ソシャレン、不動産クラファンの投資実績|業者別にすべて公開

【2022年7月1日更新】

僕は2018年6月にソーシャルレンディングと不動産投資型クラウドファンディングを始めました。

この記事ではそれから現在までの、

  • 投資した全業者の
  • 投資額と収益額を
  • 年度ごとにすべて公開

します。

現役のソシャレン、クラファン投資家がどのように投資しているのか?

これからソシャレン、クラファンを始める方は参考にしてください。

タロウさん
タロウさん

すべて公開します!

各業者のどの案件に投資したかなどの詳細情報については、投資実績記事を毎月公開しています。
毎月1日に前月分を公開しているのでチェックしてください。
僕のこれまでの投資実績のまとめ
ソシャレン、不動産クラファンでの投資実績(投資した案件と金額、受け取った分配金など)を、僕が投資を始めた2018年6月から毎月公開しています。みなさんの投資の参考にしてください。

これまでの全投資額と収益額

これまでの全投資額と収益額のタイトル画像

まず、ソシャレン、クラファン全業者トータルでの投資額と収益額です。

 

累計の投資額と収益額

これまでの投資額と受け取った分配金は以下の通りです。(1万円未満の端数は四捨五入)

年月投資額分配金額損失
2018年1,751万円136,969円0円
2019年2,279万円625,451円0円
2020年1,913万円310,649円0円
2021年3,332万円588,806円0円
2022年1月330万円65,410円0円
2022年2月190万円58,107円0円
2022年3月510万円95,752円0円
2022年4月380万円74,314円0円
2022年5月342万円36,775円0円
2022年6月346万円24,627円0円
累計11,374万円2,016,860円0円

累計の投資額は1億円を突破、利益ついに200万円に到達しました。

なんとかここまで損失ゼロで切り抜けています。

タロウさん
タロウさん

小心者なのでリスクを避けまくっています!

 

年利換算の利回りは4.5%

分配金額を投資額で割ると2%にもなりませんが。

これは僕が運用期間が短い案件を中心に投資しているためです。

例えば、100万円投資して分配金が2万円だと利益率は2%です。

でも、運用期間が半年だったら年利換算の利回りは4%ですよね?

これまでに投資したすべての案件の平均利回りは4.5%です。

左野くん
左野くん

もはや銀行預金には戻れないね。

ソーシャルレンディング業者の投資額

ソーシャルレンディング業者の投資額のタイトル画像

それでは業者別の投資額と収益額を公開します。

まずはソーシャルレンディング業者からです。

  • 業者名は50音順
  • 1万円未満の端数は四捨五入
  • 2022年は6月末現在

 

AGクラウドファンディング

AGクラウドファンディングのサイトの画像

年月投資額分配金額損失
2021年300万円0円0円
2022年0円16,000円0円
累計300万円16,000円0円

東証プライム上場で純資産1千億円以上のアイフルが運営しています。

案件は2種類あり、1つは我々投資家がアイフルにお金を貸す、つまり、実質的にアイフルの社債と同じです。

利回りが1%台と低い代わりに、非常に堅い案件です。

もう一つは一般の企業にお金を貸す案件で、利回りが3~8%と高いのがポイントです。

借り手の審査やモニタリングにはアイフルの貸金業者としてのノウハウが活かされています。

東証プライム系の業者で3~8%は魅力アリです。

AGクラウドファンディングでは会員登録をするとAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中です!
AGクラウドファンディングのキャンペーン
・条件:会員登録だけ
・金額:1,000円
・期限:当面の間

当ブログを含む一部メディア限定のキャンペーンです。
こちらのリンクから会員登録してください。→ AGクラウドファンディング
投資をしなくても会員登録だけでもらえます!

