業者も同じです!

 

3.最低投資額が高い

J.LENDINGの最低投資額は50万円です。

投資額の追加も10万円単位と大きいです。

これだ!と狙った案件にピンポイントで投資しましょう。

タロウさん
タロウさん

僕は常時2~3案件に投資中です!

右田さん
右田さん

常に100~150万円をJ.LENDINGで投資中ってことね。

 

4.案件が多くない

直近1年間にJ.LENDINGで募集された案件は13件です。

平均すると月に1~2件を募集しています。

募集される案件は多くありません。

左野くん
左野くん

たまに投資するって感じか。

 

5.借り手が少ない

J.LENDINGはお金を貸す相手を安全性が高い借り手に厳選しています。

このため借り手が非常に少なく、直近1年間の借り手は3社だけです。

安全のために借り手の重複を避けて投資すると、投資できる案件が少なくなります

タロウさん
タロウさん

僕が直近1年間で投資したのは7案件です!

右田さん
右田さん

2カ月に1回投資するって感じね。

左野くん
左野くん

2~3カ月に1回だったら最低が50万円でもなんとかなるか。

 

6.利息の分配が満期一括

J.LENDINGでは運用期間の最後に利息が一括で支払われます

毎月チャリンとお金が入ってくるのではないので、ちょっとさみしいかもしれません。

タロウさん
タロウさん

トータルで入ってくる金額は同じです!

J.LENDINGの評判と口コミ

J.LENDINGの評判と口コミをtwitterで集めました。

まだ口コミが少ないですが、増えてきたらまた掲載します。

  • J.LENDING、最近案件数を増やして来ているから注目しいてる。
  • 今年に入り募集件数が急増しているJ.LENDING。見逃せない。
  • J.LENDINGの本日の案件に出資。期間は半年ないし、保全も丁寧に組んでいると判断したため。
  • J.LENDING、1口1万円にすれば投資家数の増加につながると思う。
  • まだ口座開設してない良さげな業者 J.LENDING。

J.LENDINGで投資する際の注意点

J.LENDINGで投資する際の注意点です。

 

J.LENDINGは基本的に良い

J.LENDINGは業績好調な上場企業が運営しています。

利回りは低くありませんし、運用期間が短い点でリスクが低いです。

競争率が低く投資しやすい上、既存の投資家への優待制度もあります。

ですので、まず大前提としてJ.LENDINGは良いです。

その上で注意点をいくつか挙げます。

タロウさん
タロウさん

より安全に投資するための注意点です!

 

1.ジャルコの動向に注意

J.LENDINGの安全性の裏付けは、運営会社のジャルコの業績が好調なことです。

業績好調である限り、上場企業のジャルコがサブ事業のJ.LENDINGで変なことをしたりしません。

逆に言うとジャルコの業績が悪くなると何が起こるか分かりません

ジャルコについてのニュースや株価などには常に注意しましょう。

右田さん
右田さん

用心するに越したことないよね。

 

2.借り手の重複に注意

上述の通り、J.LENDINGは借り手が少ないです。

  1. 同じ借り手の案件ばかりに投資していると
  2. その借り手が返済不能になったとき
  3. 投資したお金がすべて戻ってこなくなります

借り手が重複しないように注意しましょう。

タロウさん
タロウさん

同じ借り手が続く時は投資しない勇気も必要です!

 

3.他の業者も合わせて使う

J.LENDINGは月に1~2案件しか募集しない上、借り手の重複もあります。

ですので、投資できるのは2カ月に1案件くらいになるでしょう。

J.LENDINGだけでは投資額を増やせないので、他の業者も合わせて使うのが良いです。

下のグラフは2020年7月末の僕の投資状況です。

J.LENDINGへの投資額は全体の16%に過ぎません。

全部で13の業者を使うことで投資額を1千万円以上にしています。

タロウさん
タロウさん

会員登録済みの業者は40社以上です!

J.LENDINGのまとめ

最後に要点をまとめます。

 

サブの投資先としてオススメ

J.LENDINGは上場企業の運営で安心ですし、競争率が低く投資しやすいです。

投資できる機会は多くありませんが、サブの投資先として優秀です。

借り手の重複に注意した上で、十二分に活用すべきでしょう。

左野くん
左野くん

活用しない理由はないと思うよ!

 

今後も投資します!

僕はこれまでに350万円を投資してきました。

すでに見込みの利益は6万円を超えています!

案件投資額税引前利益
LF9号50万円5,523円
LF10号50万円8,962円
LF11号50万円7,500円
LF12号50万円6,035円
LF14号50万円13,028円
LF16号50万円7,991円
LF17号50万円12,456円
合計350万円61,495円

これからも投資残高100~200万円くらいで投資を続ける予定です。

タロウさん
タロウさん

以上、J.LENDINGについての解説でした!

J.LENDINGの会員登録は公式サイトから無料でできます。

右田さん
右田さん

登録したまま放置でも費用は一切かからないよ!

J.LENDINGで超破格の案件が募集されます!

  • 利回り:10%
  • 運用期間:2カ月
  • 募集総額:3億円
  • 募集開始:3月12日15時

利回り10%で応募殺到間違いなしですが、募集がたっぷり3億円です。
募集開始と同時に応募すれば、まず間違いなく投資できます。
社員の方によると3月10日午前中までに会員登録を申請すれば間に合うとのことです!
●会員登録(無料) → J.LENDING

 

コメント