【セイムボート出資方式とは?】不動産クラファンの基礎知識

「セイムボート出資方式」とは何か?

不動産投資型クラウドファンディング(以下、不動産クラファン)のセイムボート出資方式について、初心者向けに分かりやすく説明します。

タロウさん
タロウさん

さっそくスタートです!

不動産クラファンの落とし穴

不動産クラファンの流れ

不動産クラファンは次のような流れで行われます。

  1. 投資家がお金を出し
  2. 集まったお金でマンションを購入し
  3. 入居者から家賃を取り
  4. 運用期間の最後でマンションを売却し
  5. 売却益を得る
右田さん
右田さん

マンションを安く買って高く売り、途中の家賃と合わせて儲けるってことね。

タロウさん
タロウさん

マンションの売買や家賃の徴収などは、すべてクラファン業者が代行します!

不動産クラファンで売却益が出る仕組み

売却益が出る仕組みは分かりますよね?

例えば、3,000万円でマンションを買って、最後に3,200万円で売れば、200万円儲かるってことです。

投資家が損失を受ける危険性

さて、この売却はクラファン業者が代行するのですが、売却交渉が長引いたりして、

あ~、もういいや、2,500万円で売っちゃえ。投資家のお金だからこっちは損しないし。テヘペロ!

とかありえますよね。笑

もしそうなると、

投資家が出したお金3,000万円
マンションを売って戻ってきたお金2,500万円
左野くん
左野くん

500万円足りないって、損しちゃうじゃん!

そうなんです。

クラファン業者ががんばって高く売ってくれないと、原価割れで投資家が損をする。

これが不動産クラファンの落とし穴です。

運命共同体になって落とし穴を回避

クラファン業者もお金を出す

この落とし穴を回避するために、不動産クラファンでは投資家と一緒にクラファン業者もお金を出します

例えば、こんな感じで出し合って、合計3,000万円でマンションを買います。

出資者出資額
投資家2,400万円
クラファン業者600万円
合計3,000万円

こうすれば、安く売るとクラファン業者も損をします。

逆に、高く売ればクラファン業者も儲かりますよね?

右田さん
右田さん

3千万円で買ったんだから、4千万円、5千万円、高く売れば売るほど業者も儲かるってことか!

投資家とクラファン業者が運命共同体に

投資家と一緒にクラファン業者もお金を出すことで、

  • 安く売れると
    • 投資家が損をする
    • クラファン業者も損をする
  • 高く売れると
    • 投資家が儲かる
    • クラファン業者も儲かる

投資家とクラファン業者が利害が一致する運命共同体になります。

左野くん
左野くん

投資家が損をすると業者も損をするし、儲かるときも一緒ってことか。

運命共同体で安全性が高まる

運命共同体になるとどうなるか?

安く売れると損をするし、高く売れると儲かるので、クラファン業者はがんばって高く売ろうとします。

その結果、投資家が損をする可能性が下がり、投資家の安全性が高まるのです。

まとめるとこういうことです。

  1. 投資家と一緒にクラファン業者もお金を出し
  2. 投資家とクラファン業者が運命共同体になることで
  3. クラファン業者が高く売ろうとがんばるので
  4. 投資家の安全性が高まる
タロウさん
タロウさん

「がんばらないとあんたたちも損するぞ!」と業者にプレッシャーをかける仕組みです。笑

セイムボート出資方式で安全性アップ

セイムボート出資方式

このように投資家とクラファン業者が同じ利害関係の運命共同体になる出資の仕方を「セイムボート出資方式」といいます。

不動産クラファンはセイムボート出資方式を採用することで、投資家の安全性を高めています。

ソーシャルレンディングにはない不動産クラファン独自の仕組みです。

右田さん
右田さん

だから、ソシャレンよりも安全性が高いってことね。

セイムボートの語源

なお、なぜセイムボート出資方式と言うかというと、

  • 同じ船(Same Boat)に乗る運命共同体

ということです。

「セイムート=同じ港(Same Port)」や「セイムボー=同じ板(Same Board)」ではありませんので注意しましょう。

左野くん
左野くん

同じ港だと思ってた。笑

おすすめの不動産クラファン業者

セイムボード出資方式のクラファン業者では以下がオススメです!

ジョイントアルファ

運営会社が東証一部上場企業です。

信頼性では不動産クラファン業者でトップでしょう。

公式サイト → ジョイントアルファ

ジョイントアルファで投資しても大丈夫?|現役投資家が解説
「ジョイントアルファで投資して大丈夫かな?」と迷っている方に、累計投資額4000万円以上の減益投資家がジョイントアルファのメリット、デメリットとリスク、評判と口コミ、投資して大丈夫かの判断、注意点と対策などを解説します。

Rimple

こちらも運営会社が東証一部上場企業です。

募集が早い者勝ちの先着方式ではなく抽選方式なので、クリック合戦が苦手という方におすすめです。

公式サイト → Rimple(リンプル)

Rimpleで238万円投資!評判・口コミ・リスク・特長など解説
累計投資額5000万円の現役投資家が、Rimple(リンプル)の評判、口コミ、特長、デメリットなどを実体験から解説します。メリット、運営会社と経営者、リスク、投資の際の注意点と対策についても紹介します。

CREAL

運用資産残高300億円の不動産運用のプロが運営しています。

日本の不動産クラファンの最大手で最も人気が高い業者です。

公式サイト → CREAL

CREAL(クリアル)で投資しても大丈夫?|現役投資家が解説
CREALで投資して大丈夫か?4500万円以上を投資してきた現役投資家がCREALの運営会社、メリット、デメリットとリスク、評判と口コミなどを分析し、CREALでの投資の是非の判断、投資する際の注意点を解説します。

SYLA FUNDING

募集の仕方が早い者勝ちではなく抽選方式です。

募集期間中に応募すればOKなので、クリック合戦が苦手な方にオススメです。

公式サイト → SYLA FUNDING

SYLA FUNDING(シーラファンディング)で投資しても大丈夫?
「SYLA FUNDINGで投資しても大丈夫かな?」と迷っている方へ。1千万円以上を投資中の現役投資家が、シーラファンディングの概要、運営会社と経営者、メリット、デメリットとリスクを分かりやすく解説し、様々な角度から投資して大丈夫かを判断します!
タロウさん
タロウさん

以上です!

 

コメント