SBIソーシャルレンディング

SBIソーシャルレンディング

年月投資額分配金額損失
2018年550万円41,268円0円
2019年0円181,744円0円
2020年0円1,944円0円
累計550万円224,956円0円

ソシャレンを始めた当初は積極的に投資していましたが。

借り手企業の重複リスクに気付き、2018年12月を最後に新規投資をやめました。

リスク回避のためSBIソーシャルレンディングへの投資を減らします
安全性で人気のSBIソーシャルレンディングへの投資を減額します。目的はリスク回避です。実は不動産担保ローン事業者ファンドPlusには大きな危険性が潜んでいます。借り手企業の匿名化のため投資資金全損の可能性があります。

その後、重複リスクが現実だったことが分かり、2020年1月に全面撤退しました。

みなさんご存知の通り、2021年2月に不祥事が起こり運営終了が決まっています。

左野くん
左野くん

SBIグループだから大丈夫と思っていたのに…

 

LCレンディング

LCレンディング

年月投資額分配金額損失
2018年320万円35,266円0円
2019年619万円157,075円0円
2020年0円4,144円0円
累計939万円196,485円0円

かつての僕の主力投資先です。

ピーク時には投資額の3分の1がLCレンディングでした。

新規募集が打ち切られ、僕は2020年1月に最終の償還を受けて終了しました。

今でもLCギャランティファンドは最強のソシャレン案件だったと思っています。

右田さん
右田さん

続けてほしかったなぁ。

 

OwnersBook

OwnersBookのサイトの画像

年月投資額分配金額損失
2018年140万円1,910円0円
2019年101万円44,303円0円
2020年0円19,511円0円
2021年0円0円0円
2022年0円0円0円
累計241万円65,724円0円

OwnersBookは東証プライム上場企業が直接運営しています。

不動産系のソーシャルレンディングで圧倒的な人気です。

OwnersBookは募集時の運用期間が2年以上の案件が多いです。

僕は運用期間が1年を超える案件には投資しないことをマイルールにしているため、OwnersBookへの投資額が少なくなっています。

ただ、実際の運用期間は1年前後です。

OwnersBookは本当に早期償還が多いのか?実態を調査してみた
OwnersBookは早期償還が多いと言われますが本当にそうなのか?過去の案件を分析し実態を調査しました。早期償還される案件の比率、短縮される月数、割合、実際の運用期間など、表とグラフで分かりやすく解説します。

僕の中でOwnersBookの信頼度は依然として最高ランクです。

左野くん
左野くん

オナブの人気は本当に根強い!

 

CAMPFIRE Owners

CAMPFIRE Ownersのサイトの画像

年月投資額分配金額損失
2020年20万円1,294円0円
2021年40万円5,671円0円
2022年50万円0円0円
累計110万円6,965円0円

以前はカンボジア農家支援など微妙な案件が多かったのです。

しかし、現在は借り手が返済できなくなった場合に保証会社が代わりに返してくれる連帯保証付き案件など、堅い案件が中心になりました。

また、投資額に応じてAmazonギフト券や焼肉セットなどがもらえるプレゼント付き案件もあります。

利回りも4~5%台と悪くないのですが、以前の印象から人気がそこまで高くありません。

条件が良い割には投資しやすいので狙い目です。

タロウさん
タロウさん

堅い案件を狙いましょう!

 

COOL

COOLのサイトの画像

年月投資額分配金額損失
2021年70万円0円0円
2022年120万円8,540円0円
累計190万円8,540円0円

COOLは東証グロース上場企業が運営するソーシャルレンディングです。

運営開始からパットしない業者でしたが、2020年秋くらいから良い案件が出るようになってきたのです。

特に連帯保証が付く日本保証案件が出てきてから変わりましたね。

今は堅い案件が多く、利回りも4%台中盤と高め。

パットしない時代から地味で目立たず競争率も低いので狙い目です。

右田さん
右田さん

COOLは隠れた優良業者だよ。

 

クラウドバンク

クラウドバンクのサイトの画像

年月投資額分配金額損失
2018年281万円34,130円0円
2019年90万円49,261円0円
累計371万円83,391円0円

ソシャレン業界最大手で、今までに貸し倒れがゼロと信頼性が高いです。

太陽光発電案件とリファイナンス案件が増えたため、僕は2019年に投資残高をゼロにして様子見中です。

 

SAMURAI FUND

SAMURAI FUNDのサイトの画像

年月投資額分配金額損失
2019年60万円0円0円
2020年0円26,021円0円
累計万円26,021円0円

以前は上場企業系列でしたが、現在は系列から外れています。

2019年に投資してからご無沙汰していますが、投資した分はすべて無事に償還されています。

 

CRE Funding

CRE Fundingのサイトの画像

年月投資額分配金額損失
2020年150万円15,608円0円
2021年50万円27,335円0円
2022年0円7,568円0円
累計200万円50,511円0円

物流不動産大手で東証プライム上場のCREが運営するソーシャルレンディングです。

利回りは低めですし、募集が少ないので正直なところ投資しにくいです。

ただ、安全性はピカイチだと僕は思っていまして。

自分のポートフォリオの中で安全重視の投資先と位置付けています。

今後も投資するつもりです。

左野くん
左野くん

東証プライムは安心!

 

J.LENDING

J.LENDINGのサイトの画像

年月投資額分配金額損失
2019年100万円0円0円
2020年400万円49,039円0円
2021年300万円83,012円0円
2022年0円25,690円0円
累計800万円157,741円0円

運営会社は東証スタンダード上場企業です。

僕が初めて投資した2019年夏頃は、今と違って誰も見向きもしない超マイナー業者でした。

今のような人気が出てきたのは2020年の秋頃からです。

とは言っても、メジャーな人気業者に比べると投資しやすいので、クリック合戦で疲れている方にオススメです。

タロウさん
タロウさん

僕の主力投資先です!

 

シノケンオーナーズファンディング

シノケンオーナーズファンディング

年月投資額分配金額損失
2021年100万円10,191円0円
2022年0円0円0円
累計100万円10,191円0円

不動産業で東証スタンダード上場のシノケンが運営しています。

同社の主要事業は投資用アパートの開発です。

シノケンオーナーズファンディングはアパート投資の見込み客発掘ツールだと僕は見ています。

もし、投資家に損をさせるとアパートを買ってもらえませんよね?

その意味で安全性が高いと思っています。

 

高島屋ソーシャルレンディング

高島屋ソーシャルレンディング

年月投資額分配金額損失
2021年200万円7,808円0円
2022年0円11,178円0円
累計200万円18,986円0円

高島屋の金融子会社が2021年に運営を始めたソーシャルレンディングです。

バックに高島屋が付いていますので、信頼性は抜群だと僕は判断しています。

 

バンカーズ

バンカーズのサイトの画像

年月投資額分配金額損失
2020年100万円0円0円
2021年150万円28,430円0円
2022年0円11,219円0円
累計250万円39,649円0円

トップが三菱UFJ銀行の元専務で、他にも銀行や証券など金融出身者が揃っています。

グリフラのような詐欺的なことはしないと、そこは僕は信用しています。

案件は堅いものとそうでないものがあるので、見極めが必要です。

利回りは一時2%台まで下がりましたが、3%台後半まで上がってきています。

2022年に入り募集回数が月5回前後に増え、1回あたりの平均募集額が1億円を超えるようになってきました。

ほとんどの案件で募集開始翌日でも楽勝で投資できるようになっています。

右田さん
右田さん

クリック合戦がないのはうれしい。

 

bitREALTY

bitREALTYのサイトの画像

年月投資額分配金額損失
2020年50万円5,759円0円
2021年150万円0円0円
2022年100万円21,692円0円
累計300万円27,451円0円

野村総研とケネディクスが共同で設立したソシャレン業者です。

問い合わせへの対応が悪く、正直好きな業者ではありません。

でも、儲かるので投資します。笑

左野くん
左野くん

節操がないw

 

Funds

Fundsのサイトの画像

年月投資額分配金額損失
2019年150万円9,113円0円
2020年80万円39,457円0円
2021年70万円1,468円0円
2022年50万円7,210円0円
累計350万円57,248円0円

運営開始直後は投資していましたが、利回りが徐々に下がり2020年夏からはノータッチでした。

しかしその後、Amazonギフト券のキャンペーンが出るようになりまして。

僕はキャンペーンで実質利回りが3%以上になる時を狙って投資しています。

以前は競争率が高かったですが、現在はクリック合戦とは無縁の非常に投資しやすい業者です。

右田さん
右田さん

人気業者の中では一番投資しやすいよ。

 

Pocket Funding

Pocket Fundingのサイトの画像

年月投資額分配金額損失
2018年50万円6,385円0円
2019年224万円30,792円0円
2020年50万円15,315円0円
2021年20万円6,623円0円
2022年310万円11,481円0円
累計654万円70,596円0円

今でこそ知名度が上がりましたが、2018年頃は常に閑古鳥でした。

Fundsやクラウドバンクに比べると地味ですが、僕は隠れた優良業者だと思っています。

特にオススメなのは安全性が高い軍用地案件です。

中小業者ということで、僕は運用期間が半年以内の案件に限定して投資しています。

平均利回りが5%台と高いのがポイントです。

タロウさん
タロウさん

ポケファンの軍用地はオススメです!

 

maneo

maneo

年月投資額分配金額損失
2018年70万円18,010円0円
2019年0円3,267円0円
累計70万円21,277円0円

ソーシャルレンディングを始めた2018年6月に70万円を投資しました。

直後にグリフラ事件が起きてヤバイと感じ、1カ月後の7月上旬で新規投資を打ち切りました。

しかし、年末に2案件30万円が期失(返済遅れ)に!

幸い担保が堅かったため2019年5月に全額償還され、maneoから無傷で卒業できました。

何も分かっていなかったピヨピヨ時代の黒歴史です。

タロウさん
タロウさん

投資は自己責任。反省しています!

不動産投資型クラウドファンディング業者の投資額

不動産投資型クラウドファンディング業者の投資額のタイトル画像

次に不動産投資型クラウドファンディング業者です。

  • 業者名は50音順
  • 1万円未満の端数は四捨五入
  • 2022年は6月末現在

 

ASSECLI

ASSECLIのサイトの画像

年月投資額分配金額損失
2020年20万円2,586円0円
2021年0円0円0円
2022年0円0円0円
累計20万円2,586円0円

エボルゾーンという不動産会社が運営しています。

投資対象の多くが1棟アパートなので、投資判断が他の業者より難しい点に注意してください。

その代わり、利回りは6~8%と高いです。

運用期間も1年以内と短くリスク低減に働きます。

募集開始と同時に応募すれば高い確率で投資できるので、高利回り狙いの投資家は試してみる価値アリです。

ASSECLIでは会員登録をすると2,000円分のデジコがもらえるキャンペーンを開催中です!
デジコはAmazonギフト券やPayPayポイントなどに交換できるデジタルギフトです。
ASSECLIのキャンペーン
・条件:会員登録
・金額:2,000円
・期限:7月15日(先着200名)

投資をしなくても会員登録だけでもらえます

 

Ezファンド

Ezファンド

年月投資額分配金額損失
2022年100万円0円0円
累計100万円0円0円

大阪の大手不動産業者が運営する不動産クラファンです。

2022年4月に運営を開始しました。

5月に出た案件がかなり堅く、デビュー案件にハズレ無しの法則に従い100万円を投資しました。

非上場の業者さんなので、2号案件以降は慎重に判断していくつもりです。

 

iRD

iRD

年月投資額分配金額損失
2021年280万円19,959円0円
2022年130万円25,150円0円
累計410万円45,109円0円

運営会社は投資用マンションの開発、販売を行う不動産業者です。

非上場ですが堅実な経営をしている様子で、案件も固い印象があります。

優良な投資先になりそうな気がしています。

 

A funding

A funding

年月投資額分配金額損失
2020年80万円0円0円
2021年50万円62,500円0円
2022年0円0円0円
累計130万円62,500円0円

東証グロース上場の不動産業者が運営しています。

利回りは業界最高の6~12%と高く、僕は2号以降の全案件に応募しています。

知名度が低いため競争率は低いです。

ただ、募集が少ないため僕もあまり投資できていません。

 

X-Crowd

X-Crowd

年月投資額分配金額損失
2019年100万円0円0円
2020年0円28,356円0円
累計100万円28,356円0円

東証プライム上場のインテリックスが運営する不動産クラファンです。

投資対象がインバウンド向け宿泊施設でして、コロナの影響で新規募集を見合わせています。

僕が投資した案件は無事終了し元本も戻ってきました。

タロウさん
タロウさん

やっぱり上場企業系は安心です!

 

えんfunding

えんfundingのサイトの画像

年月投資額分配金額損失
2021年30万円6,060円0円
2022年60万円0円0円
累計90万円6,060円0円

創業30年の歴史を持つ福岡の不動産業者が運営しています。

投資対象物件は福岡市内のワンルームマンションで、利回りは5%台と高めです。

抽選方式で倍率が高いため投資しにくいのが難点なのですが。

ただ、応募作業は5分もかかりませんし、当たればラッキーですし。

実際に僕は2回当たってますので、今後も応募を続けます。

左野くん
左野くん

応募するのはタダだからね。

 

大家どっとこむ

大家どっとこむのサイトの画像

年月投資額分配金額損失
2020年20万円0円0円
2021年60万円15,582円0円
2022年106万円9,000円0円
累計186万円24,582円0円

運営会社の親会社が東証スタンダード上場企業の不動産クラファンです。

連帯保証などを行う日本保証社の買取保証付き案件が安全性の高さで人気です。

毎月コンスタントに募集を行っており、利回りも悪くないです。

最近出てきた中堅業者の中では一番成功しているのではないでしょうか?

僕は日本保証案件を中心に投資しています。

 

ONIGIRI Funding

ONIGIRI Funding

年月投資額分配金額損失
2020年100万円0円0円
2021年50万円59,550円0円
累計150万円59,550円0円

横浜市の不動産業者が運営している不動産クラファンです。

案件自体は非常に堅く、元本もちゃんと戻ってきたのですが。

事務処理面が弱いというかお粗末な印象を受けています。

今後の投資はないかなぁ。

右田さん
右田さん

それはちょっと心配。

 

GALA FUNDING

GALA FUNDING

年月投資額分配金額損失
2022年150万円0円0円
累計150万円0円0円

運営会社はガーラマンションでおなじみのFJネクストです。

東証プライム上場で売上高300億円。

投資対象は自社開発の物件という手堅さです。

5月のデビュー案件に迷うことなく100万円を投入。

その後も投資を継続中です。

 

CROWD BUILDS

CROWD BUILDS

年月投資額分配金額損失
2021年10万円6,680円0円
2022年0円0円0円
累計10万円6,680円0円

投資用不動産の販売会社が運営する不動産クラファンです。

第1号案件は利回りが20%という高さで話題を呼びました。

僕は興味本位で20万円投資してみました。笑

信頼性がイマイチよく分からないので、しばらく様子見します。

 

CREAL

CREALのサイトの画像

年月投資額分配金額損失
2019年100万円14,873円0円
2020年70万円20,655円0円
2021年20万円8,121円0円
2022年0円163円0円
累計190万円43,812円0円

不動産クラファン最大手で一番人気の業者です。

最近は募集額が数億円の1棟マンション案件がほとんどです。

募集額が多いので以前に比べて投資しやすくなりました。

僕は区分マンション案件が好きなので、最近はご無沙汰です。

タロウさん
タロウさん

短期の区分マンション待ってます!

 

Globalbank Funding

Globalbank Funding

年月投資額分配金額損失
2021年100万円0円0円
2022年0円10,000円0円
累計100万円10,000円0円

変な業者ではないと思い、第1号案件に100万円を投資しました。

ただ、信頼性が高い確信までは持てないので、しばらくは様子見します。

 

GATES FUNDING

GATES FUNDING

年月投資額分配金額損失
2021年40万円0円0円
2022年0円8,262円0円
累計40万円8,262円0円

運営会社は年商100億円の不動産会社です。

変な会社ではなさそうなので20万円ずつ2案件に応募したら両方とも当選しちゃいました。笑

この2案件が償還されたら様子見に戻ります。

 

KORYO Funding

KORYO Funding

年月投資額分配金額損失
2022年100円0円0円
累計100万円0円0円

茨城県にある東証スタンダード上場の不動産業者が運営しています。

ここは堅いと判断しました。

積極的に投資していく予定です。

 

SYLA FUNDING

年月投資額分配金額損失
2020年25万円0円0円
2021年0円6,352円0円
累計25万円6,352円0円

2019年12月に運営を開始した不動産クラファンです。

僕は1回だけ投資し、その分は2021年1月に無事戻ってきました。

長らく募集が止まっていたのですが、2021年に「利回りくん」にリニューアルされて復活しました。

保護犬との共生型グループホームなど、話題性のある案件を多く出しています。

 

ジョイントアルファ

ジョイントアルファのサイトの画像

年月投資額分配金額損失
2020年200万円0円0円
2021年50万円71,000円0円
2022年0円18,000円0円
累計250万円89,000円0円

創業50年以上の歴史を持つ東証スタンダード上場の不動産会社が運営する不動産クラファンです。

すべての業者の中でも信頼性はトップクラスだと思っています。

それゆえ人気が高く、僕はほぼ毎回応募していますが4回しか当選したことがないです。

でも、そのたった4回で分配金は9万円です。

ガチガチに堅い業者だから安心して大きな金額で投資できる。

だから、たまにしか当選できなくてもしっかり儲かる。

僕はこれからも応募を続けます。

タロウさん
タロウさん

ジョイントアルファはガチで堅いです!

ジョイントアルファでは会員登録をするとAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを開催中です!
ジョイントアルファのキャンペーン
・条件:会員登録だけ
・金額:1,000円
・期限:6月30日投資しなくても会員登録だけでもらえます。
会員登録するならば、アマギフがもらえる今がオトク

 

TATERU Funding

TATERU Funding

年月投資額分配金額損失
2018年100万円0円0円
累計100万円0円0円

東証一部のTATERUが運営していた不動産クラファンです。

僕が投資した翌月に同社のアパート部門で不祥事が発覚し、万が一を考えてキャンセルしました。

その後、TATERU Fundingは投資家に全額を返済。

不祥事は残念でしたが問題発生時の対応も迅速かつ的確で、さすが東証一部上場企業は違うと思い知りました。

タロウさん
タロウさん

2020年1月末で運営を終了しました!

 

ちょこっと不動産

ちょこっと不動産のサイトの画像

年月投資額分配金額損失
2021年42万円4,406円0円
2022年62万円6,480円0円
累計104万円10,886円0円

2021年に運営を開始した不動産クラファンです。

名前はユニークですが手堅い業者です。

中小業者なので僕は大口は避け、小口でちょこちょこ投資しています。

ここはけっこう狙い目だと思いますよ。

 

TREC FUNDING

TREC FUNDING

年月投資額分配金額損失
2020年10万円0円0円
2021年0円2,350円0円
2022年0円1,130円0円
累計10万円3,480円0円

運営会社は運用資産残高9千億円の不動産運用のプロ東証プライム上場企業です。

第1号案件から大人気で、募集した1億6千万円が数十分で売り切れました。

第2号案件を出したあと、長らく休眠状態です。

僕は第1号に10万円だけ投資しました。

 

72CROWD.

72CROWD.

年月投資額分配金額損失
2021年100万円12,600円0円
2022年50円0円0円
累計150万円12,600円0円

運営会社の親会社は東証プライム上場の大東建託です。

こういう堅い業者で損をする可能性は極めて低いです。

僕は第1号、第2号に連続で150万円を投資しました。

 

信長ファンディング

信長ファンディング

年月投資額分配金額損失
2020年20万円0円0円
2021年0万円0円0円
2022年0円11,000円0円
累計20万円11,000円0円

2020年12月にデビューした不動産クラファンです。

僕はデビュー案件で20万円投資しました。

運営会社が東証スタンダード上場企業なので、信頼性は期待できると思います。

岐阜の区分マンションへの投資が多く、首都圏の物件が好きな僕はパスが続いています。

 

victory fund

victory fund

年月投資額分配金額損失
2021年30万円0円0円
2022年0円20,580円0円
累計30万円20,580円0円

2021年3月に運営を始めた不動産クラファンです。

第1号案件は「利回り10.5%+アマゾンギフト券+キャッシュバック」の大盤振る舞いでした。

これまでに4回の募集が行われており、僕は2案件に投資済みです。

 

B-Den

B-Den

年月投資額分配金額損失
2021年100万円15,360円0円
2022年400万円0円0円
累計500万円15,360円0円

東証プライム上場企業が運営する不動産クラファンです。

僕は第1号案件に100万円を投資しました。

2号以降は利回りが2%に下がりましたので、たまに3%台が出たときに限って投資しています。

左野くん
左野くん

2%はさすがに…

 

FANTAS funding

FANTAS fundingのサイトの画像

年月投資額分配金額損失
2018年220万円0円0円
2019年660万円116,020円0円
2020年230万円64,752円0円
2021年200万円37,201円0円
2022年110万円10,891円0円
累計1,420万円228,864円0円

僕がこれまでに最も多く投資している業者です。

一度に複数の案件を募集するため、投資家の投資先が分散し1案件あたりの競争率が下がります。

他の人気業者に比べて非常に投資しやすいです。

 

FUNDROP

FUNDROPのサイトの画像

年月投資額分配金額損失
2021年30万円0円0円
2022年20万円10,410円0円
累計50万円10,410円0円

都内の不動産業者が運営する不動産クラファンです。

利回りは5~8%と高めですが、まだ知名度が低いため競争率は低めです。

こういう目立たない業者をコツコツ開拓することで、投資額を着実に増やせます。

 

プレファン

プレファン

年月投資額分配金額損失
2021年20万円0円0円
2022年0円0円0円
累計20万円0円0円

大手マンションデベロッパーで東証スタンダード上場のプレサンスコーポレーションが運営会社です。

関東では馴染みがないかもしれませんが、関西・中部圏ではトップクラスの大手業者です。

上場系なのに利回りが5%前後と高く、第1号案件から大人気となっています。

抽選方式で競争率が高く投資しにくいですが、上場系で5%は破格ですからね。

僕は今後も応募を続けます。

 

property+

property+のサイトの画像

年月投資額分配金額損失
2021年190万円21,640円0円
2022年0円26,160円0円
累計190万円47,800円0円

運営会社の親会社は大手不動産業者の飯田グループホールディングスです。

同社はグループ売上高1兆4千億円東証プライム上場企業で、建売住宅シェアトップです。

信頼性はソシャレン、クラファン業者でダントツでしょう。

利回り3%台の案件はクリック合戦なしで投資できます。

ここは非常に狙い目なので、人気が加熱する前に投資しておきましょう。

右田さん
右田さん

上場企業系は堅い!

 

Pocket

Pocketのサイトの画像

年月投資額分配金額損失
2022年50万円0円0円
累計50万円0円0円

運営会社は横浜の不動産会社です。

僕はデビュー案件に50万円を投資しました。

2号案件以降はしばらく様子を見るつもりです。

問題なく償還が続くようであれば追加で投資します。

 

ぽちぽちFUNDING

ぽちぽちFUNDING

年月投資額分配金額損失
2020年50万円0円0円
2021年30万円9,445円0円
2022年0円2,506円0円
累計80万円11,951円0円

ファニーな名前に似合わず手堅い案件を出していたのですが。

2021年10月に当時東証一部だった不動産会社ディア・ライフに買収されまして。

親会社の方針ということで不動産クラファンの運営が終了しました。

タロウさん
タロウさん

残念っす!

 

Myファンド

Myファンド

年月投資額分配金額損失
2022年30万円0円0円
累計30万円0円0円

千葉県松戸市に本社を置く不動産会社が運営しています。

地元の物件を中心に案件を作っていくようです。

第1号案件が利回り8%の好条件で内容的にも堅かったので投資しました。

 

LANDNET Funding

LANDNET Funding

年月投資額分配金額損失
2019年50万円10,082円0円
2020年0円0円0円
2021年100万円0円0円
2022年0円33,095円0円
累計150万円43,177円0円

2019年に2案件だけ募集し、長期休眠状態に入ったのですが。

2021年にマザーズに上場し、突如復活しました。

上場企業ですので一定の信頼性はあると思います。

僕は第1号に50万円、復活案件に100万円投資しました。

 

RENOSY

RENOSY

年月投資額分配金額損失
2018年20万円0円0円
2019年25万円8,921円0円
2020年0円0円0円
2021年0円0円0円
累計45万円8,921円0円

抽選制でめったに投資できない不動産クラファンです。

僕は2回しか投資できていません。

しかし、不動産セミナーの案内メールは毎月のように送ってくる

僕は2021年を最後に応募をやめました。

左野くん
左野くん

RENOSYは応募するだけムダ…

 

Rimple

Rimpleのサイトの画像

年月投資額分配金額損失
2020年238万円16,208円0円
2021年350万円59,462円0円
2022年50万円41,580円0円
累計638万円117,250円0円

運営会社は東証プライム上場の不動産会社で、19期連続増収増益と業績も好調です。

投資対象は東京23区内の投資用マンションに限定。

毎月コンスタントに2案件を募集します。

競争率が高く投資しにくいですが、安全性がかなり高いので初心者に非常にオススメです。

僕はこれまでに9回当選して10万円儲かっています!

タロウさん
タロウさん

投資しない理由がないです!

 

わかちあいファンド

わかちあいファンド

年月投資額分配金額損失
2022年50万円0円0円
累計50万円0円0円

滋賀県の不動産会社が運営しており、インカムメインの手堅い案件が多いです。

2020年9月から運営されていますが、僕は2022年6月に初めて投資しました。

3カ月ごとに運用期間が自動延長される案件で、止めやすいのが特長です。

利回りは2%台と低いですが、社債代わりで投資しています。

 

おすすめのソシャレン・クラファン業者

おすすめのソシャレン・クラファン業者のタイトル画像

最後に、僕がおすすめするソシャレン、クラファン業者です。(最終更新:2022年7月1日)

 

安全重視のオススメ業者

とにかく安全最優先という方には、こちらの6社をおすすめします。

  1. ジョイントアルファ
  2. CRE Funding
  3. Rimple
  4. Property+
  5. AGクラウドファンディング
  6. J.LENDING
右田さん
右田さん

これから始めるなら、まずこの6社だよ。

初心者にオススメの業者はこちらの記事で紹介しています。

【2022年7月更新】ソーシャルレンディングおすすめ厳選8社
【2022年7月1日更新】「どの業者が良いか分からない!」という方へ。ソシャレンと不動産クラファンで累計投資1億1千万円の現役投資家が信頼性、安全性など5段階評価し、初心者にオススメのソーシャルレンディング業者を紹介します。
【2022年7月更新】不動産クラウドファンディングおすすめ9社
【2022年7月1日更新】「どの業者が良いか分からない!」という方へ。累計投資額1億1千万円の現役投資家が信頼性、安全性などを5段階で評価しオススメの不動産投資型クラウドファンディング(不動産クラファン)を紹介します。

 

投資しやすいオススメ業者

投資のしやすさを重視という方には、こちらの5社です。

  1. Funds
  2. COOL
  3. バンカーズ
  4. 大家どっとこむ
  5. TSON FUNDING
    • 上場企業が運営
    • 抽選の競争率が1倍台
    • 2分の1以上の確率で当選
    • → 公式サイト
左野くん
左野くん

クリック合戦で消耗している人にオススメだよ。

詳しくはこちらの記事で解説しています。

【2022年7月更新】クリック合戦で投資できない人にオススメの業者
【2022年7月1日更新】クリック合戦でソーシャルレンディングと不動産投資型クラウドファンディングに投資できない方に、競争率が低く投資しやすいオススメ業者を紹介します。僕は1億1千万円以上投資できています!

以上、僕のこれまでの全投資実績でした。

今後、新たに投資するたびに毎月更新していきます。

タロウさん
タロウさん

参考になればうれしいです!

 

コメント